ネコぶんこ


2020年11月02日 [長年日記] 編集

§ [Ludus] Udonarium用部屋データ『

オンラインセッションツールのUdonarium用に、無地のマットを一枚敷いただけの簡素な部屋『』を作ったのでおすそわけしますぅ。


2020年11月07日 [長年日記] 編集

§ [DnD][5e] アドベンチャー:混沌が染み出す洞(2~4レベル)

今週の小冒険はデーモンを顕現させる教団との戦いですぅ。

データ系はOGLを使ってるので、そちらの参考にもどうぞですぅ。

冒険の概要

この冒険は2~4レベル程度のキャラクター向けの短時間で終わるアドベンチャーである。

森で黒く光る泥水のようなものを浴びた野生動物たちが凶暴化している。これは混沌を崇める者たちが世界を裂いて溢れ出させた混沌の物質によるものだ。周辺には弱いものだがデーモンも顕現を始めている。

キャラクターたちがこの泥水を追い、狂信者とデーモンを倒して世界の裂け目に対処すれば、冒険は成功となる。

冒険への導入

キャラクターたちが旅をしていると、森から普段はおとなしいはずのディアー(鹿)が飛び出してくる。彼らは一様に黒光りする泥水のようなものを浴びており、激しくキャラクターたちを襲ってくる。

森の地殻にある共同体で、動物の凶暴化の調査を依頼される。報酬は100gpで、黒く光る泥水を浴びたディアーやイーグルといった凶暴な動物の死体も見ることができる。

1.襲い来る鹿

森の近くにやってきたキャラクターたちはそこから飛び出してくるディアー8体とぶつかり、戦闘が始まる。彼らは一様に黒光りする泥水のようなものを体の一部に浴びており、それはぱっと見ただけでもわかる。

この泥水を検分するなら難易度20の【知力】〈魔法学〉判定が必要で、成功すればこれは混沌の次元界から流れ出てきた生の混沌で、その影響が動物たちには凶暴化という形で発現していることがわかる。

ディアー

中型・野獣、無属性


AC:13

hp:4(1d8)

移動速度:50フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
11(+0) 16(+3) 11(+0) 2(-4) 14(+2) 5(-3)

感覚:受動〈知覚〉12

言語:-

脅威度:0(10XP)


アクション

噛みつき:近接武器攻撃:攻撃+2、間合い5フィート、目標1体。ヒット:2(1d4)[刺突]ダメージ。

2.森の奥へ

森の中に入ると、混沌の泥がところどころに水たまりのように湧き出ている。これが多くなっている方に向かえば、混沌の狂信者たちが集う洞窟にたどりつける。

1時間以上歩き回るなら、混沌の影響で凶暴化した動物を出して軽く戦闘などをしてもいいだろう。

3.泥が流れ出す洞窟

森の奥には、混沌の泥が小川のように流れ出してきている洞窟がある。その周辺は混沌の泥で歩きづらくなっており、多くの場所が移動困難地形である。

この泥に触れたクリーチャーは難易度10の【判断力】セーヴィング・スローを行ない、失敗した場合、属性が混沌にして悪となる。この変化は1d4日の間続く。

洞窟の入口付近には混沌の泥から生まれたデーモンのドレッチが2体と、4人の狂信者が見張りをしている。

戦闘が始まると狂信者は洞窟の奥に逃げ、住民たちに急を知らせる。

ドレッチ

小型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:11(外皮)

hp:18(4d6+4)

移動速度:20フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
11(+0) 11(+0) 12(+1) 5(-3) 8(-1) 3(-4)

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉9

言語:深淵語、テレパシー60フィート(深淵語を理解できるクリーチャーのみ)

脅威度:1/4(50XP)


アクション

複数回攻撃:ドレッチは1回の噛みつきおよび1回の爪で、2回の攻撃を行なう。

噛みつき:近接武器攻撃:攻撃+2、間合い5フィート、目標1体。ヒット:3(1d6)[刺突]ダメージ。

爪:近接武器攻撃:攻撃+2、間合い5フィート、目標1体。ヒット:5(2d4)[斬撃]ダメージ。

悪臭の雲(1回/日):不快な緑色のガスがドレッチから半径10フィートに広がる。ガスは角の向こうまで広がり、その範囲は経度の隠蔽である。それは1分か強風で飛散するまで続く。範囲内でターンを開始するクリーチャーは、難易度11の【耐久力】セーヴィング・スローに成功しなければ、次のターン開始時まで毒状態になる。この毒状態の間、目標はそのターンにアクションあるいはボーナス・アクションのどちらかしか行なえず、リアクションを行なえない。

狂信者

中型・人型生物、善ではない好きな属性


AC:12(レザー・アーマー)

hp:9(2d8)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
11(+0) 12(+1) 10(+0) 10(+0) 11(+0) 10(+0)

技能:〈宗教〉+2、〈ペテン〉+2

感覚:受動〈知覚〉10

言語:1つ(普通は共通語)

脅威度:1/8(25XP)


闇への献身:狂信者は恐怖状態および魅了状態へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

シミター:近接武器攻撃:攻撃+3、間合い5フィート、目標1体。ヒット:4(1d6+1)[斬撃]ダメージ。

4.洞窟の中

洞窟の中には一定間隔で松明がかけられている。洞窟に入ると、脇にある小部屋に柵がされ、混沌の影響を受けたウルフが2体入っている。入口の遭遇で狂信者を洞窟に入らせた場合、これが解き放たれている。

奥へ続く部屋の方には4人の狂信者と1体のドレッチがいる。

ウルフ

中型・野獣、無属性


AC:13(外皮)

hp:11(2d8+2)

移動速度:40フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
12(+1) 15(+2) 12(+1) 3(-4) 12(+1) 6(-2)

技能:〈隠密〉+4、〈知覚〉+3

感覚:受動〈知覚〉13

言語:-

脅威度:1/4(50XP)


鋭敏聴覚・嗅覚:このウルフは聴覚および嗅覚に関する【判断力】〈知覚〉判定に有利を得る。

群狼戦術:少なくとも1体のウルフの味方がクリーチャーから5フィート以内にいて、その味方が無力状態でない限り、このウルフはそのクリーチャーに対する攻撃ロールに有利を得る。

アクション

噛みつき:近接武器攻撃:攻撃+4、間合い5フィート、目標1体。ヒット:7(2d4+2)[刺突]ダメージ。目標のクリーチャーは難易度11の【筋力】セーヴィング・スローに成功しなければ伏せ状態になる。

5.混沌の祭壇

洞窟の突き当たりには世界の境界を裂くために築かれた混沌の祭壇がある。

祭壇は壁に幾重もの円を重ね合わせて多元宇宙の構成を描いたもので、その中央はダガーが刺され、そこから黒く光る混沌の泥が流れ出している。

この祭壇の前にはここの主である熱狂的狂信者が1人と狂信者が2体、ドレッチが1体おり、祭壇を壊そうとする者に戦いを挑んでくる。入口の狂信者が敵襲を知らせていた場合、熱狂的狂信者は既にシールド・オヴ・フェイスを発動させている。

熱狂的狂信者は魔法のアイテムを2個持っている。

熱狂的狂信者

中型・人型生物(任意の種族)、任意の善ではない属性


AC:13(レザー・アーマー)

hp:33(6d8+6)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
11(+0) 14(+2) 12(+1) 10(+0) 13(+1) 14(+2)

技能:〈宗教〉+2、〈説得〉+4、〈ペテン〉+4

感覚:受動〈知覚〉11

言語:1つ(普通は共通語)

脅威度:2(450XP)


闇への献身:熱狂的狂信者は恐怖状態および魅了状態へのセーヴィング・スローに有利を得る。

呪文発動:熱狂的狂信者は9レベルの術者である。この呪文発動能力値は【知力】である(呪文セーヴ難易度15、呪文攻撃+7)。アルラメリスは以下のウィザード呪文を準備している。

初級呪文(無限回):セイクリッド・フレイムソーマタージーライト

1レベル(4スロット):インフリクト・ウーンズコマンドシールド・オヴ・フェイス

2レベル(3スロット):スピリチュアル・ウェポンホールド・パースン

アクション

複数回攻撃:熱狂的狂信者は2回の近接攻撃を行なう。

ダガー:近接武器攻撃:攻撃+4、間合い5フィートあるいは射程20/60フィート、目標1体。ヒット:4(1d4+2)[刺突]ダメージ。

結末

祭壇からダガーを抜けば世界の裂け目は癒やされ、1d4日後に混沌の漏出は終わる。森も平穏を取り戻すだろう。

この記事はOpen Game Licenseに基づいて作成されている。Open Game Licenseに該当するのは、クリーチャーやアイテムの名前やステータスなどである。この記事の他の箇所は個人的な使用を除き、いかなる形式でも許可なく複製することはできない。


2020年11月14日 [長年日記] 編集

§ [Ludus] 5e Zine vol.02のお知らせ

Twitterとかで広報していてblogの更新を忘れてしまっていたけど、『5e Zine vol.02』は無事に印刷され、ゲームマーケット2020秋で九十九亭さんにて頒布されましたぁ。

今回もにわかに需要が増したオンラインセッション特集とミニシナリオを中心に、さまざまなノウハウやTips、レポートが揃ってますぅ。

主な内容は以下のようなものですぅ。

オンセ入門その入門
オンラインセッションとはなんぞやという話。
オンセの準備をしよう!
オンラインセッションで準備した方が楽なもの、あるいは準備しなくてもいいものについての話。
テキセを楽しもう!
テキストを使ったオンラインセッションでのノウハウ集。
オンラインセッションをテキストオンリーでやってみて感じたポイント
実際にオンラインセッションをやってみた人によるレポート。
掲示板にXYZ
掲示板などを使って時間差でセッション処理をするためのノウハウ
私の頭の中の劇場
マップなどを使わずに遭遇を処理する、脳内劇場についてのアドバイス。
ファンデルヴァーその後
『ファンデルヴァーの失われた鉱山』を終えてから、その続きをやるためのアドバイス。
有利/不利って実際どのくらい有利で不利なの? 解析してみた
有利や不利が実際はどのくらい数値に影響するのかを計算したレポート。
畜生! どうしてこんなに戦闘が厳しいんだ!?
低レベル時の遭遇を作るにあたってのアドバイス。
d20モダンをエベロンを参考にしたりして、過去版シナリオで第5版でやってみよう!
現代風の世界をエベロンなどのサプリメントを使って遊ぶためのノウハウ。
海外サプリ特集!
公式のコンテンツプラットフォーム、Dungeon Masters Guildで入手可能な有志のサプリメントを紹介する。
単発アドベンチャー紹介
ネットで入手可能な、1回~数回のセッションで終わるアドベンチャーを紹介する。
D&Dの背景世界について
D&Dで展開されているさまざまな背景世界を紹介する。
プレーンシフト・セッティング イクサラン ミニシナリオ「黄昏の小太陽」
マジック:ザ・ギャザリングのイクサランを舞台にした2レベル向けアドベンチャー。
プレーンシフト・セッティング イニストラード ミニシナリオ「愛は嘆きの野に眠る」
マジック:ザ・ギャザリングのイニストラードを舞台にした2レベル向けアドベンチャー。
プレーンシフト・セッティング アモンケット ミニシナリオ「毒牙へ踏み込め」
マジック:ザ・ギャザリングのアモンケットを舞台にした1レベル向けアドベンチャー。
パグマイア ミニシナリオ「伝説のビタワンを求めて」
パグマイアRPGの1レベル向けアドベンチャー。

今回もイエローサブマリンさんに1650円で委託をしていますぅ。通販もあるので、ぜひよろしくお願いしますぅ。

§ [DnD][5e] アドベンチャー:降り立つ者(4~6レベル)

今週の小冒険はデーモンを顕現させる教団との戦いですぅ。

データ系はOGLを使ってるので、そちらの参考にもどうぞですぅ。

冒険の概要

この冒険は4~6レベル程度のキャラクター向けの短時間で終わるアドベンチャーである。

キャラクターたちは近隣の混沌崇拝者たちに号令をかけていた存在を倒す使命を得る。彼らの根城ではデーモンのヴロックが降臨し、この地にさらなる混沌を導こうとしている。これを倒せば冒険は成功となる。

冒険への導入

前回の『混沌が染み出す洞』の熱狂的狂信者が密書を持っていたことにしたり、キャラクターが前の冒険の敵が教団員と繋がりがあり、密書を持っていたことにしてもいい。

このアドベンチャーのみでプレイする場合、前の冒険の敵が混沌の信奉者だったことにするといい。

この密書の処遇について有力者に相談すれば、成功報酬500gpで彼らの撃滅を依頼される。

1.教団の拠点へ

密書には混沌の教団がこの地方で拠点にしている土地、アルテンの古塚の位置が記されており、ここを囲むように混沌の力を解放すればより強いデーモンが顕現すると描かれている。

アルテンの古塚はかつてこの地にあった文明の遺産で、内部には石室が、その上には用途不明の環状列石があることで有名である。

2.石室への入口

石室への入口は4人のオーク、2人のオーガが警備している。

1時間以上歩き回るなら、混沌の影響で凶暴化した動物を出して軽く戦闘などをしてもいいだろう。

オーク

中型・人型生物(オーク)、混沌にして悪


AC:13(ハイド・アーマー)

hp:15(2d8+6)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
16(+3) 12(+1) 16(+3) 7(-2) 11(+0) 10(+0)

技能:〈威圧〉+2

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉10

言語:共通語、オーク語

脅威度:1/2(100XP)


侵攻:ボーナス・アクションで、オークのツェルプはそれの見ることができる敵対しているクリーチャーに近づくように、自分の移動速度まで移動することができる。

アクション

グレートアックス:近接武器攻撃:攻撃+5、間合い5フィート、目標1体。ヒット:9(1d12+3)[斬撃]ダメージ。

ジャヴェリン:近接/遠隔武器攻撃:攻撃+5、間合い5フィートまたは30/120フィート、目標1体。ヒット:6(1d6+3)[刺突]ダメージ。

オーガ

大型・巨人、混沌にして悪


AC:11(ハイド・アーマー)

hp:59(7d10+21)

移動速度:40フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
19(+4) 8(-1) 16(+3) 5(-3) 7(-2) 7(-2)

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉8

言語:共通語、巨人語

脅威度:2(450XP)


アクション

グレートクラブ:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:13(2d8+4)[殴打]ダメージ。

ジャヴェリン:近接/遠隔武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィートまたは射程30/120フィート、目標1体。ヒット:11(2d6+4)[刺突]ダメージ。

3.石室

アルテンの塚の石室には、幾重もの円が互いに波紋を描くような文様が描かれ、その中心部に血まみれのくさびが打ち込まれている。これはこの世界に混沌を呼び込むための儀式である。

くさびからは黒く光る混沌の泥が染み出しており、床にまで流れ出している。この泥に触れたクリーチャーは難易度10の【判断力】セーヴィング・スローを行ない、失敗した場合、属性が混沌にして悪となる。この変化は1d4日の間続く。

ここには混沌を染み出させている張本人の熱狂的狂信者と護衛のバグベア2人がおり、キャラクターが来れば戦いを挑んでくる。

熱狂的狂信者は2個の魔法のアイテムを持っている。

ここの儀式に使われているくさびをすべて引き抜けば、「4.環状列石」にいるヴロックはhpが半減する。

熱狂的狂信者

中型・人型生物(任意の種族)、任意の善ではない属性


AC:13(レザー・アーマー)

hp:33(6d8+6)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
11(+0) 14(+2) 12(+1) 10(+0) 13(+1) 14(+2)

技能:〈宗教〉+2、〈説得〉+4、〈ペテン〉+4

感覚:受動〈知覚〉11

言語:1つ(普通は共通語)

脅威度:2(450XP)


闇への献身:熱狂的狂信者は恐怖状態および魅了状態へのセーヴィング・スローに有利を得る。

呪文発動:熱狂的狂信者は9レベルの術者である。この呪文発動能力値は【知力】である(呪文セーヴ難易度15、呪文攻撃+7)。アルラメリスは以下のウィザード呪文を準備している。

初級呪文(無限回):セイクリッド・フレイムソーマタージーライト

1レベル(4スロット):インフリクト・ウーンズコマンドシールド・オヴ・フェイス

2レベル(3スロット):スピリチュアル・ウェポンホールド・パースン

アクション

複数回攻撃:熱狂的狂信者は2回の近接攻撃を行なう。

ダガー:近接武器攻撃:攻撃+4、間合い5フィートあるいは射程20/60フィート、目標1体。ヒット:4(1d4+2)[刺突]ダメージ。

バグベア

中型・人型生物(ゴブリン類)、混沌にして悪


AC:16(ハイド・アーマー、シールド)

hp:27(5d8+5)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
15(+2) 14(+2) 13(+1) 8(-1) 11(+0) 9(-1)

技能:〈隠密〉+6、〈生存〉+2

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉10

言語:共通語、ゴブリン語

脅威度:1(200XP)


獰猛:バグベアが近接武器攻撃をヒットさせたら、そのダメージにダイスを1つ追加する(攻撃には計算済み)。

不意討ち攻撃:バグベアが戦闘の最初のラウンドにクリーチャーを不意討ちして攻撃したなら、目標は追加で7(2d6)ダメージを受ける。

アクション

モーニングスター:近接武器攻撃:攻撃+4、間合い5フィート、目標1体。ヒット:11(2d8+2)[刺突]ダメージ。

ジャヴェリン:近接/遠隔武器攻撃:攻撃+4、間合い5フィートまたは射程30/120フィート、目標1体。ヒット:9(2d6+2)[刺突]ダメージ、遠隔の場合は5(1d6+2)[刺突]ダメージ。

4.環状列石

所々が崩れた環状列石の中央部には、黒く光る泥の中に人型に鳥の頭と翼を持つデーモン、ヴロックが顕現し、その周囲にドレッチ4体が従っている。

ヴロック

大型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:15(外皮)

hp:104(11d10+44)

移動速度:40フィート、飛行60フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
17(+3) 15(+2) 18(+4) 8(-1) 13(+1) 8(-1)

セーヴィング・スロー:【敏】+5、【判】+4、【魅】+2

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気];非魔法的な攻撃による[殴打]、[斬撃]、および[刺突]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:暗視120フィート、受動〈知覚〉11

言語:深淵語、テレパシー60フィート

脅威度:6(2300XP)


魔法抵抗:ヴロックは呪文およびその他の魔法効果へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

複数回攻撃:ヴロックは1回のくちばしおよび1回の鉤爪で、2回の攻撃を行なう。

くちばし:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:10(2d6+3)[刺突]ダメージ。

鉤爪:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:14(2d10+3)[斬撃]ダメージ。

胞子(再チャージ6):ヴロックは半径15フィートに有毒な胞子を放つ。胞子は角を曲がって広がる。範囲内のクリーチャーすべては難易度14の【耐久力】セーヴィング・スローに成功しなければ、毒状態になる。この毒状態にある間、目標はターンの開始時に5(1d10)[毒]ダメージを受ける。目標はターンの終了時にセーヴィング・スローを再び行なえ、成功すれば自身への効果を終了させる。聖水1本を飲み干しても、目標の効果は終了する。

ドレッチ

小型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:11(外皮)

hp:18(4d6+4)

移動速度:20フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
11(+0) 11(+0) 12(+1) 5(-3) 8(-1) 3(-4)

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉9

言語:深淵語、テレパシー60フィート(深淵語を理解できるクリーチャーのみ)

脅威度:1/4(50XP)


アクション

複数回攻撃:ドレッチは1回の噛みつきおよび1回の爪で、2回の攻撃を行なう。

噛みつき:近接武器攻撃:攻撃+2、間合い5フィート、目標1体。ヒット:3(1d6)[刺突]ダメージ。

爪:近接武器攻撃:攻撃+2、間合い5フィート、目標1体。ヒット:5(2d4)[斬撃]ダメージ。

悪臭の雲(1回/日):不快な緑色のガスがドレッチから半径10フィートに広がる。ガスは角の向こうまで広がり、その範囲は経度の隠蔽である。それは1分か強風で飛散するまで続く。範囲内でターンを開始するクリーチャーは、難易度11の【耐久力】セーヴィング・スローに成功しなければ、次のターン開始時まで毒状態になる。この毒状態の間、目標はそのターンにアクションあるいはボーナス・アクションのどちらかしか行なえず、リアクションを行なえない。

結末

石室の儀式を破壊し、ヴロックを倒せばひとまず脅威は去る。

この記事はOpen Game Licenseに基づいて作成されている。Open Game Licenseに該当するのは、クリーチャーやアイテムの名前やステータスなどである。この記事の他の箇所は個人的な使用を除き、いかなる形式でも許可なく複製することはできない。


2020年11月21日 [長年日記] 編集

§ [DnD][5e] アドベンチャー:捧げられた町(6~8レベル)

今週の小冒険はデーモンが巣くう次元界へと転移させられつつある町を救う冒険ですぅ。

データ系はOGLを使ってるので、そちらの参考にもどうぞですぅ。

冒険の概要

この冒険は6~8レベル程度のキャラクター向けの短時間で終わるアドベンチャーである。

キャラクターたちが逗留したノウオンの町の地下で混沌を信奉する教団がポータルを開き、町とその周辺を他の次元界に堕とそうとする。キャラクターが教団員やデーモンと戦い、この企てを阻止すれば冒険は成功となる。

冒険への導入

前回の『降り立つ者』をプレイした場合、ヴロックの召喚をしていた環状列石に、血文字で今回の舞台となるノウオンへ降り立つよう書かれていたことにすれば、教団の脅威を演出できるだろう。

このアドベンチャーのみでプレイする場合、たまたま宿泊した町で起こったことにするとよい。

1.ノウオンの町

ノウオンは人口3000人で、昔からその地位にあるヒューマンの領主家が統治している。特記すべきところがない街道沿いの共同体である。

しかし、領主館の地下には遙か昔に建造された異次元へのポータル後が埋まっている。正確には、ポータル施設の遺構が領主館の土台に使われたのだ。

2.前兆と騒乱

キャラクターたちがノウオンにやって来たときには、既にポータルの起動が始まっている。難易度15の【判断力】〈知覚〉判定に成功した者は、ドブ川と硫黄の臭いが混じったような気分の悪くなる臭気を感じる。

町やその周囲には、ところどころ黒光りする泥が滲み出ている。この泥に触れたクリーチャーは難易度10の【判断力】セーヴィング・スローを行ない、失敗した場合、属性が混沌にして悪となる。この変化は1d4日の間続く。

町に入ったキャラクターは、広場で騒乱が起こっていることに気づく。これは黒光りする泥に触れた者の属性が変化し、辺り構わず攻撃を始めて発生したものだ。

腕の立ちそうなキャラクターたちの存在を見つけた近くの者たちは、彼らの手助けを求める。これを収めるには、10人の一般人を拘束しなければならない。

一般人

中型・人型生物(任意の種族)、任意の属性


AC:10

hp:4(1d8)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
10(+0) 10(+0) 10(+0) 10(+0) 10(+0) 10(+0)

感覚:受動〈知覚〉10

言語:任意の言語1つ(普通は共通語)

脅威度:0(10XP)


アクション

クラブ:近接武器攻撃:攻撃+2、間合い5フィート、目標1体。ヒット:2(1d4)[殴打]ダメージ。

3.次元の滑落

広場の騒乱は、キャラクターたちが介入するか、あるいは数分経って現われる衛兵によって収められる。

しかし、空間のきしみはいっそう強くなり、ガラスが割れるかのように空間にひびが入り、そこから金切り声を上げて2体のヴロックが降り立ってくる。

ヴロックたちは広場で思うさま虐殺を楽しもうとする。そうすれば次元界の揺らぎを強くできるのはもちろん、彼らも楽しめるからだ。もちろん、ヴロックはキャラクターたちも攻撃してくる。

ヴロック

大型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:15(外皮)

hp:104(11d10+44)

移動速度:40フィート、飛行60フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
17(+3) 15(+2) 18(+4) 8(-1) 13(+1) 8(-1)

セーヴィング・スロー:【敏】+5、【判】+4、【魅】+2

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気];非魔法的な攻撃による[殴打]、[斬撃]、および[刺突]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:暗視120フィート、受動〈知覚〉11

言語:深淵語、テレパシー60フィート

脅威度:6(2300XP)


魔法抵抗:ヴロックは呪文およびその他の魔法効果へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

複数回攻撃:ヴロックは1回のくちばしおよび1回の鉤爪で、2回の攻撃を行なう。

くちばし:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:10(2d6+3)[刺突]ダメージ。

鉤爪:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:14(2d10+3)[斬撃]ダメージ。

胞子(再チャージ6):ヴロックは半径15フィートに有毒な胞子を放つ。胞子は角を曲がって広がる。範囲内のクリーチャーすべては難易度14の【耐久力】セーヴィング・スローに成功しなければ、毒状態になる。この毒状態にある間、目標はターンの開始時に5(1d10)[毒]ダメージを受ける。目標はターンの終了時にセーヴィング・スローを再び行なえ、成功すれば自身への効果を終了させる。聖水1本を飲み干しても、目標の効果は終了する。

4.ポータルの遺跡へ

ヴロックを倒したり広場から逃げ出した頃には、町の周辺は黒く光る膜のようなもので覆われ、そこから外には出られなくなっている。

キャラクターたちが難易度20の【知力】〈歴史〉判定に成功すれば、ノウオンの領主館が古代遺跡の上に築かれていることがわかる。

あるいは、ノウオンの領主であるユマイズと話せば、館の土台には遺跡があることを教えてもらえる。騒乱を収めたりヴロックを倒す手柄を立てていれば、異変に混乱する中でも容易に会見できるだろう。

5.遺跡内部へ

領主館が建つ丘のへりには、遺跡へ続く隧道がある。その中は幾何学模様の浮き彫りがびっしりと彫り込まれており、ポータルの起動に連動してぼんやりと光を放っている。

通路の途中には熱狂的狂信者に率いられた8人の狂信者が陣取り、死ぬ気で戦いを挑んでくる。

狂信者

中型・人型生物、善ではない好きな属性


AC:12(レザー・アーマー)

hp:9(2d8)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
11(+0) 12(+1) 10(+0) 10(+0) 11(+0) 10(+0)

技能:〈宗教〉+2、〈ペテン〉+2

感覚:受動〈知覚〉10

言語:1つ(普通は共通語)

脅威度:1/8(25XP)


闇への献身:狂信者は恐怖状態および魅了状態へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

シミター:近接武器攻撃:攻撃+3、間合い5フィート、目標1体。ヒット:4(1d6+1)[斬撃]ダメージ。

熱狂的狂信者

中型・人型生物(任意の種族)、任意の善ではない属性


AC:13(レザー・アーマー)

hp:33(6d8+6)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
11(+0) 14(+2) 12(+1) 10(+0) 13(+1) 14(+2)

技能:〈宗教〉+2、〈説得〉+4、〈ペテン〉+4

感覚:受動〈知覚〉11

言語:1つ(普通は共通語)

脅威度:2(450XP)


闇への献身:熱狂的狂信者は恐怖状態および魅了状態へのセーヴィング・スローに有利を得る。

呪文発動:熱狂的狂信者は9レベルの術者である。この呪文発動能力値は【知力】である(呪文セーヴ難易度15、呪文攻撃+7)。熱狂的狂信者は以下のクレリック呪文を準備している。

初級呪文(無限回):セイクリッド・フレイムソーマタージーライト

1レベル(4スロット):インフリクト・ウーンズコマンドシールド・オヴ・フェイス

2レベル(3スロット):スピリチュアル・ウェポンホールド・パースン

アクション

複数回攻撃:熱狂的狂信者は2回の近接攻撃を行なう。

ダガー:近接武器攻撃:攻撃+4、間合い5フィートあるいは射程20/60フィート、目標1体。ヒット:4(1d4+2)[刺突]ダメージ。

4.待っていた者

領主館の地下には巨大な広間があり、その中心には黒く光るものが渦巻いている。その周囲にはポータルを開くために自らを贄に捧げた狂信者たちが折り重なるように倒れている。

そしてポータルのすぐそばには、これまでの事件を企み、この地方にあった次元の歪みを拡大し続けてきたグラブレズゥがいる。これまで次元の歪みを発生させていたいくつかの事件は、ノウオンのポータルを開くための準備だったのだ。

グラブレズゥはキャラクターたちを見つけると襲いかかってくる。グラブレズゥとの戦闘が始まると、次のラウンドから1ラウンドに1d4体のドレッチがポータルからわき出してくる。

グラブレズゥ

大型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:17(外皮)

hp:157(15d10+75)

移動速度:40フィート、飛行60フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
20(+5) 15(+2) 21(+5) 19(+4) 17(+3) 16(+3)

セーヴィング・スロー:【筋】+9、【耐】+9、【判】+7、【魅】+7

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気];非魔法的な攻撃による[殴打]、[斬撃]、および[刺突]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:超視覚120フィート、受動〈知覚〉13

言語:深淵語、テレパシー120フィート

脅威度:9(5000XP)


生得呪文発動:グラブレズゥの呪文発動能力値は【知力】である(呪文セーヴ難易度16)。グラブレズゥは以下の呪文を、物質構成要素なしに生得で発動できる。

無限回:ダークネスディスペル・マジックディテクト・マジック

1回/日:コンフュージョンパワー・ワード・スタンフライ

2レベル(3スロット):スピリチュアル・ウェポンホールド・パースン

魔法抵抗:ヴロックは呪文およびその他の魔法効果へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

複数回攻撃:グラブレズゥは2回のはさみおよび2回のこぶしで、4回の攻撃を行なう。あるいはそれに代え、2回のはさみ攻撃および1回の呪文発動を行なう。

はさみ:近接武器攻撃:攻撃+9、間合い10フィート、目標1体。ヒット:16(2d10+5)[殴打]ダメージ。目標が中型以下のクリーチャーの場合、それはつかまれた状態(脱出難易度15)になる。グラブレズゥは2本のはさみを餅、それぞれで1つの目標をつかめる。

こぶし:近接武器攻撃:攻撃+9、間合い5フィート、目標1体。ヒット:7(2d4+2)[殴打]ダメージ。

ドレッチ

小型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:11(外皮)

hp:18(4d6+4)

移動速度:20フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
11(+0) 11(+0) 12(+1) 5(-3) 8(-1) 3(-4)

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉9

言語:深淵語、テレパシー60フィート(深淵語を理解できるクリーチャーのみ)

脅威度:1/4(50XP)


アクション

複数回攻撃:ドレッチは1回の噛みつきおよび1回の爪で、2回の攻撃を行なう。

噛みつき:近接武器攻撃:攻撃+2、間合い5フィート、目標1体。ヒット:3(1d6)[刺突]ダメージ。

爪:近接武器攻撃:攻撃+2、間合い5フィート、目標1体。ヒット:5(2d4)[斬撃]ダメージ。

悪臭の雲(1回/日):不快な緑色のガスがドレッチから半径10フィートに広がる。ガスは角の向こうまで広がり、その範囲は経度の隠蔽である。それは1分か強風で飛散するまで続く。範囲内でターンを開始するクリーチャーは、難易度11の【耐久力】セーヴィング・スローに成功しなければ、次のターン開始時まで毒状態になる。この毒状態の間、目標はそのターンにアクションあるいはボーナス・アクションのどちらかしか行なえず、リアクションを行なえない。

結末

グラブレズゥを倒し、物質界の側を止めてもポータルは停止しない。内部へ乗り込むしかないだろう。

この記事はOpen Game Licenseに基づいて作成されている。Open Game Licenseに該当するのは、クリーチャーやアイテムの名前やステータスなどである。この記事の他の箇所は個人的な使用を除き、いかなる形式でも許可なく複製することはできない。


2020年11月27日 [長年日記] 編集

§ [Ludus] 九州コミティア4新刊入稿

うなぎむらの九州コミティア4新刊『流火留別』を入稿したので、12月13日は西展でお待ちしてますぅ。

『流火留別』は『孟夏賦』から続く1990年代を舞台にして中学生の女の子が大学生のお姉さんに導かれ、妖しい趣味の世界を覗く平成レトロホビー百合シリーズ最新作で、ふたりはついに旅行に行くことになるですぅ。


2020年11月28日 [長年日記] 編集

§ [DnD][5e] アドベンチャー:次元潮汐(8~10レベル)

今週の小冒険はデーモンが巣くう次元界、黒泥海での冒険ですぅ。

データ系はOGLを使ってるので、そちらの参考にもどうぞですぅ。

冒険の概要

この冒険は8~10レベル程度のキャラクター向けの短時間で終わるアドベンチャーである。

デーモンの巣くう次元界、黒泥海では物質界への道を封印してきたポータルが解放されたため、デーモンたちが物質界へ攻め込もうとしている。

キャラクターたちはこのデーモンたちの間をかいくぐり、物質界と黒泥海の両側でポータルの繋がり維持している双子のグラブレズゥの片割れを倒さなければならない。双子のグラブレズゥを倒し、ポータルを再封印すれば冒険は成功となる。

冒険への導入

前回の『捧げられた町』の最後に出てきたポータルの内部をこの次元界とするのがいい。『捧げられた町』でポータルの近くにいたグラブレズゥが、双子の片割れである。

このアドベンチャーのみでプレイする場合、黒泥海に冒険へやってきたことにするといいだろう。

1.ポータルの近く

黒泥海側のポータルは、漆黒の水が打ち寄せる浜辺にある。この次元界にある水は混沌にして悪の属性を含んだ生命の素のようなもので、この水やそれによって形作られた泥に触れたクリーチャーは難易度10の【判断力】セーヴィング・スローを行ない、失敗した場合、属性が混沌にして悪となる。この変化は1d4日の間続く。

ポータルの近くには物質界で暴れようとしているデーモンたちが我先にと殺到し、殺し合いを行なっている。周囲は大騒ぎになっているため、難易度20の【敏捷力】〈隠密〉判定に成功すれば、デーモンたちに気づかれず通り抜けることができる。失敗した場合、ヴロック三兄弟を名乗る3体のヴロックが因縁をつけてくる。彼らはヒット・ポイントが半減すると飛んで逃げ去ろうとする。

ヴロック

大型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:15(外皮)

hp:104(11d10+44)

移動速度:40フィート、飛行60フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
17(+3) 15(+2) 18(+4) 8(-1) 13(+1) 8(-1)

セーヴィング・スロー:【敏】+5、【判】+4、【魅】+2

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気];非魔法的な攻撃による[殴打]、[斬撃]、および[刺突]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:暗視120フィート、受動〈知覚〉11

言語:深淵語、テレパシー60フィート

脅威度:6(2300XP)


魔法抵抗:ヴロックは呪文およびその他の魔法効果へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

複数回攻撃:ヴロックは1回のくちばしおよび1回の鉤爪で、2回の攻撃を行なう。

くちばし:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:10(2d6+3)[刺突]ダメージ。

鉤爪:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:14(2d10+3)[斬撃]ダメージ。

胞子(再チャージ6):ヴロックは半径15フィートに有毒な胞子を放つ。胞子は角を曲がって広がる。範囲内のクリーチャーすべては難易度14の【耐久力】セーヴィング・スローに成功しなければ、毒状態になる。この毒状態にある間、目標はターンの開始時に5(1d10)[毒]ダメージを受ける。目標はターンの終了時にセーヴィング・スローを再び行なえ、成功すれば自身への効果を終了させる。聖水1本を飲み干しても、目標の効果は終了する。

2.黒泥海にて

黒泥海はそのほとんどが黒い水に満ち、わずかな島に水から生み出されたデーモンが住んでいる次元界である。

双子のグラブレズゥの片割れはポータルがある島の中央部にある塔で、ポータルの維持を行なっている。この塔からは禍々しい輝きが空に向かって放たれており、難易度20の【知力】〈魔法学〉判定に成功すれば、それが次元界の力を操っているものだとわかる。

塔へ向かうとき、GMはさまざまなデーモンとの遭遇を準備してもいいだろう。

3.塔の外周

塔の周辺は泥水が渦巻いており、キャラクターが近づくと大きな蛙のようなデーモン、ヘズロウが這い出してくる。

ヘズロウ

大型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:16(外皮)

hp:136(13d10+65)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
19(+4) 17(+3) 20(+5) 5(-3) 12(+1) 13(+1)

セーヴィング・スロー:【筋】+5、【耐】+8、【判】+4

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気];非魔法的な攻撃による[殴打]、[斬撃]、および[刺突]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:暗視120フィート、受動〈知覚〉11

言語:深淵語、テレパシー120フィート

脅威度:8(3900XP)


悪臭:ヘズロウから10フィート以内でターンを開始したクリーチャーは、難易度14の【耐久力】セーヴィング・スローに成功しなければ次のターンの開始時まで毒状態になる。セーヴィング・スローに成功した場合、そのクリーチャーは24時間ヘズロウの悪臭への完全耐性を得る。

魔法抵抗:ヘズロウは呪文およびその他の魔法効果へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

複数回攻撃:ヘズロウは1回の噛みつきおよび2回の鉤爪で、3回の攻撃を行なう。

噛みつき:近接武器攻撃:攻撃+7、間合い5フィート、目標1体。ヒット:15(2d10+4)[刺突]ダメージ。

鉤爪:近接武器攻撃:攻撃+7、間合い5フィート、目標1体。ヒット:11(2d6+3)[斬撃]ダメージ。

4.門の塔

光を放つ塔の中では、ヴロックとヘズロウを護衛につけたグラブレズゥがポータル解放の儀式を行なっている。

グラブレズゥはヴロックとヘズロウを矢面に立たせ、ポータルの維持に徹している。ポータルの維持は精神集中を必要とし、ダメージを受けると難易度10あるいは受けたダメージを難易度とする【耐久力】判定に成功しなければ、グラブレズゥはポータルの維持を一旦中断せざるをえなくなる。この状態で再びポータル維持の儀式を10分で行なわなければ、1d4日後にポータルは消失する。

ヴロック

大型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:15(外皮)

hp:104(11d10+44)

移動速度:40フィート、飛行60フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
17(+3) 15(+2) 18(+4) 8(-1) 13(+1) 8(-1)

セーヴィング・スロー:【敏】+5、【判】+4、【魅】+2

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気];非魔法的な攻撃による[殴打]、[斬撃]、および[刺突]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:暗視120フィート、受動〈知覚〉11

言語:深淵語、テレパシー60フィート

脅威度:6(2300XP)


魔法抵抗:ヴロックは呪文およびその他の魔法効果へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

複数回攻撃:ヴロックは1回のくちばしおよび1回の鉤爪で、2回の攻撃を行なう。

くちばし:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:10(2d6+3)[刺突]ダメージ。

鉤爪:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:14(2d10+3)[斬撃]ダメージ。

胞子(再チャージ6):ヴロックは半径15フィートに有毒な胞子を放つ。胞子は角を曲がって広がる。範囲内のクリーチャーすべては難易度14の【耐久力】セーヴィング・スローに成功しなければ、毒状態になる。この毒状態にある間、目標はターンの開始時に5(1d10)[毒]ダメージを受ける。目標はターンの終了時にセーヴィング・スローを再び行なえ、成功すれば自身への効果を終了させる。聖水1本を飲み干しても、目標の効果は終了する。

ヘズロウ

大型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:16(外皮)

hp:136(13d10+65)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
19(+4) 17(+3) 20(+5) 5(-3) 12(+1) 13(+1)

セーヴィング・スロー:【筋】+5、【耐】+8、【判】+4

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気];非魔法的な攻撃による[殴打]、[斬撃]、および[刺突]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:暗視120フィート、受動〈知覚〉11

言語:深淵語、テレパシー120フィート

脅威度:8(3900XP)


悪臭:ヘズロウから10フィート以内でターンを開始したクリーチャーは、難易度14の【耐久力】セーヴィング・スローに成功しなければ次のターンの開始時まで毒状態になる。セーヴィング・スローに成功した場合、そのクリーチャーは24時間ヘズロウの悪臭への完全耐性を得る。

魔法抵抗:ヘズロウは呪文およびその他の魔法効果へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

複数回攻撃:ヘズロウは1回の噛みつきおよび2回の鉤爪で、3回の攻撃を行なう。

噛みつき:近接武器攻撃:攻撃+7、間合い5フィート、目標1体。ヒット:15(2d10+4)[刺突]ダメージ。

鉤爪:近接武器攻撃:攻撃+7、間合い5フィート、目標1体。ヒット:11(2d6+3)[斬撃]ダメージ。

グラブレズゥ

大型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:17(外皮)

hp:157(15d10+75)

移動速度:40フィート、飛行60フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
20(+5) 15(+2) 21(+5) 19(+4) 17(+3) 16(+3)

セーヴィング・スロー:【筋】+9、【耐】+9、【判】+7、【魅】+7

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気];非魔法的な攻撃による[殴打]、[斬撃]、および[刺突]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:超視覚120フィート、受動〈知覚〉13

言語:深淵語、テレパシー120フィート

脅威度:9(5000XP)


生得呪文発動:グラブレズゥの呪文発動能力値は【知力】である(呪文セーヴ難易度16)。グラブレズゥは以下の呪文を、物質構成要素なしに生得で発動できる。

無限回:ダークネスディスペル・マジックディテクト・マジック

1回/日:コンフュージョンパワー・ワード・スタンフライ

2レベル(3スロット):スピリチュアル・ウェポンホールド・パースン

魔法抵抗:ヴロックは呪文およびその他の魔法効果へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

複数回攻撃:グラブレズゥは2回のはさみおよび2回のこぶしで、4回の攻撃を行なう。あるいはそれに代え、2回のはさみ攻撃および1回の呪文発動を行なう。

はさみ:近接武器攻撃:攻撃+9、間合い10フィート、目標1体。ヒット:16(2d10+5)[殴打]ダメージ。目標が中型以下のクリーチャーの場合、それはつかまれた状態(脱出難易度15)になる。グラブレズゥは2本のはさみを餅、それぞれで1つの目標をつかめる。

こぶし:近接武器攻撃:攻撃+9、間合い5フィート、目標1体。ヒット:7(2d4+2)[殴打]ダメージ。

結末

黒泥海でポータルを維持するグラブレズゥを倒せば、あとの脅威は物質界にいる双子のみだ。それも倒しているなら、キャラクターたちはデーモンどもの侵略から物質界を守ることに成功した。おめでとう。

この記事はOpen Game Licenseに基づいて作成されている。Open Game Licenseに該当するのは、クリーチャーやアイテムの名前やステータスなどである。この記事の他の箇所は個人的な使用を除き、いかなる形式でも許可なく複製することはできない。