ネコぶんこ


2020年03月27日 [長年日記] 編集

§ [CoC] 『Basic Roleplaying System Reference DocumentとOpen Game Licenseについて(Announcing the Basic Roleplaying System Reference Document and Open Game License)』

Chaosium is pleased to announce the release of the Basic Roleplaying System Reference Document (SRD).

Announcing the Basic Roleplaying System Reference Document and Open Game License - Chaosium Inc.

ミハイル・オブライエンが2020年03月26日に記す

ケイオシアムは、Basic Roleplaying System Reference Document(SRD)の公開を発表する。

Basic Roleplaying SRDは、クトゥルフ神話TRPGルーンクエストSuperWorldなどのケイオシアム製ロールプレイング・ゲームのコアである、単純、高速、そしてエレガントな技能ベースのパーセンタイルな仕組みであるベーシック・ロールプレイングを基礎にしている。

Basic Roleplaying Open Game License(OGL)の規約に基づき、デザイナはベーシック・ロールプレイングのルール・エンジンを版権料無料かつケイオシアム社から追加の許可なしに使い、自分のロールプレイング・ゲームを作成できる。

より詳しい情報とSRDの文書をダウンロードするには、私たちのBasic Roleplaying SRD情報ページを参照すること。

注意:ベーシック・ロールプレイングのシステムを利用するためのBRP Open Game Licenseは、ウィザーズのOpen Game Licenseとは違い、用語と規約も異なる。

ケイオシアムが突然、ベーシック・ロールプレイングのOpen Game License化を告知したですぅ。これにより、ライセンス表記などOGLが定める手続きにのっとれば、Basic Roleplaying System Reference Documentとして公開された部分を引用や翻訳など二次利用して自分のゲームを作ることについて、権利関係がクリアになりましたぁ。ただし、記事の末尾にもあるようにWotCのOGLとは異なるものなので、そっちを使ってる人も手癖で作るのは危険ですぅ。

§ [CoC] 『BRP - System Reference Document(BRP - System Reference Document)』

The BRP Systems Reference Document (SRD) contains guidelines for publishing content under the BRP Open-Gaming License. The Miskatonic Repository and Jonstown Compendium also provides self-publishing opportunities for individuals and groups. For 7th Sea, you can only publish through the Explorer's Society.

BRP - System Reference Document

BRP Systems Reference Document(SRD)には、BRP Open-Gaming Licenseに基づいてコンテンツを公開するためのガイドラインが入っている。Miskatonic RepositoryおよびJonstown Compendiumは、個人と団体に自己出版の機会も提供している。7th Seaの場合、あなたはExplorer's Societyを通してのみ公開できる。

BRP - System Reference Document V1.0のダウンロード

BRP-OGLは他のケイオシアム社のコミュニティ・コンテンツの公開可能な機会とは異なっている。プログラムの概要は以下の通り。

やる事BRP OGLJonstown CompendiumMiskatonic Repository
BRP-OGLシステムを使って自分のゲームを公開したい。出版プラットフォームを探しているなら、BRPのルール・システムでタグ付けできるDriveThruRPGをおすすめする。
『Call of Cthulhu(クトゥルフ神話TRPG)』のシナリオを作りたい
RuneQuest Glorantha』のシナリオを作りたい
ゲームの舞台をグローランサにしたい
自分のSFゲームを作りたい
自分のファンタジー・ゲームを作りたい
自分の歴史アドベンチャーを作りたい

BRP-OGL SRD 1.0のよくある質問

禁止されたコンテンツ(PROHIBITED CONTENT)とは何ですか?

禁止されたコンテンツ(Prohibited Content)はこのSRDと使用できない素材である。それは次のように定義される。

次のいずれかからのすべての商標、登録商標、固有名詞(キャラクター、神格、地名、など)、プロット、物語の要素、場所、キャラクター、挿絵、トレード・ドレス:『Call of Cthulhu(クトゥルフ神話TRPG)』『Dragon Lords of Melniboné』『ElfQuest』『Hero Wars(ヒーローウォーズ)』King Arthur Pendragon『Magic World』『Nephilim』『Prince Valiant』『Ringworld』『RuneQuest(ルーンクエスト)』『7th Sea』『Stormbringer(ストームブリンガー)』『Superworld』『Thieves' World』『Worlds of Wonder』、そしていずれかのサブラインの製品ラインから出版されたもの。グローランサの世界と神話。その他の点ではパブリック・ドメインになっているクトゥルフ神話に関連するすべての作品。『Le Morte d'Arthur(アーサー王の死)』に関連するすべての作品。

さらに、以下に示す他のケイオシアム製ゲームのユニーク、あるいは特徴的な要素とおよそ同じであるゲームの仕組みは禁止コンテンツである。

Augments:RuneQuest: Roleplaying in Gloranthaとおよそ同じルールで、ひとつの能力――技能や能力値に関わらず――を使い、同種あるいは別種の能力を強化する場合。

Glory:King Arthur Pendragonのルールとおよそ同じである場合。

Passions:King Arthur Pendragonあるいは、またはRuneQuest: Roleplaying in Gloranthaのルールとおよそ同じである場合。

Personality Traits:King Arthur Pendragonのルールとおよそ同じである場合。

Pushing:『Call of Cthulhu(クトゥルフ神話TRPG)』のルールとおよそ同じである場合。

Reputation:RuneQuest: Roleplaying in Gloranthaのルールとおよそ同じである場合。

Rune Magic:いずれかの版の『RuneQuest(ルーンクエスト)』のルーン(Rune)あるいは神性魔術(divine magic)のルールとおよそ同じである場合。『RuneQuest(ルーンクエスト)』から派生しておらず、グローランサのルーンの要素が含まれていないオリジナルの魔法システムを“rune magic”と呼ぶことはできる。

Runes:RuneQuest: Roleplaying in Gloranthaのルールとおよそ同じである場合。

Sanity:Bouts of Madness(狂気の発作)、Temporary(一時的)、Indefinite(不定)そして永久的狂気(Permanent Insanity)を含む、『Call of Cthulhu(クトゥルフ神話TRPG)』のルールとおよそ同じである場合。

Sorcery:いずれかの版の『RuneQuest(ルーンクエスト)』のsorcery(魔道)の仕組みとおよそ同じである場合。『RuneQuest(ルーンクエスト)』に由来しないオリジナルの魔法システムを“sorcery”と呼ぶことはできる。

Spirit Magic:いずれかの版の『RuneQuest(ルーンクエスト)』のspirit or battle magic(精霊あるいは戦闘魔術)の仕組みとおよそ同じである場合。『RuneQuest(ルーンクエスト)』に由来しないオリジナルの魔法システムを“spirit magic”と呼ぶことはできる。

クトゥルフ神話のパブリック・ドメインな部分から派生したゲームは作成できないのですか?

確かにあなたにはクトゥルフ神話のパブリック・ドメインな物語から派生したクリーチャー、物語、キャラクター、あるいは土地を使って独自のゲームを作成する権利があるが――これを行なうためにケイオシアムのBRPシステムを使うことはできない。ケイオシアムには既にそれを行なうゲーム(『Call of Cthulhu(クトゥルフ神話TRPG)』)があり、BRP-OGLでは『Call of Cthulhu(クトゥルフ神話TRPG)』の独自なヴァリアントを公開できない。

『LE MORTE D'ARTHUR(アーサー王の死)』について――この物語は600年前のものです!

確かにあなたには『Le Morte d'Arthur(アーサー王の死)』から派生したクリーチャー、物語、キャラクター、あるいは土地を使って独自のゲームを作成する権利があるが――これを行なうためにケイオシアムのBRPシステムを使うことはできない。ケイオシアムには既にそれを行なうゲーム(King Arthur Pendragon)があり、BRP-OGLではKing Arthur Pendragonの独自なヴァリアントを公開できない。

Ringworld(リングワールド)を使う権利を獲得すれば、私はこのBRP-OGLを使ってケイオシアムが作ったRingworld(リングワールド)のゲームを再作成できますか?

いいえ。ケイオシアムとは別の契約が必要になる。Ringworld(リングワールド)は禁止コンテンツである。あなたにはラリー・ニーヴンとケイオシアムからの契約が必要だ。

“およそ同じ”とはどういう意味ですか?

“およそ同じ”とはあなたのゲーム内の仕組みが禁止コンテンツのリストにあるものと外見や機能がほとんど同じである場合、BRP-OGL下では公開できないことを意味する。あなたのゲーム独自の仕組みを考え――ケイオシアムのゲーム独自の機能を再パッケージ化しないように!

これはSORCERY(魔道)のシステムを入れられないということですか?

もしあなたの“sorcery system(魔道)”が『RuneQuest(ルーンクエスト)』のいずれかの版で提供されているものに由来するかおよそ同じである場合、それは禁止コンテンツである。あなたの魔道のシステムが明らかにそれと異なる(おそらくアレイスター・クロウリーの著作やラモン・リュイの組合せ論に由来する)場合、それは問題なくSRDと併用できる。

パブリック・ドメインな素材を使ってゲームを作成できますか?

素材が禁止コンテンツのリストに含まれていない限り、あなたは確かにそれを行なえる。あなたが常に望んでいたジュール・ヴェルヌのゲーム、あるいはアレクサンドル・デュマの作品に基づいた何か、あるいはサモサタのルキアノスに想を得た古代ローマの月世界旅行を作ることができる。次のふたつを確認してほしい。一、それが禁止コンテンツのリストに含まれていないこと。二、それが本当にパブリック・ドメインであること。

私は誰かの知的財産を使ってゲームを作ることはできますか?

パブリック・ドメインではない場合、知財を使ってゲームを作成するには、素材の所有者からのライセンスが必要になる。そう。『スター・ウォーズ』にフェア・ユースは存在しない。

ケイオシアムのBRP SRDダウンロードページにあるできることリストとFAQを訳しましたぁ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

§ medaillen [Es sind maximal 38 von 43 Trophäen erspielbar. https://www..]


2020年03月23日 [長年日記] 編集

§ [Ludus] 『孟夏賦』PDF版頒布開始

在庫がなくなっていた平成レトロホビー百合小説の第一巻、『孟夏賦』のPDF版をBOOTHに登録したですぅ。物理版の増刷予定は今のところないので、ご入り用な方は今後こちらでお願いしますぅ。

サークルのサイトも微更新ですぅ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

§ Roxanna [Die gewählte Filiale speichern wir für Sie dauerhaft. http..]


2020年03月17日 [長年日記] 編集

§ [Ludus] コミックマーケット98落選

サークルのサイトにも書いた通り、うなぎむらは次のコミケ落選したですぅ。ゲーム(電源不要)はかなり小さなスペースになったけど受かってれば西館でFGOとも一緒だから回るのが楽そうじゃわいだったけど、現在一般参加するかどうかも怪しい感じですぅ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

§ Nmh.kz [Es sind maximal 0 von 37 Trophäen erspielbar. http://Nmh.k..]