ネコぶんこ


2018年08月16日 [長年日記] 編集

§ [DnD][5e] 『調査:エベロンの種族(SURVEY: RACES OF EBERRON)』

2018年08月13日

最新のUnearthed Arcanaの調査をお願いする。

前回のUnearthed Arcanaでは、エベロン世界の種族、チェンジリング、シフター、ウォーフォージドの改訂版に加え、カラシュターが紹介された。君がこれらのオプションを読んで考える時間を与えられている現在、私たちは以下の調査でそれらに対する君の反響を得る準備ができている。この調査は約3週間公開される。

これはプレイテスト用

Unearthed Arcanaの内容は、プレイテストと君の想像力をひらめかせるために発表される。これらのゲーム・メカニクスは草案の形式で、君のキャンペーンで使えはするがゲーム・デザインと編集の最終段階を通ったものではない。これらはゲームの公式な一部ではない。これらの理由から、このコラムの内容はD&Dアドヴェンチャラーズ・リーグのイベントでは非合法となる。


2018年08月14日 [長年日記] 編集

§ [DnD][5e] 『ラヴニカの種族(RACES OF RAVNICA)』

ジェームズ・ワイアット、アリ・レヴィッチ、ジェレミー・クロフォード――2018年08月13日

ラヴニカからの種族たちがUnearthed Arcanaにやってきた。ロクソドン、シミックの混種、ヴィダルケン、ヴィーアシーノ。ラヴニカに生きてきた彼らは、どのD&D世界でも使える可能性がある。彼らは11月に発売予定の本、Guildmasters' Guide to Ravnicaへの収録が予定されている。それらの最終的な姿を作る機会が、今の君には与えられている!

今月後半、調査がD&Dウェブサイトで行なわれる。君たちが今日のUnearthed Arcanaで何を考えたか、その調査で教えてほしい。

これはプレイテスト用

Unearthed Arcanaの内容は、プレイテストと君の想像力をひらめかせるために発表される。これらのゲーム・メカニクスは草案の形式で、君のキャンペーンで使えはするがゲーム・デザインと編集の最終段階を通ったものではない。これらはゲームの公式な一部ではない。これらの理由から、このコラムの内容はD&Dアドヴェンチャラーズ・リーグのイベントでは非合法となる。


2018年08月02日 [長年日記] 編集

§ [Ludus] 『Pathfinder 2』プレイテスト開始

今日から『Pathfinder 2』プレイテストが始まり、ダウンロード可能になったですぅ。

大まかなシステムとしては、キャラは3つのアクションと1つのリアクションを持ち、それをターン、ラウンド毎に消費して行動するようになっていて、アクションの細分化や割り込みの煩雑さを軽減しようとしているのが特徴ですぅ。

キャラメイクは祖先(Ancestry、従来の種族に相当する)と背景、クラスを選択後、祖先特技、クラス特技、技能特技、一般特技などの枠から、特殊な行動をできるようにしたり、常時何らかの効果を受けられる《特技》を修得していく、DnD 4eアリアンロッドに近い感覚のものになってますぅ。呪文使いクラスの場合、さらに呪文を選ぶようになってるですぅ。

特技や呪文、技能は、名称、レベル、効果、消費するアクション数などがデータブロック形式にまとめられ、ゲーマにはわかりやすい構成になってるですぅ。また、攻撃、移動など基本的なアクションもデータブロック形式に整理されているですぅ。

魔法のアイテムはレベルが設定され、もちろんパーティに報酬として出すべき量などはルールである程度示唆されているですぅ。PF2では魔法のアイテムにはレベル+【魅力】を基準にしたResonance Pointが設定され、装備することや使うことでRPが消費されるので、魔法のアイテムで鈴なりになったり、ワンドを振り回すのがある程度抑止されると考えられているようですぅ。

ざっと読んだ感じ、PFがこれまで培ってきたものを一度全部見直し、よりモダンな記述に改めた印象ですぅ。詳しいレビュウはどんどん出てくるだろうけど、今日はこの辺をファーストインプレションとするですぅ。