ネコぶんこ


2013年01月06日 自分を標的としたターゲット・マーケティング戦略に、長いあいだ持ちこたえたあとで屈してしまうこと。 編集

§ [Promiscuus] データ通信用SIM

せっかくテザリング可能な端末もあるしデータ通信用SIMの契約をしようかと考えているけど、まだ一番廉いのはServersMan SIM 3G 100じゃろうかという甘い認識だし、年末の出費がアレだったのでもうちょっと調べるですぅ。


2014年01月06日 編集

§ [DnD][4e][LnL] 『大成功!(It's a Wrap!)』

マイク・ミアルス

長く、しかしいい一年だった。君が許してくれるなら私はしばらくの間2013年を振り返り、私たちが何をしてきたかを話したい。これまで12ヶ月の間にダンジョンズ&ドラゴンズの世界で起こった事件のいくつかを見てみよう。

まず、D&D Nextのプレイテストは私たちの予想を打ち砕く驚くべきものになった。私はプレイテストが終了するまでに10万人が参加すると賭けていた。最終的に、その数は倍近くにもなった。

iOS版『ウォーターディープの支配者たち』はiTunes App Storeで売り上げの上位をつかんだ。11月期の全iOSゲーム中でもレビューでもっとも高い平均点を得て、 Pocket Tacticsのゲーム・オブ・ザ・イヤー2013にもノミネートされた。このボードゲームはウェブ配信番組TableTopでも題材にされ、何十万人もの新たなファンに紹介された。

“DMの星”クリス・パーキンスが主導したPAXでのD&Dライヴ・ゲームは、数千人のゲーマでシアトルのパラマウント・シアターを満員にし――さらに十万人以上がオンラインで中継を視聴した

Gen Conでは数千人の人々が私たちのイベントへ足を運び、D&D出展史上の新記録を塗り替えた。とても幸せそうなゲーム会場で私たちは新たな発見をした。また、“破砕(the Sundering)”の開始記念パーティ(あるいはD&Dの夕べ)はドリッズトを題材にした巨大な誕生日ケーキをたいらげながらゲーマと交流するよい機会になった。

『ビッグバン★セオリー』ではゲームの中でもうひとつの物語が展開された。およそ1600万人がそれを視聴した。

われらがR&Dチームの何人かを含む勇敢なD&Dプレイヤーたちは、Extra Lifeの資金調達キャンペーンで25時間耐久ゲームに参加し、Children's Miracle Network Hospitalsのために22000ドル以上の寄付を集めた。

知育玩具のKRE-Oチームとも共同作業を行なった私たちは、1980年代以来はじめてD&Dをおもちゃ売り場に戻す計画も発表した。製品の第一陣は2014年の早いうちに店頭へ並ぶだろう。

D&Dエンカウンターズの一環としてはふたつの新しくとても異なる形式のアドベンチャー――『殺戮のバルダーズ・ゲート』『クリスタル・シャードの影』――も開始し、ファンは“破砕”のイベントへ参加するとともに異なる版でプレイができるようになった。プレイヤーは『Sundering Adventurer's Chronicle Facebook app』でゲームの結果を報告することで、フォーゴトン・レルムの未来へ影響を与えることもできる。

そしてもっとも重要なのは、これまでの12ヶ月を通じて世界中の人々がテーブルを囲んでダイスを転がし、D&Dをプレイしたということだ。

こんなことは自慢にならない――私はそう認めているが、ここでは少し自慢させてもらおう。だが、私はこの年にD&Dチームが成し遂げたことにも同じくらい胸を打たれている。これまでに私が触れてきた数々の企画が始まることを電話やメールで知らせられ、会議や三者間通話に発展し、刺激的なものとして世界へと放たれる様子を見るのはとても楽しかった。

では、ここでこれまでを振り返りながら、(これらの全員で激務をこなしてきた)わがチームの仲間へ個人的な感謝を捧げたい。

  • ダン・ゲロンケイト・アーウィン、そしてジョン・シンディエットはその超人的な能力で重箱の隅をつつくようなR&Dの言葉を我慢しながらD&Dのアートワークを管理し、アーティストたちがすばらしい作品を創造する助けになってくれている。
  • ロドニー・トンプソンロブ・シュワルブ、そしてブルース・コーデルはデザインの第一線で戦い続けている。プレイテストの調査で私たちが好感触なフィードバックの山に埋もれてしまったのは、決して事故ではなかったのだ。
  • ジェレミー・クロフォードクリス・シムスピーター・リー、そしてスコット・フィッツジェラルド・グレイはみんながルールを探し回らずにゲームをプレイできるよう、文書の執筆と編集に尽力してくれた。
  • クリス・ヤングベン・ペトリショール、そしてトム・オルソンはD&Dをビデオゲーム市場へと導く羊飼いであり、より明るい未来の礎を築いてくれている。 /
  • クリス・パーキンスグレッグ・ブリスランドは私たちが順調に前進するために、見守ってくれている。
  • D&Dの雑学――あるいはどこでそれを調べるべきか――を知悉しているマット・サーネットは、ちょっとした疑問に対する答えを常にもたらしてくれる。
  • ニーナ・ヘスフリートウッド・ロビンス、そしてジェームス・ワイアットが非常に小さな助言と考えをふくらませてくれたので、私たちはこれまで“破砕”の小説を6冊まで出版できた。

そして君たちすべて――特にプレイテストに参加してくれた――が、2013年をこれまで紹介したような成功した年になることを助けてくれた。これからも挑戦を続けよう!

マイク・ミアルス

マイク・ミアルスはD&Dのリサーチ&デザイン・チームのシニア・マネージャだ。彼はレイヴンロフトのボードゲームやD&D RPGのサプリメント何冊かを手がけている。


2015年01月06日 編集

§ [Promiscuus] 過去に刻まれしもの

1996年あたりに更新されたウェブ日記で“ついに三十路突入です。ミサトさんの歳追い越しちゃいましたよ。”みたいな文章があると、四次元時空連続体の構造から開放され、自分の人生で一番楽しかった時期を延々と繰り返し続けるような生き方が提示されるような方向に人類の文明を進めたくなるですぅ。


2018年01月06日 編集

§ [DnD][5e] 『Fragments of Realms / フォーゴトン・レルム断章集

スターター・セット』の地図に描かれているネヴァーウィンター周辺のガイドと、主な神格の説明をセットにした『Fragments of Realms / フォーゴトン・レルム断章集』をDungeon Masters Guildで頒布開始したですぅ。