ネコぶんこ


2011年08月26日 もし「混乱」が充分に長く継続すれば、それが新しい種類の社会になるだけのことだ――あいかわらずの同じ歴史のゲームで、ただ新しい役者と新しい配役とがある。 編集

§ [DnD][4e] D&Dエンカウンター・ポータル開設

もう既に『D16の日記』の「D&Dエンカウンター・ポータルwiki」で紹介されたですぅが、WotCが主催している毎週ショップに集まってDnDのセッションを行なおうというイベント、D&D Encountersを開催するための解説や開催場所をまとめたポータルサイト、D&Dエンカウンター・ポータルが開設されましたぁ。

私はスペースを提供しているだけだけど、既に開催している方々の実例を交えたショップへの説明方法など、これから始めようと思っている方には非常に役立つサイトになっていると思いますぅ。


2012年08月26日 そして、中でも最悪なのは、持ち家に住んでいる人間は、自分が住んでいる場所が好きですらないということだ。 編集

§ [Ludus] 3D妖怪の館

今日は珍しく早起きしてセッション前に3D妖怪の館をのぞいてきたですぅ。

ダークサウンドアトラクションはネタの使い方がうまく、恐怖というよりはなるほどこうくるかという方向の面白さだったですぅ。

3Dアートアトラクションは最初のほうにいた大百足(?)がアンケグめいたデザインで、道中アンケグのことばっかり考える羽目になったですぅ。

そして早起きのむくいなのか夕方あたりからすこぶる体全体が痛く不調だったけど、涼しくすればなおったのでだいたい暑いのが悪かったと知るですぅ。


2013年08月26日 蜘蛛切が吠えたる音は蛇の泣くに似たり。 編集

§ [Promiscuus] 焼き鳥二日目

昨日の残りものの焼き鳥をもさもさ食べたけど、やはり皮はいいですぅ。


2014年08月26日 編集

§ [Ludus][Liber] Troy ChristensenPhantasm Adventures IV: Character Guide

去る八月九日、『ファンタズム・アドベンチャー』の第四版にあたる『Phantasm Adventures IV: Character Guide』が英語でリリースされたですぅ。

Character Guideという副題の通り、このルールブックでは惑星モノカンに住む種族や彼らが使う技能など、PCを作成するための本になってますぅ。一応時間の進行や経験点についてのルールはついてるけど、NPCなどのデータがないのでセッションをするには旧版のルールブックを持っているほうがいいかもしれないですぅ。


2018年08月26日 編集

§ [Ludus] 『双子団との戦い』出来

うなぎむら初の“第5版”用アドベンチャー・シナリオ、双子団との戦いを500円でBOOTHにて頒布開始したですぅ。

冒険の内容は双子団を名乗るごろつきの群れに脅かされるニザーメリル村を通りがかった冒険者が、かの悪しき存在を打ち破ってくれと頼まれる極めてオーソドックスなものですぅ。

対応レベルは1、参加人数は3人から、プレイ時間はオフラインで2~3時間を見積もってるですぅ。


2019年08月26日 編集

§ [Ludus] Open Game License(System Reference Document 5.1)で何作ろう

続きというかなんというか

Open Game Licenseことはじめ』では、“第5版”はOpen Game Licenseに認められた範囲であればSystem Reference Document 5.1を自由に使えることを紹介したですぅ。

今回は、じゃあ具体的にSRDには何が含まれていて、何ができそうか、そのあたりを確かめてみたいですぅ。

SRDの中身

SRDの中身は以下のようになってるですぅ。

Races
ルールブックに載っている全種族のデータが掲載されているですぅ。ただし、副種族(Subrace)は各種族ひとつだけなので、ルールブックを使って作った何かを安易にそのまま流用しようとするのは危険ですぅ。
クラス
ルールブックに載っている全クラスのデータが掲載されているですぅ。ただし、特定のレベルで取得する道(Path)や領域(Domain)といったサブクラスは、各クラスひとつなので、ここも種族と同じく注意すべきところですぅ。
Beyond 1st Level
成長に必要な経験点の表、マルチクラス関係のルール、属性、言語、インスピレーション、背景(サンプルとしてAcolyteのデータ)……といった、雑多なルールが詰め込まれているですぅ。ここで注意すべきは、SRDに収録されている背景は侍祭(Acolyte)だけなところですぅ。
Equipment
装備は珍品奇品(Trinket)以外、だいたいルールブックの通りですぅ。
特技
特技の説明と、サンプルとして《Grappler》が収録されているですぅ。
Using Ability Scores
能力値と修正値、有利不利、習熟ボーナス、能力値判定、各能力値の使い方、セーヴィング・スロー……と、ルールブックにも書かれている冒険の諸々が収録されているですぅ。
Time
冒険中の時間管理についての諸々が収録されているですぅ。
The Environment
冒険のネタになる環境要因、食糧と水、休憩などについてですぅ。
Between Adventures
冒険の合間の行動について一通り書かれているですぅ。
The Order of Combat
戦闘の始め方、ターンの回し方などについての部分ですぅ。
Actions in Combat
ターンに何ができるか、アクションについての解説、攻撃の流れ、隠蔽、騎乗戦闘、水中戦闘などについての解説ですぅ。
Actions in Combat
ターンに何ができるか、アクションについての解説、攻撃の流れ、隠蔽、騎乗戦闘、水中戦闘などについての解説ですぅ。
Spellcasting
呪文発動についてのルールですぅ。
Spell Lists……
呪文リストと各呪文の詳説が、ルールブックとほぼ同じように載っているですぅ。ただし、発明した術者の固有名詞などが使われている呪文は名称が修正されているので、使う時には一度見直した方がいいですぅ。
Traps
GM用ルールブックの罠について記述された部分が掲載されていて、難易度やダメージを決める基準の表とかを使えるようになってるですぅ。
Diseases
GM用ルールブックの病気について記述された部分が、例示と共に掲載されているですぅ。
Madness
GM用ルールブックの狂気について記述された部分が掲載されているですぅ。
Objects
GM用ルールブックの物体や構造物についてのルールが掲載されているですぅ。
Poisons
GM用ルールブックの毒についてのルールが例示と共に掲載されているですぅ。
Magic Items
GM用ルールブックの魔法のアイテムについてのルールが、収録されているアイテムと共に掲載されているですぅ。ここも自作に流用できるかどうかは一度確認してからが吉ですぅ。知性あるアイテム、アーティファクトについては断片的なルールなのには注意したほうがいいですぅ。
Monsters
モンスタのデータ書式について、そしてモンスタのデータが収録されているですぅ。ここで注意すべきは、ルールブックにはいるけどSRDには収録されていない種が結構いること、そして、収録されているやつも一番ベーシックなやつ(術者タイプや隊長系はいない)しか収録されていないことですぅ。
Appendix PH-A: Conditions
状態についての補遺がそのまま収録されているですぅ。
Appendix PH-B: Fantasy-Historical Pantheons
ケルト、エジプト、北欧のパンテオンが収録されているですぅ。
Appendix PH-C: The Planes of Existence
物質界、そして内方次元界、外方次元界……と、“第5版”での次元界についてざっと説明されているですぅ。
Appendix MM-A: Miscellaneous Creatures
野生動物系のデータですぅ。
Appendix MM-B: Nonplayer Characters
NPCのデータですぅ。

……とまあだいたいこんな感じで、PCの能力値決定、GM用のプレイエイド類諸々、版元が独自性を主張する種族なんかを抜いた要素が凝縮されているですぅ。

そして、これをどうやって活用しようかというのが今回のテーマになるですぅ。

アドベンチャー

ルールブックほどではないけど豊富なモンスタ、そして環境要因や罠、財宝にできる魔法のアイテムの書式やルールが引用可能な状態で準備されているので、SRDから引用した素材を使ってアドベンチャーを作るのは鉄板な選択肢のひとつですぅ。また、ここで自作や改造したデータをOGCにしておけば、他の人も流用可能になって感謝もされるですぅ。

サプリメントやデータ集

SRDの書式を使ってルールブックに混ぜられる種族、クラスやサブクラスを作るのもいいし、特技や背景も、新たなモンスタや神格のデータを提供してもいい……と夢は広がるですぅ。ただし、追加データは公式性がかなり重要なので、サードパーティから出すなら、アクを強くして既存のゲームをオーバーライドするくらいでないとだめそう、というのが私の実感ですぅ。

スタンドアロンなルール

SRDに欠けているPC作成やプレイエイドを独自に補完し、単体でRPGのルールを作成することももちろん可能ですぅ。今度日本語版が出る『Pugmire』はそういう形式のルールですぅ。

どこまでをOGCにするか

と、SRDを使えばまあまあ色々なことに利用できるというのがわかっていただけたはずですぅ。

ただ、これを読む人が実作して公開するぜーとなったとき重々注意したほうがいいのは、引用したOpen Game Contentがそうなるのはもちろんのこと、自分が作った範囲をどこまでOGCにするかですぅ。ばんばん引用してくださいという人も、不本意に引用されたくない人も、その辺の線引きをきちんとする(紙幅があるなら「作中で引用したものと第n章がOGC」という章を作るのが一番楽……か?)と、余計な面倒がなくていいはずですぅ。

宣伝

私のサークル、『うなぎむら』では、BOOTHでOGLなサプリメント、アドベンチャーをダウンロード販売してるですぅ。

また、5e.nekohaus.netでは、SRDをHTML化して公開しているですぅ。