ネコぶんこ


2012年01月02日 「アドベンチャー」が及ぼした影響の大きさは、「あのゲームのおかげで、コンピュータ産業は発展が二週間遅れた」という冗談が出てきたほどだ。 編集

§ [Promiscuus] 器買い

今日は久しぶりにプリンを器買いしてしまったですぅ。

§ [DnD][4e][Dragon] Dragon407号(Dragon Issue #407)

目次

編集部より:石巨人の勲(Editorial: Romancing the Stone Giant)
著者:クリストファー・パーキンス

岩はいい。

D&Dの恋愛物語(D&D Love Stories)
著者:Jeff LaSala

君のゲームにちょっとした恋愛要素を加える時がきた。その前に、文芸作品から少し学ぼう。

キャラクター・テーマ:コアミアの英雄たち(Character Themes: Heroes of Cormyr)
著者:Dan Anderson

フェイルーン随一の王国を守るために何ができるだろうか? 紫竜の騎士や戦闘魔道師になることができる。

王冠と外套:コアミアの階級と爵位(Crowns and Mantles: Cormyrean Ranks and Titles)
著者:Brian Cortijo

コアミアの貴族や将校と友誼を結ぶ前に、君は彼らの肩書きを熟知する必要がある。

祖国の剣:コアミアの宝剣(Swords of State: The Royal Blades of Cormyr)
著者:Brian Cortijo

愛さずにはいられないコアミアの名誉と伝統を象徴する剣の数々。

キャラクター・テーマ:国境執行官(Character Theme: Sentinel Marshal)
著者:Jeff LaSala

いにしえの盟約により、デニス氏族の国境執行官はコーヴェアの諸王国に法と秩序をもたらす。だがそれは簡単な仕事ではない。

ダーク・サンの目:僭王ハナクサマン(Eye on Dark Sun: King Hanaksaman)
著者:Rodney Thompson

彼は王のつもりでいるが、この世捨て人はその砂時計からかなりの砂をこぼしてしまっている。

エベロンの目:ヴァダリアとカーデン(Eye on Eberron: Vadalia and Cardaen)
著者:キース・ベイカー

愛しあう戦士である彼らが生んだヴァダリアのエルフたち、彼らの今日を追う。

レルムの目:驚くべき年代物(Eye on the Realms: A Surprising Vintage)
著者:エド・グリーンウッド

財宝が詰まった瓶の栓を抜こう。

いつも魔術師な私(Confessions of a Full-Time Wizard)
著者:シェリー・マザノーブル

R&Dの“仕切り屋”は彼女の秘めた趣味をさらけ出す。

Dragon #406の目次を訳しましたぁ。今月はフォーゴトン・レルムのコアミア特集ですぅ。

§ [DnD][4e][Dungeon] Dungeon198号(Dungeon Issue #198)

目次

石巨人の近侍の窟(Warrens of the Stone Giant Thane)
著者:クリストファー・パーキンス

ストーン・ジャイアントの両者は狂気に囚われてしまったが、英雄たちにとって彼がこうなったのは巨人の同盟を分裂させるまたとない機会だ。このD&Dアドベンチャーは14〜16レベル用で、ゲイリー・ガイギャックスの名作『Against the Giants』を元にした伝説級4部作アドベンチャーの2作目である。

酒場探訪:ジャガーバッドの空飛ぶ店(Tavern Profile: Jaggerbad Skyhouse)
著者:Will Doyle

その背中に酒場を背負ったドラゴン? 君もしっかりと体を固定して――これからかなり揺れることになる!

コアミア王族名鑑(Cormyr Royale)
著者:Brian Cortijo

摂政アルセア・オバースカイアとフォリル・オバースカイア王の宮廷を比較し、デイル暦1379年と1479年に紫竜の宮廷でどんな冒険が待っているかを見ていく。

背景情報:スザイル(Backdrop: Suzail)
著者:Eric Menge

陰謀と冒険で満ちた息を飲むような都市へ行こう。噂、祭り、名所、コアミアの首都にあるものすべてを楽しんでほしい。

こちらはDungeon #198の目次ですぅ。


2013年01月02日 大不況時代の両親によって子供に刻みこまれる金銭的妄想。 編集

§ [Promiscuus] 夢をみた

「『聖闘士に同じ技は二度も通じぬ』みたいなインパクトと突っ込みどころのある言葉を用意するのが二次創作受けの第一歩だ」

「使いすぎるとくどくなりませんか」

「原作だと数えるほどでいい。どうせ二次創作でえげつなく煮詰められるから」

みたいな会話が初夢で、睡眠は考えをまとめるのにちょうどいい手段だと感じ入った次第ですぅ。


2014年01月02日 編集

§ [Promiscuus] ジオニズム芸術

今日はケンプファーが一年戦争期のジオン軍モビルスーツでなぜ特定の言語として由来が明らかなものであるのかをつらつらと考えていたですぅ。

そこで、まずはジオンのモビルスーツが無国籍な記号っぽい名前である理由を考えると、これは宇宙コロニーが地球のさまざまな地域からやって来た移民による社会なので、特定の言語を由来にしていると軋轢が生じるおそれがあること、さらには戦争中に報道などで連呼されるモビルスーツの名称を利用してジオン国民の統一意識を醸成するためだという前提を準備したですぅ。

これらの命名規則の底流にあるのは、ズムシティに建つ奇天烈なザビ家公邸っぽい建造物、ファルメルの艤装やブリッジの様式など、既存の芸術様式と一線を画すジオニズム芸術ともいうべきデザイン理論で、こうした地球とは異なるもので囲むことにより、移民の帰属意識を出身地からジオン公国へ移すギレンの戦略(ゆえに以降のジオン系組織では特定言語の単語が使われることもあった)と考えることができますぅ。

そしてケンプファーは、Kaempferplanなどという内部向けの開発コードしかついていない状態で正式なルートで採用されるめどが立っていなかった、ないし放置されていた試作機をルビコン計画のため徴発し、コードのままで呼称していたと解釈すれば筋は立つ気がしたですぅ。