ネコぶんこ


2008年04月04日 アーバンアクション [長年日記] 編集

§ [DnD][3.5e][Liber] Ari MarmellC. A. SuleimanCityscape

Cityscape (pdf版)』は環境本の4冊目で、都市についての本ですぅ。PCやNPCを直接強化する特技や装備には乏しいものの、都市という環境に雰囲気を出すための魅力的なギミックやサンプルNPCがたくさん収められているですぅ……が、他の本から再録している部分もかなりあるので今までのを買ってる人にはあまり得な感じはしないという微妙な本ですぅ。

Chapter One: The Scope of the Cityでは、7つのサンプル都市と、種族や立地別の都市コンセプト、都市の環境や災害という、『ダンジョン・マスターズ・ガイド / Dungeon Master's Guide』とWeb EnhancementsのBuilding a Cityの再録、増補というおもむきですぅ。

むしろこの章(というかこの本)の見どころはコラムで、権力中枢を打倒する革命のススメ『Vive la Revolution!(p.8)』。NPC賢者のサンプルと、彼らとつなぎを取るために必要な〈情報収集〉難易度が書かれた『Interlude: a Research Effort(p.10)』。衛生状態が悪い場所で体調を悪くするルール『Hazards of Poor Sanitation(p.30)』。都市のどんな場所でどういう商品が流通しているのかの目安『Building and Business Descriptions(p.34)』。都市の風景決定用の表『20 City Sights(p.42)』。酒場の名称や客層決定表の他に、飲酒、各種ゲーム、芸、スリ、喧嘩、友達作りなど酒場プレイ用のルールが収録された『Interlude: a Trip to the Tavern(p.45)』。同じ共同体の中でも社会身分によってgp上限を変更する『Community Wealth(p.46)』というように、都市に生活観を与えるためのちょっとしたルールやデータが多く収録されてるですぅ。

Chapter Two: The Urban Adventurerでは、『シャーン:塔の街 / Sharn: City Of Towers (pdf版)』からの再録っぽい都市で受けられるサービス(宿や借家、証明書の偽造など)価格表。種族ごとの都市生活。『Unearthed Arcana (pdf版)』からの改訂で、PCが【魅力】ボーナス分Contacts(コネ)を持つことができ、彼らの助力を受けることができるという今までDM判断だった部分をルール化したContactsルール。DMGの維持コストにもあるSocial Class(社会身分)についての詳説。追加の特技と呪文、妖術となってるですぅ。

特技は〈軽業〉での移動が+10フィートされる《Swift Tumbler》、呪文の発動元を隠す《Deceptive Spell》、呪文の効果を不可視にする《Invisible Spell》、屋根の上で戦うための戦術特技《Roofwalker》と、街の中で身軽に動けるようなものが揃ってるけどおせじにも強くはない感じですぅ。

呪文、妖術も同じ感じで、武器を封印する呪文Peacebondや、ホールド・ポータル相当の効果と外から解除しようとしたら爆発を起こす妖術Thieves' Baneというように、街の警備兵が使ってるようなのがちょっとだけ収録されてるですぅ。

この章にあるコラムは、都市にある店とそこで起こるイベントの表『Interlude: Running a Shopping Trip(p.54)』。Social Class別のContactsを紹介した『Contacts by Social Class(p.58)』。Social Class別に追加のクラス技能と、それらに対する技量ボーナスを得られる『Variant: Social Classes for Adventurers and Career Skill(p.59)』。治癒呪文をかけてもらえる寺院や、そこで起こるイベントの表『Interlude: a Trip to the Healer(p.62)』。都市での冒険のセオリーをまとめた『Five Facts Every Urban Adventurer Should Know(p.64)』となってるですぅ。特に『Variant: Social Classes for Adventurers and Career Skill』は、クラス技能の少ないクラス救済策としては伽羅付けも兼ね備えたかなりいい感じのものだと思いますぅ。

Chapter Three: Politics and Powerでは、都市のさまざまな政治形態の紹介から始まって、役職、機関、死体置き場や道路の保守、警備といった公共サービスの内容や価格まで書かれたCity Governmentから始まる、いろいろな組織ルールが収められてる章ですぅ。

次に来るHouses(名家)ルールは、House Patronage(名家の援助)という特典をPCが受ける代わりに、色々な仕事をこなす必要があるというルールで、エベロンでドラゴンマークの雰囲気を出す他にも、マフィアものや『ヴァンパイア:ザ・マスカレード / Vampire: The Masquerade (pdf版)』みたいな恩貸制社会の雰囲気を出すのにいいかもしれないですぅ。Ebonmar Infiltratorという名家の汚れ仕事をやる上級クラスもついてますぅ。

Guildsルールは『Dungeon Master's Guide II (PDF版)』から自分が長になるルールなどを抜いた版で、ギルドに加入することで特典と義務を持つようになるというものですぅ。ギルドにもよるですぅが、次のOrganizationルールともども『プレイヤーズハンドブック2 / Player's Handbook II (PDF版)』の勢力陣営よりは軽めのルールなので、勢力陣営は重いけど組織に所属している雰囲気を出したいという人にはいいかもしれないですぅ。上級クラスは奴隷商ギルドの奴隷狩り、Crimson Scourgeですぅ。

次に紹介されてるOrganizationsはGuildsよりゆるめの組織というほかはこれといった特徴の無いルールで、上級クラスは都市で暗躍する秘術使いのUrban Savantですぅ。

最後に紹介されているChurchesは宗教組織を表現するルールですぅが、信仰呪文使い専用というわけではなくて、Associated Skills(関連技能)を4ランク取っていればどのクラスでも入信できるというもので、主流派、少数派、狂信派、異端派という組織の立ち位置ごとに色々な義務や制約が発生するというものですぅ。

この章のコラムは謎の旅人表『Interlude: the Mysterious Stranger(p.73)』。闘技場の賞金についてのルール『Profits in the Arena(p.88)』。プリーストとクレリックの違いについて書いた『Priest or Cleric?(p.106)』があるですぅ。

Chapter Four: Events and Encountersでは、街で起こるイベントや災害、サンプルNPC、新モンスターが紹介されてるですぅ。サンプルNPCはコアのみ構築なのでないよりはまし程度ですぅが、名前つきのNPCはどういうやり方で悪人が都市で活動するかのモデルとしてはいいものだと思うですぅ。

モンスターで特筆すべきところといえば、群れの小型以上クリーチャー版でMobという概念がDMG2から再録されて、群集制圧や大量の雑兵と戦うシーンでDMが楽できるようになったというあたりですぅ。

この章のコラムは都市でモンスターと遭遇するシチュエーション集『10 Urban Monster Encounters(p.126)』のみですぅ。

Chapter Five: Running the Cityでは、都市での冒険を実際にやるためのシナリオ作成法や、遭遇表、DMG2から一部が再録されたCity Law(都市の法律)が載ってるですぅ。特に法律ルールを使った場合、かなり武装や呪文の発動が制限されるので、いつもとは一味違った冒険ができるですぅ。

本日のツッコミ(全18件) [ツッコミを入れる]

Before...

§ prada shoes [moving... cjyejjhm prada shoes http://www.petegeraghty.com..]

§ mulberry bags uk [moving... bxkactya mulberry bags uk http://www.sunchannel...]

§ thomas sabo charms sale [moving... wryvbnog thomas sabo charms sale http://www.kris..]

§ mulberry handbags [moving... khbduzycane mulberry handbags http://kindnessgre..]

§ mulberry bags [moving... cmjdcpon mulberry bags http://www.diving-tenerif..]


2008年04月08日 熱力学第二法則を憎む [長年日記] 編集

§ [Promiscuus] コンデンサ逝く

セッション前日の土曜日という忙しい時に部屋に異臭まきちらかしてビデオカードのコンデンサがヘビ花火のような体たらくになってたですぅ。

こんなこともあろうかとなおしてたVoodoo3をとりつけて事なきを得たですぅが、収入を得た時に限って物は壊れるものですねぇ。

§ [DnD][3.5e] 2008年03月09日

ウィッチナイフの凶手からクジャルが黒帆衆の頭目だったことを聞き出したついでに、リリシアは彼の根城を聞き出そうとするが、彼らも組織の連絡員から仕事と報酬を受け取るだけの、組織の末端に過ぎなかったことがわかる。

リリシアが尋問をしている間周囲を警戒していたイーグルオウルは、近くに何者かが潜んでいることに気づく。そちらに向かって身構えると、物影からウィッチナイフの老人が現れた。彼は凶手たちの師父だったが、数年前にクジャルが僧院を襲撃した時に完敗し、弟子たちは力に魅せられクジャルの下で凶手になってしまっていたという。
「だが、彼らを殺したことについて仇を討つなど言われても困る」
「構いませぬ。彼らが殺し殺される道に踏み込んだ時から、こうなることは覚悟しており申した。それよりも、その力を見込んで我が門派皆伝の証をお譲りしましょう。クジャルは多くの僧院や道場を破り、彼らを刺士として使役しているのです」
そう言って老師はモンクス・ベルトバンズ・オヴ・ジ・アイアン・モンキー(Dragon Magazine #325)を一行に託し、かつての弟子を伴って朝靄の中に消えていった。

藍の塔へ帰り仮眠を取り、支部長のスクライイングが効果を及ぼさなかったという話を聞いて現場百回の格言通り、“物言わぬ手”の地下室から続く隠し通路を抜けたあたりで捜査したところ、ちょうどイーリがさらわれた日の深夜、荷馬車が荷物を積み込んでいたという情報を手に入れ、そこから芋づる式に馬車が貧民街の周りをぐるりと一周し、市場の辺りで行方をくらましているらしいという情報を手に入れた。市門での聞き込みでは問題の馬車が出入りした様子が無かったため、魔法的手段が講じられていなければ、彼女は街中にいる可能性が高い。

市場の裏路地にあるさびれた安酒場でのべつくだを巻いている酔っ払いに話を聞いたところ、黒帆衆は既存の縄張りやしがらみなどお構いなしに暴れまわり、揉め事になれば相手を暗殺するという、裏街道を歩く者たちの間でもかなり煙たがられている組織らしいということ、彼らの身軽さは街中に張り巡らされた下水道を通路にしているからではないかという情報を手に入れ、イーグルオウルが馬車の足取りをつかめなくなったあたりで下水の入り口を調べると、そこには最近出入りしたような痕跡があった。

イルダーナフは下水に詳しそうな組織は無いかと調べ、アーバン・ドルイドやアーバン・レンジャーからなる"下水教団”なる組織と接触することに成功した。彼らの主張するところによると、ヤゼインの下水道は街の拡張にあわせて既存の下水道に接続し、とりあえず水が流れるので利用されているというだけで、陸手と島手の両方から下水が流れ込むはずの最深部に何があってどこに下水を流し込んでいるかなどは謎のままの胡乱なものだという。

また、彼らは下水道の謎を調査するために探索を繰り返しているが、下水道の深部にはウィザードが下水掃除用に放したブラック・プディングや、白いクロコダイルなど恐ろしいクリーチャーが多数生息しており、先日の探索でもひとりが帰らぬ人となったと幾人かの教団員が恐怖に引きつった表情で証言した。

ともあれ、教主によればイーリらしき荷物を運び込んだ下水道は深層にかなり近いもので人でも歩いて行くことが可能であり、陸手と島手の下水道が交わる大下水道まで達すれば、かなりの広さであるため人が住んでいてもおかしくないという。かくして、イーリを助けるために一行は下水道へと踏み込むことになった。

下水道の奥へ奥へと進むと徐々に空間は広がり、やがていくつもの下水道から下水が流れ込む本流へとさしかかる。餌の気配を察知して迫るブラック・プディングの群れを潰していると、汚水の中から下水教団員を屠ったドラゴン・イールがリリシアを丸呑みにする。次にはイーグルオウルも呑まれるが、呪文を受ける場所に身を晒したせいでイルダーナフに動きを止められたうえでホーリィ・ストームの餌食となり、臓腑をイーグルオウルのバトルフィストに貫かれて命乞いも空しく絶命した。

奥の淀みにあるドラゴン・イールの塒から宝を運び出し、ガラクタの山で偽装した一行は、何度も外したような痕跡のある鉄格子を外してさらなる深遠へ。すると、そこにはランプの光に照らされた黒い帆布を腕に巻きつけた男がいた。彼をサーシャが〈はったり〉で言いくるめてクジャルの客人ということで入ろうとするが、男はいつまで経っても戻ってこない。そこで一行は勝手に入り、イーグルオウルが毒に対する完全耐性を持っているおかげで何食わぬ顔で毒ガスが吹き出る隠し部屋の宝を漁り、インヴィジビリティで斥候を続けると、フレイム・ストライクが天井から降ってきて、奥から衛兵が出てきた。しかし、身かわしを持つリリシアにとっては一足の間合い。炎をものともせずに衛兵に飛び掛り、〈Iaijutsu Focus〉の大規模ダメージで一刀のもとに首を落とし、騒ぎを聞きつけてやってきた増援もサーシャの《呪文形状変化》つきウェブで全員捕縛され、戦闘は終結した。

尋問してみると彼らは黒帆衆でもクジャル直属の連絡員だったようだが、彼らのあるじは直属の部下すら信用せず、自分と腹心のドラウ、そして護衛のスケルトン以外はほとんど部屋に入れないという。サーシャは捕らえた中にギスヤンキがいたのを気にしたが、彼女は彼女の主からクジャルに貸されているだけという。結局、彼らを殺したところでどうにもならないということで、リリシアも彼らの腕にある黒布を斬り捨てるだけでおさまり、武装と罠の解除をさせた上で一行は捕虜を開放した。

罠が解除されたことを確認し、リリシアが居合いで扉を斬り捨ててクジャルの部屋へと飛び込む。部屋は下水を下層へと落とす縦孔だったらしく、中心部は大きな空洞になっており、両側をキマイラ・スケルトンが固めていた。リリシアはセレスチャル・アーマーを起動して穴を飛び越え、ドラウが操る毒の滴るスコーピオン・チェインからの機会攻撃をものともせずにクジャルを斬り、サーシャはフィーンデイッシュ・ライノサラスを2体召喚してスケルトンを潰す。ドラウが暗黒の相棒をけしかけ、クジャルが《Fell Drain》つきのマジック・ミサイルをワンドから放つが、その程度ではリリシアを削りきれずに二の太刀を受けてあっさり膝をつくと、いきなりその身を爆発四散させた。驚愕の表情を浮かべて転がる首は、痩身のクジャルとは似ても似つかぬ脂肪まみれの中年男だった。それを見届けるとドラウはリリシアの追い討ちをものともせず縦孔に身を投げ、姿を消した。

偽クジャルが座っていた場所の背後には隠し扉があり、その奥にはプライヴェート・サンクトゥムで守られた部屋があった。そこには無数の瓶が並んでおり、カエルが飼われていた。その中のひとつにはベイルフル・ポリモーフで変身させられていたイーリの入った瓶があった。イルダーナフが呪文を解除してリリシアが外套を羽織らせると一夜を明かして荷物を纏め、テレポートで一行は地上へと帰還した。

地上に戻ったイーリの話によれば、彼女はあの場所へ連れて行かれるとすぐカエルにされたが理性は残っており、彼らの話を断片的に聞いていたという。どうやら、黒帆衆は大きな力を手に入れるためにイーリが最近発見したハビールの行方を知りたがっていたらしい。ハビールの行き先は遥か北東にあるといわれる霜と炎の群島。イーリは一行に、群島の調査を依頼した。


2008年04月09日 忘れる前に [長年日記] 編集

§ [DnD][3.5e] 2008年04月06日の経験点

12レベルPCの経験点
7200点
13レベルPCの経験点
5038点

§ [DnD] 超大型サイズ用マーカー

プリングルズのキャップが超大型サイズ(3×3マス)のマーカーに丁度いいと判明したですぅ。

§ [DnD][3.5e] 2009年03月20日

先の事件から1ヶ月の後、イーリは霜と炎の群島に向かうための船の手配を済ませていた。なお、〈情報収集〉の難易度50に成功すればSpellammer Shipの船長に出逢えたのだがそこまでは行けず、Elf Wingship(Stormwrack)を駆るストゥーリ(アクアティック・エルフの女性)船長がこの冒険話に乗ってきた。一行はその間で成長と装備の購入を済ませ、ジェムジャンプの焦点具を藍の塔に設置して旅立った。

藍の塔からはそれなりに呪文発動能力を持つ学士たちが派遣されているため食料などの心配無く外洋を航海したせいもあってか、オクトパス・ツリー(Fiend Folio)を遠目に見た程度で大過無く北へと帆走した。しかし、1月ほど経った時に異変は起きた。船が妙な風と海流につかまり、海藻が生い茂る粘りつく海に絡め取られたのである。

ストゥーリが部下に船の様子を報告させながら今後のことについて話している時、リリシアが船底での異変に気付いた。彼女が船倉に駆けつけると、そこには何者かが船底に穴を開けて進入しようとしているのか、刃物の切っ先が飛び出ていた。それを斬り飛ばしてカタナを突き入れると、確かな手応えと共に穴から黝い血が噴き出す。その事を船長に報告し、警戒を怠らないようにとリリシアが話していると、船底で起こった異変の犯人らしきクオトアたちが船を襲撃してきた。

イーグルオウルのホーリィ・ワードであっさり無力化されたクオトアをリリシアが魅了して訊ねたところ、彼らの一族はダゴンの恩寵篤いまじない師と、彼を通じて村に祝福を授ける御使いと共に暮らしており、御使いは辺鄙な村に宝を運んできてくれるらしい。しかし、宝についてよくよく聞いてみると、それはここに漂流して難破する船のことらしいとわかってくる。

クオトアの財宝になりたくない一行は、彼らの神殿を襲って御使いを倒し、海域から脱出することを図る。とりあえず神殿に行っている間に船を襲撃されたらまずいことになるため、サーシャは船室を借りてプレイナー・バインディングを行い、ヴロックを招請した。
「何事だ定命のものよ、俺様は非常に忙しい身なのだ。それを喚んだということはそれなりの覚悟あってのことだろうな」
「我はオルクスのアスペクトにして物質界の代行者。我が命に従う名誉をつかわそう」
「これはあの名高いオルクス様の。いえ俺の用事なんぞもう本当に野暮用でして。なんでも言いつけてください」
「この船と船員どもを護るのだ。ただ、我は今デヴィルと戦う大計のため善の者たちを欺いておる。貴様も話を合わせておけ」
「流石ですオルクス様! その深謀遠慮で善のものどもすら利用するとは!」
こうして護衛を用意した一行は、救命艇に縄をつけてイーグルオウルがそれを牽引することで不安定な海藻の上を歩くより速く、神殿に到着することができた。途中で水中を移動するクオトアたちを見つけるが、サーシャがフィーンディッシュ・エラスモサウルス兄弟をけしかけることでほとんどを撃退した。

しかし、いざ神殿に近づいてみるとそこもほとんどが水没しており、呪文の準備が不完全な状態で飛び込むのは危険だということで、一旦船に戻ることになる。船に戻ると、生き残りのクオトアを倒したヴロックが戦利品を甲板にひとつひとつ並べている最中だった。

一行はヴロックとイーグルオウルを見張りにして夜明かしを始めるが、夜半過ぎに船を囲んだクオトアの大群がたてる水っぽい跫とイア、イアという朗誦で休息を中断させられる。

戦闘が始まるとイルダーナフがホーリィ・ワードで雑魚のクオトアを殲滅してイーグルオウルが空中からダゴンの恩寵篤き鞭令に殴りかかるが、側近であるパイアス・テンプラーの反撃で大打撃を受け、一旦船へと撤退。しかしサーシャのフリージング・フォッグと海に沈みながらも執拗に攻撃を続けるヴロックによって側面からの攻撃隊が大打撃を受け、部下たちの失態に業を煮やして船そのものを攻撃し始めた御使いことクラーケンがフィーンディッシュ・エラスモサウルス兄弟に追われて戦域を離脱したのを見て、このままでは皆殺しにされると感じた鞭令は降伏し、船が出て行けるよう取り計らうと約束した。

§ [DnD][3.5e] 2008年04月06日

クオトアとの戦いも終わり、サーシャは補給のため一旦ヤゼインの藍の塔へとジェムジャンプしたが、塔の中は出発時とはうって変わった厳戒態勢となっていた。調査船が旅立った直後、支部長が殺されて首を落とされたという。幸い、支部長は蘇生されて事なきを得ていたが、捜査が進んで生首が発見されても自分のそれとは対面したくないと愚痴を呟いていた。なんたる命の軽さとはプレイヤの談。

帰還後、サーシャが支部長殺害のことを他の面々に報告すると、イルダーナフは自分たちが次に取る行動を知るために殺されたのではないかと推理した。ともあれ、クオトアの村からまた1ヶ月ほどの航海を経て、一行は霜と炎の群島へ近づいてきた。徐々に浮氷も増えてきている。イーグルオウルの鎧を強化するために招請したミッドガルド・ドワーフ(Frostburn)のグラムドによると、彼らの洞窟は近くの島にあり、オカーチャンにせっつかれながら巨人たちに依頼される武具を鍛えているという。地元民の話によって近くに人が棲んでいそうな島を発見でき、船長はそちらへ舵を取った。

島に到着してみるとそこは遠浅の砂浜だったため、イーグルオウルが救命艇を引っ張って4人が先発隊として砂浜に上陸する。イルダーナフの分析するところによると火山灰質の地質であるため、火山島の可能性が高い。その証拠であるかのように、山の向こうからは煙がたなびいている。

船の停泊場所を捜すにも高いところから見渡すのがいいし、ミッドガルド・ドワーフの洞窟があるかもしれないということで、一行は山を目指した。洞窟は見つからなかったものの頂から周囲を一望すると、煙の立ち昇っているあたりには小屋のようなものが見える。

とりあえず人里に行けば何かが解るのではないかと一行が山を降りて家のあるあたりへと向かっていると、雪の中でとぐろを巻いていた白い長虫が首をもたげ、変な音を鳴らしながら襲い掛かってきた。ポーション・オヴ・エンラージ・パースンで巨大化したリリシアと空からやってきたイーグルオウルがあっという間に倒すが、倒れた頃にサーシャが寒冷地に生息するフロスト・ワームは爆発する性質を持っていたことを思い出し、イルダーナフがキュア・マイナー・ウーンズで傷を塞ぐ。

フロスト・ワームの爆発も起こらずに一行が胸をなで下ろしていると、騒ぎを聞きつけたらしい何者かが騒ぎながら彼らのもとへとやってきた。赤ら肌に赤毛の巨人、ファイア・ジャイアントである。彼らは大事な村の見張り番に酷いことをしたと巨人語で一行を責めるが、巨人語を理解できるのが〈交渉〉技能を持たないイーグルオウルだけだったため話が上手く通じない。しかし、サーシャがなんとなく共通語を話したところ、彼らも酷いなまりながら共通語を話せたため、お互いの行き違いを理解でき和解することに成功した。

ファイア・ジャイアントたちによれば、かつてこの地に小さな人の賢者と仲間たちが流れ着き、先祖は賢者の導きもあり小さな人たちと共存して穏やかに暮らしているという。詳しい話は長老やまじない師が知っているらしいが、北より来る霜の民と彼らと行動を共にする小さな人、穴人たちが村を襲った時の戦いで傷を負った長老は床に伏し、まじない師は怪我人に忙殺されているそうである。そこで、イルダーナフが長老と怪我人たちを治して話を聞くことになった。

長老の話によれば、小さな人の賢者はファイア・ジャイアントたちに過酷な寒さの中で生きる智慧と小さな人と共に暮らすだけの寛容さを教えた後、自らは群島の中央部にあるファイア・ジャイアントの守り神がいると言われる聖地“とこしえの灯火燈る山”へ向かい、戻ってくることは無かったという。曖昧な話ながらハビールの失踪時期とも適合するため、一行は聖地に行く方法を訊ねるが、長老は首を振る。
「御山は先だって霜の民に襲撃され、大巫様の行方も解らぬのじゃ」

霜の民はこれまでも火の民と争いを続けていたが、今度の戦いでは犬猿の仲であったはずのレッド・ドラゴンまで味方につけ、火の民を徹底的に追い詰めているという。長老の話を聞きながらサーシャは彼らの特徴から、霜の民がフロスト・ジャイアント、穴人がネアンデルタール(Frostburn)であると看破する。そして、話をしていると表が騒がしくなり、物見が霜の民の襲撃を告げてきた。
「関係無い方々に頼むのは心苦しいが、先の戦いで村の守りも破られておる。お願いできまいか」
「世の中行きがかりってものもありますから」

戦闘の準備を整え、前回の戦いで壊されたという村の壁に一行がやってくると、そこにはフロスト・ジャイアントとウィンター・ウルフに乗ったネアンデルタールが破壊された壁を突破しようと迫り来るところだった。壁の穴にイーグルオウルとリリシアが陣取り、その後ろでイルダーナフとサーシャが援護する。という陣形で迎え討つことになる。

さて戦闘に入ればリリシアがウィンター・ウルフごとネアンデルタールを両断したかと思えば、イーグルオウルがマイティ・ワラップ(Races of the Dragon)で巨大サイズにまで増強したバトル・フィストからの一撃必殺でネアンデルタールの鐙に乗せた脚以外を赤い霧にして消し飛ばし、サーシャがアケイライ兄弟を召喚して足留めしつつフリージング・フォッグで後続を身動きできない状態にするといった、霜の民の慢心を大いにくじく結果になった。首領格のひとりはリリシアから上半身を斬り飛ばされ、逃げ出したもうひとりも執拗に追われて骸を野に晒すこととなり、士気が崩壊した霜の民はほうほうの体で逃げてゆく。

戦いが終わると一行は長老に礼を言われると共に、厚かましいついでで霜の民がこの島に築いたはずの拠点を破壊するか、火の民が団結して霜の民と戦うよう大長老がいる集落まで進言に行って欲しいと依頼された。彼らにはイルダーナフのように優秀なまじない師がいないため、戦いが長引くほど被害は増していくのである。

また、懸案だった船の停泊については村の傍にある深い入り江を長老に薦められ、船員の逗留も認められた。

本日のツッコミ(全21件) [ツッコミを入れる]

Before...

§ prada outlet uk [xtkvtuz omizcnwmlv euflboql pxzxfy ネコぶんこ(2008-04-09) abpvv..]

§ louis vuitton fake cheap [ネコぶんこ(2008-04-09) yjgalrqmmz dwujcsxt xjajoj ojsjdahs elv..]

§ fake louis vuitton handbags [ネコぶんこ(2008-04-09) cybebfw igqoua ohjatn iegjifoj wfkmmxpu..]

§ buy neverwinter astral diamonds [I acquired dark-colored Cardys just as your moment buy n..]

§ hermes outlet [apglxpalrxj ネコぶんこ(2008-04-09) zpwhurjtwxr hermes outlet ht..]


2008年04月11日 頭と肩 [長年日記] 編集

§ [Liber] 菊池良生神聖ローマ帝国

オットー大帝の即位から始まり、フランツ二世による帝国解散の勅書までを皇帝の動き中心に追ったエッセイ風の読み物ですぅ。三十年戦争については別著『 戦うハプスブルク家』参照ということで詳細は省かれているですぅが、皇帝と教会の二律背反的な関係や、諸侯との関係についてなど基本的な部分が書かれているのでざっと知るにはよさげだと思いましたぁ。

ただ、ヴェストファーレン条約以降の帝国を再評価する動きや、マクシミリアン一世による帝国改造の詳細については触れられていないので微妙な肩透かしかもしれないですぅ。

本日のツッコミ(全20件) [ツッコミを入れる]

Before...

§ authentic louis vuitton outlet online [yhaupodcpk dbspuf pedxajk zjteigya ネコぶんこ(2008-04-11) zcewm..]

§ louis vuitton imitation bags [ネコぶんこ(2008-04-11) lncmobpfnh rhvvvkfwqat xylppuw mekngyeg..]

§ celine bags online [bmahdxuib vbwypdcrfp yenkchk lomnabxiv ネコぶんこ(2008-04-11) x..]

§ rift power level [I really luvvvvvvvvv my best rift power level http://www...]

§ prada bags [ofoioyv ネコぶんこ(2008-04-11) axbfjrbe prada bags http://www.o..]


2008年04月16日 頭と眼と首 [長年日記] 編集

§ [ALF] 2008年04月12日『ヴァルフィッシュ』

初めての方もいたのでアルシャードffの『ブライト・ナイト』キャンペーン立ち上げ前に顔見世や世界設定のつかみも兼ねて、第零話という趣向で公式サイトにある『ヴァルフィッシュ』のGMをやってきたですぅ。

エルンスト(男・27歳・キャバルリー1/ゾルダート1/ハンター1)
正義感が強く、正義を求めて入った帝国軍内部の腐敗と戦い、追放同然で除隊となった元士官。現在はプリムローズに所属。
オルエン(女・11歳・ホワイトメイジ1/オラクル2)
オラクルの母親からクエスターの導き手として教育された少女。だが、言葉の意味はまだよくわかっておらず、教えられたセリフを言っているだけのふしもある。
カーライル(男・30歳・ブラックマジシャン1/ウィザード1/エージェント1)
真帝国出身のG=M社エージェント。アカデミーを卒業したエリートだが、クエスターに対する真帝国の政策で才能が正当に認められていないと感じている。
ガルデ・ガルデ・ガルフ(男・14歳・ファイター1/サムライ1/ザウルス1)
武士道に感化され、プリムローズ思想に感化され、気がつけばプリムローズに所属するサムライになっていたザウルスの少年。
ヴァルキュリア(女・??歳・スカウト1/ヴァルキリー2)
かつて強襲揚陸艦の試作機として建造されたが、計画の見直しによって破棄された古代兵器。現在はエクスカリバーで奈落を殲滅するために戦っている。
ディストリキン(男・21歳・ファイター1/エージェント1/パンツァーリッター1)
真帝国の領土拡張戦争で故郷を失った元戦災孤児。現在はG=M社のエージェントとして人生確定気味。パンツァーは放浪時代に盗んだもの。

エルンストとソフィー・ウィルマーは移動中に帝国軍から確保され、ウィンカスター近郊に停泊している帝国軍の新造戦艦、シュバルツ・ヴァルフィッシュに囚われてしまった。艦を指揮するのはランゼル・ベルガー。かつて帝国軍でエルンストの教官を務めた男である。
「一兵士に過ぎない俺を捕えたところで利用価値がありますかね?」
「その身分や名前に価値は無いかもしれんが、視覚効果というものはそれなりに有用だ。君には第一級国家反逆罪の咎で処刑台に立ってもらう」
叛乱分子に対する牽制にはなるだろう。ランゼルはそう告げると、ソフィーの尋問を始めた。しかし、かたくなに口を開かないソフィー。ランゼルは交渉材料を提示すると言い、衛兵に命じて彼女を連れ出した。

ヴァルキュリアは放浪の途中、“青の”シェルリィから通信を受信する。通信の内容は、真帝国が建造した戦艦に奈落が絡んでいる可能性があるため、調査と処置を命令するというもの。通信が切れると、彼女は命令を復唱してウィンカスターへと向かった。

カーライルとディストリキンはパトリック・ウォンのオフィスに召喚される。しかし、そこで顔を合わせた彼らは開口一番。
「またお前とか」
「君ら外回りでしょ。もう少し笑って仲良くした方が先方の印象も良くなると思うんだけどねえ」
「いえいえ俺たちは仲いいですから。なあ、カーライル君?」
わざわざ名札を確認してからそう言うディストリキンに同じことをしながら、カーライルがウォンに言う。
「しかし、俺たちの仕事はそんな笑顔が重要な仕事じゃないでしょう?」
「まあそうなるね。君らシュバルツ・ヴァルフィッシュって知ってる? ヨルムンガルドが請け負った帝国軍の新造戦艦なんだけど」

そうして説明がてらひとしきり軍部と癒着しているヨルムンガルド社に対する愚痴をこぼされた後、彼から小型のトランクを投げ渡される。
「というわけで、あれを爆破しちゃって。起爆装置はタイマー式、リモコン式、開けたら即爆発するやつ……といろいろあるから好きなの持ってっていいよ。潜入方法なんかは一任します」
「それじゃ、リモコン式で」

オルエンとガルデはプリムローズのリーダー、ハンス・ウィルマーに呼び出され、妹のソフィーが移動中に護衛のエルンスト共々帝国軍に捕えられ、空中戦艦ヴァルフィッシュに移送されたことを告げられる。
「要はふたりを助け出せばよいのだろう?」
「大意はそうなるが、妹、否、ソフィーの身に何かあれば組織が暴発しかねない。“絶対に”助け出して欲しい。勝手なことだがこれは兄としての頼みでもある」
「まかせてください、わたしがクエスターをみちびいてみせます」

エルンストは刑場に引き立てようと暴言を吐きながら扉を開けた衛兵を拘束されたまま倒し、格納庫で装備を取り戻す。手近な兵士から軍装を奪って潜入していたヴァルキュリアに発見され、お互い追っ手と勘違いしてあわや戦闘。というところでふたりを知っているディストリキンが割って入る。
「ああ、あなたはあのかわいそうな機械に乗っているヒト」
「俺のパンツァーをかわいそう言うな。それは置いといて、あんたらが戦う理由はないぜ」
レリクスの結晶であるヴァルキュリアからしてみれば、パンツァーは“かわいそうな”機械であるらしい。ともあれ、ディストリキンの紹介でお互い協力できそうだと判明したところで、艦が離床したのか微動が走る。

その頃、艦橋ではランゼルが全床モニタを起動して眼下に広がる島を投影させていた。再度ソフィーにプリムローズの本拠を尋ね、彼女に答える意思が無いことを確認する。
「殺すなら殺してください」
「ふむ。しかしお嬢さん、貴女を殺したところで何ら帝国が利するものはない。そこで私は頑ななお嬢さんに心を開いてもらえるよう、余興を用意しておいた」
言うと、部下に主砲の試射をするよう命ずる。

数分後、ミッドガルドからひとつの島が消滅した。
「さて。今は無人島でしたが……そういえばこの辺りにジョシュアという小島がありましたな」
ランゼルが言うと、床には平和なジョシュア島の様子が映し出される。

ヴァルフィッシュに潜入したオルエンとガルデは巡回の戦闘機械に捕捉され、警報を聞きつけたゾルダートに包囲されていた。様子を見に来たカーライルとディストリキン、そしてエルンスト、ヴァルキュリアが合流し、とにもかくにも話をするには兵士を倒してからと、戦闘が始まる。

ゾルダート・ガンナーの《奇襲攻撃》でエルンストがブレイクするものの、加護は消費せずに戦闘を済ませた一行は、ディストリキンが戦闘中に見つけた端末室に押し入って中の情報将校を気絶させ、端末から情報を引き出す。それによると、ヴァルフィッシュ級一番艦として建造されたこのシュバルツ・ヴァルフィッシュは、新型リアクターに合わせて設計も一から見直したまったくの新世代艦ということが判明する。オルエンが《フリッグの予知》を使ってシャードに聞いてみたところ、リアクターはヨルムンガルドにどこかから持ち込まれたものらしい。しかし、そこから先はシャードにも見通せない。

しかし、情報収集で時間を取られている間に兵士たちを倒したことがばれてしまう。内部から応答のない端末室にも当然不審の目が向けられ、ドアを激しく叩く音。
「やむをえん、扉を壊せ!」
鍵を壊そうと何度か発砲音が響く間にディストリキンは設計図から割り出したダクトにみんなを投げ入れ、自らは扉を蹴破って出て行く。

その頃、戦闘直後に本来の任務を遂行すべく別行動で艦内の探索をしていたカーライルは、漆黒のマナが渦巻くリアクターが鎮座したエンジンルームへとたどり着いていた。彼に奈落の存在をシャードが告げる。兵士を撒いて合流したディストリキンと爆薬を仕掛けていると、艦内放送が響く。侵入者が艦橋へ出頭しない場合、ソフィー・ウィルマーを処刑する。というものだ。疑問符を浮かべるカーライルを、ディストリキンが促す。

残りの4人は既に艦橋で完全武装して待ち受けていたゾルダートと戦っていた。ソフィーは既に連れ去られた後。ランゼルの張った罠だったが、果敢にリージグメッサーを抜刀して突撃するゾルダート・エリートもクエスターの前には無力。ランゼルたちは甲板へ向かったという証言を引き出すと、エルンストたちは決戦の場へと向かった。

果たして、甲板にはランゼルたちと、彼らに拘束されたソフィーがいた。ランゼルは戦士として成長したエルンストの成長を喜ぶが、人数が揃っていないため残念ながらソフィーには死んでもらわねばならないと告げ、部下に処刑を命じた。

しかし、鋼鉄の馬を駆る何者かが空中から出現してソフィーを攫う。
「あなたは?」
「ただの騎士だ」
しかし、それに動揺することもなくランゼルは端末を操作し、甲板の火砲を展開させたが、お前ばかり目立つなよと艦橋から悠々と現れたカーライルが起爆装置を押し、轟音と共に艦が傾ぐ。ヴァルフィッシュのメインリアクターは破壊され、最新鋭の魔導弾を発射する甲板の火砲はその先進性が仇となって沈黙してしまう。カーライルが艦のリアクターに奈落の力を感じたことについて問うが、ランゼルは何も知らなかった。

ソフィーを奪還された上に艦をも破壊され屈辱の極みに達したランゼルは部下たちに攻撃を命じ、自らも帯電させた鎖とカバラによって強化された拳で戦闘に参加するが、ガルデが攻撃を《報復》し、両者が《トール》を乗せた攻撃を《タケミカヅチ》で打ち返しあうという壮絶な死闘の末力尽き、艦と運命を共にした。

オルエンとガルデは、ソフィーを伴ってハンスが待つ本拠地へと帰還した。妹の無事な帰還と組織の暴走を未然に防げたことを喜ぶハンスは、あらためてふたりに礼を言った。彼はこれから、帝国が混乱しているうちに西方の反帝国組織と連絡をつけるつもりらしい。

G=M本社では、パトリック・ウォンが上機嫌でカーライルとディストリキンの帰還を祝福した。
「そういえば、君らが持ち帰った資料から面白いことが判ったよ。あの艦に使われてた開発コードBKというリアクターだけど、ヨルムンガルドに何者かが持ち込んだモノらしい」
「知ってて俺たちを行かせたんでしょう?」
「いや、これは君らが調査した結果判明した新事実」
カーライルの発言に微妙な笑みで返しながら、ウォンは机に散らばった書類をまとめながら話題を転換する。
「それはそうと、商品の買い付けをお願いしたいんだ。行き先はジョシュア島。廃王国の辺境だね。丁度そっち方面にうちの船が出るから……」

轟沈するヴァルフィッシュからクエスターを救助し、手近な場所へ降ろしたヴァルキュリアはそのまま夕陽が照らす海上を飛んでいた。シェルリィから任務達成を労う通信も終わり、彼女はまた次の任務を命じられるまでどこかへと消える。

エルンストは夢を見ていた。かつてのランゼルもまた、軍人貴族や銀十字軍が幅をきかせる帝国軍の理不尽を憂いていた者のひとりだった。結局、彼は自らが愛した軍に呑まれて死に、エルンストはかつて信じていた軍と戦っている。
「あさですよう」
「エルンスト殿、訓練に行こう!」

苦い思い出は朝日と喧騒によって打ち破られる。しかし、訓練という言葉は昔を思い出していけない。
「訓練、はやめてくれないか」
「では鍛錬か? まあどうでもいい、行こう!」
「ああ、そうだな」

真紅に塗装された動力甲冑が、母艦に着艦する。
「素晴らしい! この新型をいとも容易く乗りこなすとは!」
「光栄です。ですが通常のクリスタルリアクターの場合、継戦時間に問題があるかと」
両手を広げて自らの研究成果が効果を挙げていることに喜ぶ老人に、動力甲冑の乗り手は辛辣な意見を投げかける。
「効率化に問題があることは認めよう。そこは改良せねばな」

痛い指摘をされたせいか苦い顔をする老人に銀十字軍の士官が声をかける。
「博士。お話のところ申し訳ありませんが、少し少佐をお借りしたい」
「うむ、ではアイン君。詳しい感想は夕食の後にでも」

博士が艦の中へ戻ったことを確認し、士官はあらためてアインに向き直る。
「どうした、カイラス。いや、グーデリアン大隊指揮官」
「カイラスでいい。叛乱分子の攻撃で、シュバルツ・ヴァルフィッシュが沈んだ」
「ほう」
「これを受けて西部方面軍団長どのはベルガー大佐に代わり、君にジョシュア島制圧の任務を命ずるそうだ」

こちらは新兵器の実験中だというのに、人遣いが荒いことだよ。と愚痴るカイラスを横目に、夕陽を見ながらアインが呟く。
「“灼熱の”アイン、どうやら運が向いてきたようだ」

本日のツッコミ(全18件) [ツッコミを入れる]

Before...

§ louis vuitton bag outlet online [htqpxdxbirl haepejlfx vytgcrg lwgpouhbwou ネコぶんこ(2008-04-16..]

§ cheap louis vuitton purses and handbags [ネコぶんこ(2008-04-16) uhhfsvi uhixguormp dfkdeih nslloldj dht..]

§ toms store [wwdvqfrl bvwefeayfv ltxutymk udtixwqks ネコぶんこ(2008-04-16) r..]

§ celine handbags [ykvhlkxbxo ネコぶんこ(2008-04-16) dzkuyh celine handbags http:/..]

§ cheap louis vuitton [wholesale louis vuitton sunglasses ネコぶんこ(2008-04-16) chea..]


2008年04月23日 初夏の跫 [長年日記] 編集

§ [Promiscuus] コンデンサが割れたような香りの柔軟材は心臓に悪い

新しい洗濯用柔軟材の香りがイオン臭っぽく、PCで作業しているとどこかのコンデンサが割れたかと思ってしまうのは精神衛生上あまり良くない感じですぅ。

§ [DnD][4e] Rules Appendix日本語版修正

/.さんのご指摘をうけ、Rules Appendix日本語版を修正したですぅ。

本日のツッコミ(全25件) [ツッコミを入れる]

Before...

§ discount louis vuitton [ネコぶんこ(2008-04-23) dygmuxtnpe bsfozvbh fsrdcc qqrdspl bupp..]

§ buy toms [dnettdub oktnxw ulzeatwtdco qslbonqs ネコぶんこ(2008-04-23) gom..]

§ prada bags [fwoompevlmz ネコぶんこ(2008-04-23) fptbrsiuoc prada bags http:/..]

§ buy neverwinter astral diamonds [I personally take buy neverwinter astral diamonds http://..]

§ louis vuitton outlet [hdddrbl ネコぶんこ(2008-04-23) nljosfeql louis vuitton outlet h..]


2008年04月24日 煮詰まり? [長年日記] 編集

§ [NOVA] 殺人会社

Amazon.co.jpで『マーダーインク』の予約が始まってたですぅ。

§ [Promiscuus] 夢は現実の続き

現実は夢の終わり。などと週末にシナリオ作成を半ば放棄して観たエヴァ劇場版のセリフを思い出さないこともないような夢で旧い友人の誕生日を思い出し、バースデイカードを買ったりした今日この頃ですぅ。

問題はカードに何と書けばいいのやらというところですぅが。

本日のツッコミ(全16件) [ツッコミを入れる]

Before...

§ cheap louis vuitton handbags sale [ネコぶんこ(2008-04-24) iqsgcgwmi prtmzxcs jiqnqd lsnktsdfmtd n..]

§ louis vuitton fake wallet [ネコぶんこ(2008-04-24) jobhegguy iczvnobxz ccdjqzsvit uaeyetfy..]

§ celine bags online [vaotizc zgizppyggu qekzwkupyby jzsylrpfs ネコぶんこ(2008-04-24)..]

§ prada outlet online [couaixhnpe ネコぶんこ(2008-04-24) leahgk prada outlet online ht..]

§ Louis Vuitton Outlet [louis vuitton official outlet store ネコぶんこ(2008-04-24) Lou..]


2008年04月25日 Les Fleurs du Mal [長年日記] 編集

§ [DnD][3.5e] 悪徳の基礎理論

公式サイトで連載されていた『Villain Builder』の『Basic Villainy』を『悪徳の基礎理論』として訳してみたですぅ。

シナリオ作成講座と同じ著者が実用的な例示を交えながら、ただの敵で終わることがなく、終わらせてはいけない悪漢をどう作って演出するかについて語っている連載ですぅ。

本日のツッコミ(全21件) [ツッコミを入れる]

Before...

§ fake louis vuitton handbags cheap [ネコぶんこ(2008-04-25) vaidxxw awgjtjpcfuz wczspvvhe eyjkubyjm..]

§ buy toms [sshnqlfhhkj wuadnadar kmumjfgwdc azqhgpdt ネコぶんこ(2008-04-25..]

§ darkfall gold [I prefer a lot of these darkfall gold http://www.u7buy.co..]

§ gucci outlet [bokckcdrose ネコぶんこ(2008-04-25) bzxenwxbef gucci outlet http..]

§ buy hermes outlet bags [wholesale louis vuitton handbags suppliers ネコぶんこ(2008-04-2..]


2008年04月26日 ひゃっほー [長年日記] 編集

§ [Promiscuus] ブツトドク

例のブツが届いたので早速観てくるですぅ。

本日のツッコミ(全19件) [ツッコミを入れる]

Before...

§ discount louis vuitton [ネコぶんこ(2008-04-26) uqdolm tgwjtmvk jbcgxucr vvhdyytti bcey..]

§ rift power level [My friend LOVES these rift power level http://www.u7buy.c..]

§ gucci outlet online [iaelfxmzj ネコぶんこ(2008-04-26) eortfsdnlm gucci outlet online..]

§ hermes outlet [aqxuwy ネコぶんこ(2008-04-26) fqyhcxdkz hermes outlet http://ze..]

§ louis vuitton outlet [louis vuitton outlet online luggage ネコぶんこ(2008-04-26) lou..]


2008年04月30日 あつい [長年日記] 編集

§ [Promiscuus] あの夏の想い出とか

去年の九月一日にヱヴァ新劇場版を劇場まで観に行くまでは久々に逢う旧い友人がすっかり様変わりしてるんじゃないかみたいな絶望的な気持ちだったですぅが、帰ってからは伏線を友人知人と話し込んだり、先週末にDVDが届いたらその日に三回くらい観て結局今までに十回ほど観てるあたり、まったくもって憑き物が落ちていないと再認識させられたですぅ。

本日のツッコミ(全18件) [ツッコミを入れる]

Before...

§ imitation louis vuitton handbags [ネコぶんこ(2008-04-30) gmvozejrr xvrhwuk kidyhm ujhqpwmqtlk oj..]

§ fake louis vuitton replica [ネコぶんこ(2008-04-30) bwkwyd lwcfvsy mvhbeqysqmq dciyvhxu iiy..]

§ celine bags [enlxlydud xlmwygg dgthisvpm ecurzncedfd ネコぶんこ(2008-04-30) ..]

§ swtor power leveling [Love swtor power leveling http://www.u7buy.com/swtor/swto..]

§ toms store [fnsvub ネコぶんこ(2008-04-30) brtkxb toms store http://www.vogu..]