ネコぶんこ


2017年02月01日 [長年日記] 編集

§ [NOVA] 2015年08月12日「アフター・デイブレイク」

クルス・和人(29・♂・バサラ、フェイト◎、クグツ●):以前は企業で工作員をやっていたフェイト。探偵の仕事もあくまでビズと割り切っている。戦闘となれば〈強化〉と〈実験体〉で加速し、〈通過〉でSMGの弾をばらまく自己強化に長けたバサラでもある。

“666”ネロ・カオス(24・♀・バサラ●、クグツ◎、カゲ):テラウェア製メモリタイプの後期生産型クローンで、褐色の肌を持つ虚なる罪人イレイザー。その上元ナンバーズという真っ黒な経歴で千早に移籍した謎の女。撃った相手が消し飛ぶ銃を使う。

八坂百太やさかひゃくた(23・♂・カリスマ、マヤカシ●、トーキー◎):ハイスクールの職業訓練プログラムでチャンネル99の見習い記者をやっている少年。実家は霊能者の家系で、トーキーお得意の挑発や煽りに交えてそれ由来の技を使う。図太い。

微妙にダーティな面子の個性が光り、ネロ因縁の相手であるストレイジなんかが出てきて話が大きくなった『ナイト・ムーヴズ』の第二話「アフター・デイブレイク」をやってきたですぅ。

今回も内容に触れずちょっといい話といえば、百太が「こいつは微妙に嫌なやつだが、知り合いの身内だし命を取るわけにはいかない。仕方ないから呪いをかけよう。今後アレに手を出したら死ぬより怖い目に遭いますよ」で《神の御言葉》を説得として使い、ダメ人間を助けたのは、いいカリスマでマヤカシだったですぅ。

戦闘の方はキャストふたりが【CS】20まで上がってダメージガスガス上げるので割と余裕だったですぅ。

§ [NOVA] 2015年09月21日「ナイト・ムーヴズ」

クルス・和人(29・♂・バサラ、フェイト◎、クグツ●):以前は企業で工作員をやっていたフェイト。探偵の仕事もあくまでビズと割り切っている。戦闘となれば〈強化〉と〈実験体〉で加速し、〈通過〉でSMGの弾をばらまく自己強化に長けたバサラでもある。

“666”ネロ・カオス(24・♀・バサラ●、クグツ◎、カゲ):テラウェア製メモリタイプの後期生産型クローンで、褐色の肌を持つ虚なる罪人イレイザー。その上元ナンバーズという真っ黒な経歴で千早に移籍した謎の女。撃った相手が消し飛ぶ銃を使う。

八坂百太やさかひゃくた(23・♂・カリスマ、マヤカシ●、トーキー◎):ハイスクールの職業訓練プログラムでチャンネル99の見習い記者をやっている少年。実家は霊能者の家系で、トーキーお得意の挑発や煽りに交えてそれ由来の技を使う。図太い。

ナイト・ムーヴズ』の第三話にして最終話「ナイト・ムーヴズ」をやってきたですぅ。

今回は前回からの流れを受け取り、プログラム・ノモスが資源リソースを投入してキャストを封じにかかったですぅ。ただ、ネロが謹慎処分を受ける……というところで、武器を押収されたまま部屋を出てロッカーを開けたらもう一挺の銃があり、何事もなく帰って行くというシーンはBBCのコメディ風味なシュールさだったですぅ。

そしてクライマックスでは司政官の入浴画像(謎の光入り)がN◎VAに流れる中、少女をさらいプログラム・ノモスの力を誇る悪党にフェイトが「仕事だから連れて帰るだけだ」と言い放ったのが背景を除外すればいいシーンだったですぅ。


2017年01月31日 [長年日記] 編集

§ [Liber] CUT A DASH!!『16bitセンセーション』

時は九十年代前半、PC-9801が華やかなりし美少女ゲーム(専門用語)黎明期を描く同人誌ですぅ。なんとかメロンで買え、内容も濃すぎず薄すぎずでちょうどいい感じの出来だったので、続刊が出たらほしいですぅ。


2017年01月17日 [長年日記] 編集

§ [DnD][5e] 『レンジャーとローグ(RANGER AND ROGUE)』

Unearthed Arcana

マイク・ミアルスとジェレミー・クロフォード――2017年01月16日

2つのクラス――レンジャーとローグ――が今週、新たなプレイテストの可能性を得る。レンジャーが受け取るRanger Archetypeのオプションは2つだ。Horizon WalkerとPrimeval Guardianで、どちらもPlayer's HandbookのレンジャーとUnearthed Arcanaのレンジャーで使える。ローグが受け取る類型のオプションは1つだ。このScoutがUnearthed Arcanaでローグが既に得ているオプションに加わる。

新しいオプションを読み、プレイしてみて、そして君が考えたことを来週提供する調査で私たちに知らせてほしい。

この内容は、プレイテストと君の想像力をひらめかせるために発表される。これらのゲーム・メカニクスは草案の形式で、君のキャンペーンで使えはするが、洗練されたデザインではないし、すべてのゲーム開発過程を通ったものではない。これらはゲームの公式な一部ではない。これらの理由から、このコラムの内容はD&Dアドヴェンチャラーズ・リーグのイベントでは非合法となる。

アーティフィサーの調査

君が先月のアーティフィサーのオプションを読んで考える時間を与えられている現在、私たちは以下の調査でそれらに対する君の反響を得る準備ができている。

これから先の数ヶ月について

君にプレイテスト、議論、そして考えてもらうためのD&Dコンテンツを私たちはたくさん準備した。事実、私たちは何ヶ月かにわたって月に何度もUnearthed Arcanaを発表するための充分な原稿を持っている。月曜日に原稿を読もう。私たちは君が愛しているものを取り上げては純化し、私たちは君が好きではなかったものを取り上げ、それらを捨てるか再設計する。どちらの方法にしても、君からの反響は重要だ。

私たちの双方――マイク・ミアルスとジェレミー・クロフォード――は近い未来のためのUnearthed Arcanaに取り組み、Sage Adviceのコラムはしばらく休ませてもらう。一方、ジェレミーは公式なルールへの回答をツイッター(@JeremyECrawford)のほか、Dragon Talkポッドキャストの時間を使って新たなSage Adviceを提供し続ける