ネコぶんこ


2009年01月27日 酸っぱいものが欲しい 編集

§ [CF] “霧の都”イーレ・レーギア(使用経験点20点) 20090110版

旧版で光翼騎士ばかりプレイしていたカオスフレアも2版になったということだし、見せてもらおうか新版の光翼騎士の性能とやらをということでやはり光翼騎士を作ってプレイしてきた時のPCですぅ。

“霧の都”イーレ・レーギア(??・天野):古代エルダ文明の滅びを予期し、界渡りを行なったデュナミスがいた。彼は辿りついたオリジンでさる都市の王となって后を娶るが、力への誘惑に負けて自らの民を貪った。現在その都市は濃霧をまとい、城壁から無数に生える死者の脚でオリジンを放浪しているという。

コロナ:光翼騎士

ミーム:ネフィリム/オリジン

ブランチ:吸血鬼/ロードモナーク/コーポレイト

基本能力値:【肉体】7、【技術】11、【魔術】1、【社会】11、【根源】4

戦闘能力値:【白兵値】10(13)、【射撃値】8、【回避値】1(3)、【心魂値】9、【行動値】9(1)

HP/LP:23(181)/6

特技:《光翼の盾》、《銀の守護者》、《不滅存在》、《血族:ダナイデス》、《封建領主》、《きらめきの壁》、《ディフェンスフォーメーション》、《カバーリング》、《国民議会》、《親衛兵団》、《財力》、《再行動》、《シークレットサービス》

装備:ウィップ(2)、ラウンドシールド(1)、プレートアーマー(10)、霧の都(チャレンジャーII相当)(15)、死霊騎士(遊撃騎馬隊相当)、死者の軍勢(傭兵部隊相当)、愛した人の肖像画(みんなで撮った写真相当)(2)、思い出の品(2)、カメオ(パワーストーン相当)(1)

§ [DX] “ユニヴァサリス”チュリオラ(経験点0点)20090125版

久しぶりにプレイヤとしてダブルクロスに参加したら、ウィアードエイジ(WW2前夜を遊ぶ設定)に帰ったほうが良いと諭されてしまうPCがわいて出てしまったですぅ。

“ユニヴァサリス”チュリオラ(エグザイル/モルフェウス・800?・♀):普遍博士アルベルトゥス・マグヌスが創造した自動人形。チュートン騎士団の陣に身を寄せ、ワールシュタットの戦いに従軍し乱戦の中で行方不明となった。しかし、戦場を馳せる黄金の魔物はその後もアイン・ジャールートの戦い、アッコンの陥落、ニコポリス十字軍、コンスタンティノポリスの陥落など、欧州史の端々で稗史として語り継がれている。時代は飛び、ナチス政権下のドイツでヒトラーの側近、もしくは東部戦線の怪物として自動人形はその姿を現わす。そして21世紀初頭、ロシアの永久凍土を調査していたUGN研究チームは氷漬けになっていた大アルベルトゥスの遺産を発見。密かに確保した。現在、彼女はUGNに協力してチュリオラという名を名乗り、日本に潜伏している。

ワークス/カヴァー:傭兵/留学生

能力値:【肉体】6、【感覚】2、【精神】3、【社会】1、【侵食率基本値】30、【HP】18、【イニシアティブ】7

技能:〈白兵〉4、〈射撃〉1、〈運転:乗馬〉1、〈追跡〉1、〈調達〉2、〈情報:裏社会〉1

エフェクト:《リザレクト》1、《ワーディング》1、《オールレンジ》2、《シールドクリエイト》2、《砂の結界》1、《砂の盾》2、《フォームチェンジ》1

ライフパス:生まれ:結社の一員、経験1:幼少:海外生活、経験2:その後:けが、覚醒:素体、衝動:飢餓

ロイス:父親:アルベルトゥス・マグヌス(P:傾倒/N:劣等感)、上司:アドルフ・ヒトラー(P:同情/N:嫌悪)、上司:霧谷雄吾(P:好奇心/N:猜疑心)

アイテム:木刀(1)、コネ:UGN幹部(1)、コネ:手配師(1)

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

§ buy wow gold [lettre rapide du buy wow gold http://www.mmogm.com/wow/ q..]

§ swtor credits [Every year we all spacious just one particular present wit..]

§ neverwinter ad [We have gotten lots of compliments on these neverwinter a..]

§ penis traction [penis penis traction http://www.cheappenisextenders.com]


2011年01月27日 かたづけを最小限にするのに最善の時は始める前である。 編集

§ [DnD][4e] 2011年01月09日の財宝

収入

  • 1430gp
  • 宝石(100gp)
  • +1ヴィシャス・ショートボウ(2レベル)
  • ガントレッツ・オヴ・オーガ・パワー(5レベル)
  • +2マジック・ワンド(6レベル)
  • エルヴン・クローク(7レベル)
  • +2フレイムバースト・ショートボウ(8レベル)
  • ポーション・オヴ・ヒーリング×3(使用記録不明)
  • ダイア・ウルフ(5レベル)

支出

  • +1ヴィシャス・ショートソード(2レベル)

2013年01月27日 末期的漂泊衝動 編集

§ [Promiscuus] ねむいねむい病

このところ一日十二時間くらい睡眠してるので、これがパワーアップすればそのうち寝ているうちに一日くらいワープしそうですぅ。

本日のツッコミ(全47件) [ツッコミを入れる]

Before...

§ cheap jordan Shoes [Hello, I just wanted to say, I disagree. Your point doesn'..]

§ air jordan retro [Hurrah, that's what I was exploring for, what a material! ..]

§ cheap jordans [Generally I don't learn post on blogs, however I wish to s..]

§ Nike Shoes [Itˇs actually a great and useful piece of info. Iˇm happy ..]

§ Nike Free [Thank you a lot for providing individuals with remarkably ..]


2014年01月27日 編集

§ [DnD][4e][LnL] 『ルールのアップデートをいくつか(A Few Rules Updates)』

マイク・ミアルス

D&D Nextの発売に向けて作業を続けているが、君たちが公開プレイテストで確認できるルールのいくつかは改定された。ここではそれらのアップデートと変更点を軽く紹介しよう。

探検

探検のルールはテーブルで使いやすくなるように調整された。ダイス・ロールの回数を減らしてプレイ速度を向上させるために、第4版に存在した受動知覚の概念を復活させた。キャラクターの受動知覚は【判断力】(〈知覚〉)判定で10をロールしたものとして扱う。キャラクター・シートにはこれの記入欄があるので、一度計算すれば必要に応じて参照することができる。

また、パーティの隊列を探検システムの基本に組み込んだ。たとえばパーティが罠、隠れているモンスター、その他さまざまな脅威に近づいたとき、DMは隊列と受動知覚を組み合わせることで、誰がその脅威に気づくかを決定できる。この変更によって迅速に移動しようとすればキャラクターは受動知覚にペナルティを受けることになり、パーティが警戒しているかどうかを記録しておく必要がなくなった。

そして集団隠密についても単純化を行なった。パーティがゆっくりと移動している間は、そうしている間のあらゆるアクションに加え、グループにいる全員が【敏捷力】(〈隠密〉)判定で隠れ身をすることができる。ゆっくり移動しているとき、ローグは隠密を試みながら鍵開けや隠し扉の捜索を行なうことができる。パーティがより迅速に動く場合でもそれぞれのキャラクターは隠密を試みることができるが、アクションを費やす必要がある。

この考えはランダム遭遇の処理にも同様に適用できる。君は探検をしている間もさまざまな作業を行なえるが、私たちはそうしたオプションを行なうための総合ルールを統一した。たとえば、狩りや潜入のような行動も適切な能力値によって表現できる。探検のルールは君が行なうかもしれないことを、単純な一覧にまとめている。

最後に、私たちは探検のルールで特定のアクションが消費する時間を完全に標準化した。罠解除や鍵開けには1分かかり、これはダンジョンでの1探検ラウンドに相当するためDMは時間管理がより楽になる。

追加アクション

プレイテストにより、戦闘のターン中に追加アクションを得ることで多くの強すぎる組み合わせが生まれてしまうと判明した。さらに、キャラクターに追加アクションが重複していくことで、ゲームは深刻なまでに停滞してしまう。この問題をくっきりと浮き彫りにしたのはマルチクラスで、キャラクターが組み合わせたクラス特徴と即時呪文が同じターンに暴れることでさまざまな問題が噴出した。

現在、キャラクターのボーナス・アクションは毎ターン1回に限定され、必要に応じてボーナス・アクション相当の能力にするようルールの変更を行なっている。このルールの変更が目指すのは二刀流、ローグの奸智のアクション、モンクの連打、即時呪文、バードの鼓舞など、ターンを増加させるような能力が重複しないようにし、それを取り替えられないようにすることだ。こうしたボーナス・アクションは、君のターンにすべてではなく、ひとつ使えるようになり――この変更によってプレイテストで判明した大量のひどいアクションの組み合わせは抑止できる。

キャラクターの移動速度と重装鎧

すべての標準的なプレイヤー・キャラクター種族は30フィートの移動速度を持ち、キャラクターが十分な【筋力】の値を持つことで、重装鎧の移動速度へのペナルティは無視できるようにする予定だ。これらはいくつかの理由で意味があるものだと考えている。

移動速度へのペナルティはある狭い範囲のキャラクターとドワーフへのペナルティだが、それは彼らと他の種族を面白い方向で区別することがなかった。さらに、ゴブリンやコボルドは第3版の頃から30フィートの移動速度を持っていたので、いくつかの点についていえば、ノーム、ハーフリング、そしてドワーフは単純に既存の標準へ合わせられたともいえる。

鎧についていえば、私たちは重装鎧に厳しすぎる欠点や制限ではない潜在的な代償がほしかった。重装鎧は……信頼でき、重く、そして君の【筋力】を直感的な効果として役割づけることができる。この変更は中装鎧が【筋力】や【敏捷力】の値をそこまで重視しないキャラクターにとってより意味のあるものになることも意味する。【筋力】が13以下でも10フィートの移動速度を犠牲すれば、【敏捷力】が貧弱な他のキャラクターも重装鎧によってACを最大化することができる。

マイク・ミアルス

マイク・ミアルスはD&Dのリサーチ&デザイン・チームのシニア・マネージャだ。彼はレイヴンロフトのボードゲームやD&D RPGのサプリメント何冊かを手がけている。