ネコぶんこ


2012年11月21日 医療保険がないことからくる憂鬱症。 編集

§ [DnD][4e] 2012年10月07日(無題)

アゼリ・アダナ(ロングトゥース・シフターのガーディアン/ウォーデン/ホーンド・チャンピオン/エグゾールテッド・エンジェル22):。嵐や吹雪などいろいろな現象を起こして周囲の味方を護る自然の戦士。ケモ要員。プレイヤはアシタカ氏。

エスペランザ(エラドリンのスカラー/メイジ/スペルストーム・メイジ/エルフ・ハイ・メイジ22):冷気も好きだけど手広く属性を使えるようになった秘術使い。トリガーハッピー。プレイヤは荒原の賢者氏。

グスタフ・トラップ(ヒューマンのグルームロート・エミッサリー/シーフ/パラゴン・シーフ/レジェンダリィ・シーフ22):速くて痛い弓使いから転向した二刀流剣士。装甲は心許ない。バックスタブ人生。プレイヤは森聖氏。

セヴン(ドワーフのマーセナリー/ウォーロード/キャプテン・オヴ・フォーチュン/ウォーマスター22):斧を偏愛するドワーフ。飛び込んできた敵はひどい目にあう。キャプテンにしてジェネラルにしてマスター。流しの将軍をやっている。プレイヤは隠者氏。

ウォーウィングの覚醒をくわだてる堕ちたデーヴァとスラードたちの陰謀が阻まれた時期よりすこし後、影界では大事件が起こっていた。

影界の静寂を好むフェイたちが住む音無しの森を“骨焼きの炉”と呼ばれる火山をねぐらとするエルダー・レッド・ドラゴン“影の炎”スチャイセンが魔物の軍勢を率いて焼き払ったのだ。

かの古き赤竜が略奪をその性としているのは影界の長老たちもよく知るところであり、最初はよくある気まぐれだと考えられていた。文明がひとつ滅びても、それは竜がそれだけ強いだけのことであると。

だが、今回はいつもと様子が違っていた。通常ならばめぼしい財宝を我が物とした竜はそれをねぐらに持ち帰るものだが、スチャイセンは炭と灰だけになった音無しの森に居据わったのだ。森の跡地は竜のまとう力がそうしているのか炎の嵐が荒れ狂い、炎を逃れた植物の種子が芽吹くことすら許されぬ地となった。

ここにきてようやく影界の長老たちも事態の異常さに気づいた。彼らは事態を収拾する力を借りるため影界出身者を先祖に持ち、物質界で盗賊ギルドを束ねているグスタフ・トラップに使者を出した。

同じ頃、エスペランザは音無し森を襲った破壊から逃れて彼の次元界に逃れてきたフェイたちを保護していた。彼らが古き火竜の話をすると、エスペランザは不遜な竜に制裁を与えるため旅の支度を始めた。

流しの大司馬をしているセヴンは前回の戦いが終わった後も逗留していた万軍殿でブロートから影界の探索を依頼され、アゼリは物質界にすら山火事や植物の立ち枯れという形で影響を及ぼし始めた力を追って影界へとやってきた。

かくして神話の英雄たちは影界の辺境、深閑の砦へと集う。

ウォーウィングの探索から一ヵ月後のことであった。

おのおのが道すがら集めてきた情報を総合すると、スチャイセンは“この世にふたつとないもの”を蒐集が何よりの楽しみらしい。そして不幸なことに音無しの森では“それ”が民の気づかぬ間に生成されていたのだ。

フェイたちが長くいとなんできた生の力が凝って生じたそれは宗教家たちからは世界卵と呼ばれ、一部の学者が量子ゆらぎと名づけ、自然の精霊と心通わすものは世界樹の芽として認識する次元界を生成できるほどの可能性を裡に秘めた可能性の種子だった。竜はそれを我が物とするためにフェイの文明ひとつを滅ぼしたのである。

その一方でスチャイセンは彼が持つ絶大な炎の力を崇拝するトゥルガーやオークなどの魔物を多く膝下に従え、彼らに己が仮のねぐらである焼け爛れた森の周囲を護らせている。これを突破するかパーティがスチャイセンの首級を挙げるまでの時間稼ぎをするためにも、彼らに匹敵する軍勢が必要なのは明らかだった。

グスタフは部下に檄文を印刷させてばらまかせ、セヴンはその顔ひとつで彼とともに戦うことを望む命知らずの傭兵たちを集める。アゼリは集まってきた者たちを適材適所へ配置し、さきの戦いで負傷したフェイたちには治療を施すかたわら赤竜軍の構成を聞き出していた。

こうして影界の辺境にたったの三日で大軍勢が集結した。

一方、スチャイセンの紡ぐ魔法が気になったエスペランザが構造を解析すると、竜は世界卵起動式を影界の中でしかも強引に展開しようとしていることが判った。おそらく永遠に彼の存在を世界に刻み込む火山でも創造するつもりだろうが、強引な用法を力技の塊で廻す式は世界にゆがみを生じさせていた。その表出が物質界にまで及ぶ異変である。もしスチャイセンの式が完成すれば、その発動でこれまでよりも悲惨な事態すら起こりかねない。それに何よりその式には彼の愛する精妙な技巧がないことが、エスペランザを怒らせた。

彼は世界卵を非活性状態にする収束式を準備し、軍に合流した。

スチャイセン軍との戦いは彼らが友誼を結んだ同格の者たちまで戦場に駆けつけた英雄たちの圧倒的な勝利だった。彼らは勢いに乗って友軍が攻めあぐねている敵本陣へ“名無し”の力を借りて空中からの強行突入に成功。トゥルガーに率いられていたオークやエルフ族を虐殺するためだけに創造された怪物であり、スチャイセンの財宝でもあるヴォラキアも降してそのまま竜が陣取る炎の嵐へ突入した。

炎で身を焦がしながら英雄たちは嵐の中心でスチャイセンと対峙する。地上でも既に世界卵が胎動を始めており、強大な力を放っていた。

彼らはスチャイセンの魂を焦がし回復力を失わせる炎の吐息を受けつつも、まずは世界卵に全力で攻撃を加えて停止式を打ち込んだ。

世界卵の停止を確認した赤竜は形勢不利と見て逃亡を試みるが、財宝のために文明を滅ぼすような有害な竜を放置しては寝首も危ないと判断したパーティは彼を地面へ引き倒し、そのままとどめをさした

ここに影界の悪竜は退治され、フェイたちは森をよみがえらせるために先祖が育んできた土地へと戻っていった。

世界卵は影界の長老たちに与えても政争の具になりそうなためエスペランザが冒険の拠点とするための次元界を新たに創造することとなり、新たな世界が誕生した。


2013年11月21日 編集

§ [Promiscuus] さんすうという名の民俗

今日も喧しく繰り返される乗算の順逆論争を見ていると、民俗学要素の入った伝奇やSFでよくある、年月が経つにされて曖昧になり自分でも詳しいことはわからない物語を伝える語り部が若者から曖昧な部分を質問され、語り部が自分の知識や認識の範囲内で理屈をつけて質問に答えるうちに物語の意味が変質していき、そうこうしているうちにその村へやってきた別の伝承を持つ民や物語の原典を持つ探険家が驚いているような趣があるですぅ。


2014年11月21日 編集

§ [Ludus] そういう予感が離れない

PSYCHO-PASS 2』は日航機123便事故類似の陰謀論ネタでもやってくるんじゃろうかという雰囲気をとても強く感じてしまうですぅ。


2020年11月21日 編集

§ [DnD][5e] アドベンチャー:捧げられた町(6~8レベル)

今週の小冒険はデーモンが巣くう次元界へと転移させられつつある町を救う冒険ですぅ。

データ系はOGLを使ってるので、そちらの参考にもどうぞですぅ。

冒険の概要

この冒険は6~8レベル程度のキャラクター向けの短時間で終わるアドベンチャーである。

キャラクターたちが逗留したノウオンの町の地下で混沌を信奉する教団がポータルを開き、町とその周辺を他の次元界に堕とそうとする。キャラクターが教団員やデーモンと戦い、この企てを阻止すれば冒険は成功となる。

冒険への導入

前回の『降り立つ者』をプレイした場合、ヴロックの召喚をしていた環状列石に、血文字で今回の舞台となるノウオンへ降り立つよう書かれていたことにすれば、教団の脅威を演出できるだろう。

このアドベンチャーのみでプレイする場合、たまたま宿泊した町で起こったことにするとよい。

1.ノウオンの町

ノウオンは人口3000人で、昔からその地位にあるヒューマンの領主家が統治している。特記すべきところがない街道沿いの共同体である。

しかし、領主館の地下には遙か昔に建造された異次元へのポータル後が埋まっている。正確には、ポータル施設の遺構が領主館の土台に使われたのだ。

2.前兆と騒乱

キャラクターたちがノウオンにやって来たときには、既にポータルの起動が始まっている。難易度15の【判断力】〈知覚〉判定に成功した者は、ドブ川と硫黄の臭いが混じったような気分の悪くなる臭気を感じる。

町やその周囲には、ところどころ黒光りする泥が滲み出ている。この泥に触れたクリーチャーは難易度10の【判断力】セーヴィング・スローを行ない、失敗した場合、属性が混沌にして悪となる。この変化は1d4日の間続く。

町に入ったキャラクターは、広場で騒乱が起こっていることに気づく。これは黒光りする泥に触れた者の属性が変化し、辺り構わず攻撃を始めて発生したものだ。

腕の立ちそうなキャラクターたちの存在を見つけた近くの者たちは、彼らの手助けを求める。これを収めるには、10人の一般人を拘束しなければならない。

一般人

中型・人型生物(任意の種族)、任意の属性


AC:10

hp:4(1d8)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
10(+0) 10(+0) 10(+0) 10(+0) 10(+0) 10(+0)

感覚:受動〈知覚〉10

言語:任意の言語1つ(普通は共通語)

脅威度:0(10XP)


アクション

クラブ:近接武器攻撃:攻撃+2、間合い5フィート、目標1体。ヒット:2(1d4)[殴打]ダメージ。

3.次元の滑落

広場の騒乱は、キャラクターたちが介入するか、あるいは数分経って現われる衛兵によって収められる。

しかし、空間のきしみはいっそう強くなり、ガラスが割れるかのように空間にひびが入り、そこから金切り声を上げて2体のヴロックが降り立ってくる。

ヴロックたちは広場で思うさま虐殺を楽しもうとする。そうすれば次元界の揺らぎを強くできるのはもちろん、彼らも楽しめるからだ。もちろん、ヴロックはキャラクターたちも攻撃してくる。

ヴロック

大型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:15(外皮)

hp:104(11d10+44)

移動速度:40フィート、飛行60フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
17(+3) 15(+2) 18(+4) 8(-1) 13(+1) 8(-1)

セーヴィング・スロー:【敏】+5、【判】+4、【魅】+2

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気];非魔法的な攻撃による[殴打]、[斬撃]、および[刺突]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:暗視120フィート、受動〈知覚〉11

言語:深淵語、テレパシー60フィート

脅威度:6(2300XP)


魔法抵抗:ヴロックは呪文およびその他の魔法効果へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

複数回攻撃:ヴロックは1回のくちばしおよび1回の鉤爪で、2回の攻撃を行なう。

くちばし:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:10(2d6+3)[刺突]ダメージ。

鉤爪:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:14(2d10+3)[斬撃]ダメージ。

胞子(再チャージ6):ヴロックは半径15フィートに有毒な胞子を放つ。胞子は角を曲がって広がる。範囲内のクリーチャーすべては難易度14の【耐久力】セーヴィング・スローに成功しなければ、毒状態になる。この毒状態にある間、目標はターンの開始時に5(1d10)[毒]ダメージを受ける。目標はターンの終了時にセーヴィング・スローを再び行なえ、成功すれば自身への効果を終了させる。聖水1本を飲み干しても、目標の効果は終了する。

4.ポータルの遺跡へ

ヴロックを倒したり広場から逃げ出した頃には、町の周辺は黒く光る膜のようなもので覆われ、そこから外には出られなくなっている。

キャラクターたちが難易度20の【知力】〈歴史〉判定に成功すれば、ノウオンの領主館が古代遺跡の上に築かれていることがわかる。

あるいは、ノウオンの領主であるユマイズと話せば、館の土台には遺跡があることを教えてもらえる。騒乱を収めたりヴロックを倒す手柄を立てていれば、異変に混乱する中でも容易に会見できるだろう。

5.遺跡内部へ

領主館が建つ丘のへりには、遺跡へ続く隧道がある。その中は幾何学模様の浮き彫りがびっしりと彫り込まれており、ポータルの起動に連動してぼんやりと光を放っている。

通路の途中には熱狂的狂信者に率いられた8人の狂信者が陣取り、死ぬ気で戦いを挑んでくる。

狂信者

中型・人型生物、善ではない好きな属性


AC:12(レザー・アーマー)

hp:9(2d8)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
11(+0) 12(+1) 10(+0) 10(+0) 11(+0) 10(+0)

技能:〈宗教〉+2、〈ペテン〉+2

感覚:受動〈知覚〉10

言語:1つ(普通は共通語)

脅威度:1/8(25XP)


闇への献身:狂信者は恐怖状態および魅了状態へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

シミター:近接武器攻撃:攻撃+3、間合い5フィート、目標1体。ヒット:4(1d6+1)[斬撃]ダメージ。

熱狂的狂信者

中型・人型生物(任意の種族)、任意の善ではない属性


AC:13(レザー・アーマー)

hp:33(6d8+6)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
11(+0) 14(+2) 12(+1) 10(+0) 13(+1) 14(+2)

技能:〈宗教〉+2、〈説得〉+4、〈ペテン〉+4

感覚:受動〈知覚〉11

言語:1つ(普通は共通語)

脅威度:2(450XP)


闇への献身:熱狂的狂信者は恐怖状態および魅了状態へのセーヴィング・スローに有利を得る。

呪文発動:熱狂的狂信者は9レベルの術者である。この呪文発動能力値は【知力】である(呪文セーヴ難易度15、呪文攻撃+7)。熱狂的狂信者は以下のクレリック呪文を準備している。

初級呪文(無限回):セイクリッド・フレイムソーマタージーライト

1レベル(4スロット):インフリクト・ウーンズコマンドシールド・オヴ・フェイス

2レベル(3スロット):スピリチュアル・ウェポンホールド・パースン

アクション

複数回攻撃:熱狂的狂信者は2回の近接攻撃を行なう。

ダガー:近接武器攻撃:攻撃+4、間合い5フィートあるいは射程20/60フィート、目標1体。ヒット:4(1d4+2)[刺突]ダメージ。

4.待っていた者

領主館の地下には巨大な広間があり、その中心には黒く光るものが渦巻いている。その周囲にはポータルを開くために自らを贄に捧げた狂信者たちが折り重なるように倒れている。

そしてポータルのすぐそばには、これまでの事件を企み、この地方にあった次元の歪みを拡大し続けてきたグラブレズゥがいる。これまで次元の歪みを発生させていたいくつかの事件は、ノウオンのポータルを開くための準備だったのだ。

グラブレズゥはキャラクターたちを見つけると襲いかかってくる。グラブレズゥとの戦闘が始まると、次のラウンドから1ラウンドに1d4体のドレッチがポータルからわき出してくる。

グラブレズゥ

大型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:17(外皮)

hp:157(15d10+75)

移動速度:40フィート、飛行60フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
20(+5) 15(+2) 21(+5) 19(+4) 17(+3) 16(+3)

セーヴィング・スロー:【筋】+9、【耐】+9、【判】+7、【魅】+7

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気];非魔法的な攻撃による[殴打]、[斬撃]、および[刺突]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:超視覚120フィート、受動〈知覚〉13

言語:深淵語、テレパシー120フィート

脅威度:9(5000XP)


生得呪文発動:グラブレズゥの呪文発動能力値は【知力】である(呪文セーヴ難易度16)。グラブレズゥは以下の呪文を、物質構成要素なしに生得で発動できる。

無限回:ダークネスディスペル・マジックディテクト・マジック

1回/日:コンフュージョンパワー・ワード・スタンフライ

2レベル(3スロット):スピリチュアル・ウェポンホールド・パースン

魔法抵抗:ヴロックは呪文およびその他の魔法効果へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

複数回攻撃:グラブレズゥは2回のはさみおよび2回のこぶしで、4回の攻撃を行なう。あるいはそれに代え、2回のはさみ攻撃および1回の呪文発動を行なう。

はさみ:近接武器攻撃:攻撃+9、間合い10フィート、目標1体。ヒット:16(2d10+5)[殴打]ダメージ。目標が中型以下のクリーチャーの場合、それはつかまれた状態(脱出難易度15)になる。グラブレズゥは2本のはさみを餅、それぞれで1つの目標をつかめる。

こぶし:近接武器攻撃:攻撃+9、間合い5フィート、目標1体。ヒット:7(2d4+2)[殴打]ダメージ。

ドレッチ

小型・フィーンド(デーモン)、混沌にして悪


AC:11(外皮)

hp:18(4d6+4)

移動速度:20フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
11(+0) 11(+0) 12(+1) 5(-3) 8(-1) 3(-4)

ダメージ抵抗:[電撃]、[火]、[冷気]

ダメージ完全耐性:[毒]

状態完全耐性:

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉9

言語:深淵語、テレパシー60フィート(深淵語を理解できるクリーチャーのみ)

脅威度:1/4(50XP)


アクション

複数回攻撃:ドレッチは1回の噛みつきおよび1回の爪で、2回の攻撃を行なう。

噛みつき:近接武器攻撃:攻撃+2、間合い5フィート、目標1体。ヒット:3(1d6)[刺突]ダメージ。

爪:近接武器攻撃:攻撃+2、間合い5フィート、目標1体。ヒット:5(2d4)[斬撃]ダメージ。

悪臭の雲(1回/日):不快な緑色のガスがドレッチから半径10フィートに広がる。ガスは角の向こうまで広がり、その範囲は経度の隠蔽である。それは1分か強風で飛散するまで続く。範囲内でターンを開始するクリーチャーは、難易度11の【耐久力】セーヴィング・スローに成功しなければ、次のターン開始時まで毒状態になる。この毒状態の間、目標はそのターンにアクションあるいはボーナス・アクションのどちらかしか行なえず、リアクションを行なえない。

結末

グラブレズゥを倒し、物質界の側を止めてもポータルは停止しない。内部へ乗り込むしかないだろう。

この記事はOpen Game Licenseに基づいて作成されている。Open Game Licenseに該当するのは、クリーチャーやアイテムの名前やステータスなどである。この記事の他の箇所は個人的な使用を除き、いかなる形式でも許可なく複製することはできない。