ネコぶんこ


2015年07月21日 [長年日記] 編集

§ [DnD][5e] 『ルール回答集:2015年7月(RULES ANSWERS: JULY 2015)』

Sage Advice

ジェレミー・クロフォード――2015年07月20日
召喚術、Arcane Ward、間合い武器など!

先月の『rules roundup』の後はSage Adviceの本業、D&Dルールの質問への回答に戻る。遠くない将来、私はSage Adviceをツイッターで行なった回答をまとめるために使い、ここではそれらの答えを140文字に縛られないで詳細に記述しよう!もちろん、毎月のSage Adviceの受信箱への質問への回答も続ける。

Sage Adviceに将来答えてほしい質問があるなら、sageadvice@wizards.comに質問を送るか、ツイッター(@JeremyECrawford)で私に伝えてほしい。

クラス特徴

片手武器戦闘の戦闘スタイルは盾を補助するのが目的? その通り。片手武器戦闘のオプションを持つキャラクターは、通常なら片手武器と盾、呪文発動焦点具、あるいは無手で一揃いだ。

直感回避はローグやレンジャーにヒットする毎回の攻撃に対して自動的に発動できる? 呪文攻撃にも?リアクションを消費し、さらに攻撃者を視認できる1回の攻撃にのみ、直感回避は使用できる。呪文を含めたあらゆる種類の攻撃に対応できるが、ファイアーボールのように攻撃ロールではなく、セーヴィング・スローによってダメージを与える呪文や他の効果には使えない。

モンクはShadow Artsの特徴で得られるマイナー・イリュージョンを発動するためにki pointsを消費しなければならない? しない。Ki pointを消費するのは、その特徴にある他の呪文だけにあてはまる。

モンクのPurity of Bodyの特徴は[毒]ダメージ、毒の状態、あるいは両方、どの完全耐性を得られる? その特徴は両方への完全耐性を得られる。その結果、Purity of Bodyを持つモンクは、たとえばグリーン・ドラゴンの毒のブレスを痛みを感じずに吸い込むことができる。

ソーサラーのWild Magic Surgeの効果はそれを誘発した呪文の効果を変更する? それとも両方の効果が起こる? 呪文とWild Magicの両方の効果が発生する。

ウォーロックのAwakened Mindの特徴は双方向のテレパシー会話ができるようになる? この特徴は一方的な会話を提供することが目的だ。ウォーロックはこの特徴でクリーチャーにテレパシーで話をできるが、そのクリーチャーがテレパシーで返事をする能力は与えない。一方、いくつかのモンスターが持つ(MM9ページ)テレパシー能力は双方向の会話を可能にする。

AbjurerのArcane Wardはwardのヒット・ポイントが0のときだけ回復する? Wardのヒット・ポイントが0のときだけではなく、abjurerが1レベル以上の防御術呪文を発動させたならいつでも、wardはヒット・ポイントを得る。

アラームを儀式として発動してもArcane Wardを回復させられる? Abjurerが発動させた1レベル以上のどんな防御術呪文でも、彼あるいは彼女のArcane Wardはヒット・ポイントを得ることができる。Wardはそのヒット・ポイントの最大値(ウィザードのレベル×2+ウィザードの【知力】修正値)より多くのヒット・ポイントは得られないが、通常通りに回復する。

Abjurerが一時的ヒット・ポイントやダメージへの抵抗を得る時、Arcane Wardにはどう影響する? Arcane Wardはそれを作成したウィザードを拡張するものではない。それは独自にヒット・ポイントを持つ魔法効果だ。いかなるウィザードの一時的ヒット・ポイント、完全耐性、あるいは抵抗もwardには適用されない。

Wardは最初にダメージを受ける。残りのダメージすべてはウィザードが受け、適切に以下のゲーム要素を処理する。(1)あらゆる関連するダメージへの完全耐性、(2)あらゆる関連するダメージへの抵抗、(3)あらゆる一時的ヒット・ポイント、そして(4)本来のヒット・ポイント。

ウィザードの初級呪文強化の特徴は攻撃ロール、あるいはセーヴのみの初級呪文にも適用される? 初級呪文強化が適用されるのは、アシッド・スプラッシュやポイズン・スプレーのように、セーヴィング・スローを要求する初級呪文だけに影響する。

戦闘

ボーナス・アクションをアクションのように使う、あるいは逆はできる? たとえば、バードがボーナス・アクションでBardic Inspirationのダイスを与え、アクションでヒーリング・ワードを発動できる? できない。アクションとボーナス・アクションは交換することができない。例の場合、バードはそのターンにBardic Inspitationかヒーリング・ワードを使うことはできるが、同時にはできない。

間合い武器は機会攻撃でどう扱われる? 通常、視認可能なクリーチゃーが間合いの外に移動する時に機会攻撃は誘発される。グレイヴやハルバードのような間合い武器で機会攻撃を誘発させたいなら、その武器の間合いからクリーチャーが離れる時にそれができる。たとえば、君がハルバードを装備している時、すぐ隣にいるクリーチャーは機会攻撃を誘発することなく5フィート離れて移動できる。そのクリーチャーが――10フィートの間合いを越え――さらに5フィート移動しようとするなら、そこでクリーチャーは機会攻撃を誘発する。

自分以外のターンに待機アクションから早足アクションを行ない、《Charger》特技まで組み合わせることはできる? 自分以外のターンにボーナス・アクションを取れないため、できない。

呪文発動

呪文はクリティカル・ヒットする? 呪文攻撃は確かにクリティカル・ヒットする。クリティカル・ヒットのルールはいかなる攻撃ロールのルールにも適用される。

10点の一時的ヒット・ポイントを持っている時に攻撃で30点のダメージを受け、呪文の精神集中をする時、精神集中を維持するために必要な【耐久力】セーヴの難易度は? その場合、難易度は15となる。一時的ヒット・ポイントがダメージを軽減する時、それは本当のヒット・ポイントではなく、君はまだダメージを受けない。

一方、ウィザードのArcane Wardのような特徴は君のためにダメージを受けることができ、最初から【耐久力】セーヴィング・スローを発生させないか、少なくとも難易度を軽減させる。

Conjure Woodland beingsのような呪文を発動した時、術者やDMは召喚されるクリーチャーを選べる? ゲームのいくつかの呪文はクリーチャーを召喚する。Conjure AnimalsConjure CelestialConjure Minor Elementals、そしてConjure Woodland Beingsなどだ。

こうしたいくつかの呪文は、術者が召喚されるクリーチャーを選べると示している。たとえば、Find Familiarは術者にそこから選べる動物のリストを与える。

この種の他の呪文は、術者にいくつかの幅広いオプションの中から選択させる。たとえば、Conjure Minor Elementalsは4つのオプションを提供する。最初のふたつがここにある。

  • 脅威度2以下のエレメンタル1体。
  • 脅威度1以下のエレメンタル2体。

このようなオプションのデザイン意図は、術者がそれらのうちからひとつを選び、DMが選ばれたオプションに合うように決定することだ。たとえば、ふたつめのオプションを選んだら、DMは脅威度1以下のエレメンタル2体を選ぶ。

術者はどんなクリーチャーが出てくるかの選択を行なうことができるが、それがどうなるかを決定するのはDMだ。DMはキャンペーンに適切でその場の楽しさに繋がるクリーチャーをしばしば選ぶだろう。

《Polearm Master》特技を持ちShillelaghをクォータースタッフに発動したら、ボーナス攻撃はd4かd8、どちらのダメージになる? ボーナス攻撃ではd4を使う。それは特技の機能であり、武器を使ったものではない。

モンスター

外皮は軽装鎧として扱える? できない。外皮は軽装、中装、重装鎧の分類にあてはまらず、君が持っている場合、それは着ている鎧だとみなされない。

外皮はクリーチャーの【敏捷力】ボーナスを制限する? 外皮はクリーチャーの【敏捷力】ボーナスを制限しない。

Sage Advice大辞典

今月の質問と回答は新たなSage Advice大辞典の一部になっている。

著者紹介:ジェレミー・クロフォードはダンジョンズ&ドラゴンズ第5版の共同リード・デザイナである。彼は新たなPlayer's Handbookのリード・デザイナでありDungeon Master's Guideにも関わっている。彼は2007年にウィザーズ・オブ・ザ・コーストに入社して以来、多くのD&D関連書籍に携わってきた。君は彼にツイッターで連絡することができる(@JeremyECrawford)。


2015年07月19日 [長年日記] 編集

§ [NOVA] 2015年07月19日「イントゥ・ザ・ナイト」

クルス・和人(29・♀・バサラ、フェイト◎、クグツ●):以前は企業で工作員をやっていたフェイト。探偵の仕事もあくまでビズと割り切っている。戦闘となれば〈強化〉と〈実験体〉で加速し、〈通過〉でSMGの弾をばらまく自己強化に長けたバサラでもある。

“666”ネロ・カオス(24・女・バサラ●、クグツ◎、カゲ):テラウェア製メモリタイプの後期生産型クローンで、褐色の肌を持つ虚なる罪人イレイザー。その上元ナンバーズという真っ黒な経歴で千早に移籍した謎の女。撃った相手が消し飛ぶ銃を使う。

八坂百太やさかひゃくた(23・♂・カリスマ、マヤカシ●、トーキー◎):ハイスクールの職業訓練プログラムでチャンネル99の見習い記者をやっている少年。実家は霊能者の家系で、トーキーお得意の挑発や煽りに交えてそれ由来の技を使う。図太い。

ナイト・ムーヴズ』の第一話「イントゥ・ザ・ナイト」をやってきたですぅ。

内容ではない部分にスポットライトを当てると、クルスがストリートキッズ相手に事務的な〈交渉〉で失敗したところにネロが現われ、「こいつは口下手だから」とフランクに応対していたのはキーがクグツとペルソナがクグツのいい対比になっていたですぅ。

その一方でクルスは「お前は金持ちなフェイトになるぞ」と金と引き換えに事件から手を引くよう求められたときにそれを承諾し、「これで直接顔を合わせられるから皆殺しにしよう」と企業人らしくお茶目なところも見せていたですぅ。

また、事件の元凶にクルスが《真実》を使う前にネロが元力を発動させ「逃げられないし命乞いも無駄だから精々口を動かせ」と言うのはいい感じにダーティだったですぅ。


2015年06月26日 [長年日記] 編集

§ [NOVA] 2015年06月11日~2015年06月26日「ファイブカード!!」

“ヴェンデッタ”セフィ(16・♀・カブキ◎、ミストレス、ハイランダー●):三年より前の記憶を持たない少女。あるギャンブラーに拾われ、ギャンブルの才能を開花させて世渡りをしており、フリーダムへ挑むこととなる。

セオリーボス(?・♂・タタラ◎●、マヤカシ、ニューロ):量子トロン研究の前段階となる家賃、電気代、その他生活費を稼ぐために手広く仕事をするタタラ。今回も食と住のため川渡白夜からイカサマの片棒を担ぐ依頼を受ける。

海牛翻うみうしこぼし(23・♂・カブト=カブト●、レッガー◎):本物になる男だと主張するマッチョな巨漢。今回はフリーダムのオーナー、ジェイク・ジョンソンに護衛として雇われている。

“長腕”石島梓(17・♂・ タタラ、カブトワリ、イヌ◎●):腕に仕込んだ自作の銃で戦う機動捜査課の巡査。変則的な射撃で敵を仕留める。今回はジェイク・ジョンソンの殺害予告を捜査するためフリーダムへ乗り込む。

ビハインド・ザ・ダーク』収録のシナリオ「ファイブカード!!」に参加したですぅ。シナリオの内容には触れないけど、閉鎖空間でのコンゲームを楽しめるいいシナリオでしたぁ。