ネコぶんこ


2012年08月29日 逃げ出すときだ。 編集

§ [DnD] 『ロビラーの思い出:エラクのいとこ(Robilar Remembers: Erac's Cousin)』

緑竜亭異聞

著:ロバート・J・クーンツとダグラス・J・ベリンガー

この物語はE・ゲイリー・ガイギャックスとロバート・J・クーンツが参加していた“オリジナル”グレイホーク・キャンペーンで起こった出来事である。この物語は背景と雑学を伝える目的のため公開されるものであり、TSR社から出版された“公式の”グレイホーク・セッティングとは関係ないことに同意していただきたい。TSRだけが、グレイホーク・セッティングについて彼らの判断によって“公式に”グレイホークの伝説を定めることができる。しかし、この物語を読んだ誰かが“オリジナル”グレイホーク・キャンペーンに対する興味を満たせるのならそれは幸いである。

ダンジョン・モジュールS5The Lost Caverns of Tsojcanth(TSR、1982年)は、新たなデーモン・プリンス、フラズ・アーブル(Fraz-Urb-Iuu、Monster Manual IIでは“Fraz-Urb'Iuu”と綴られている)を紹介するものだった。この強大なデーモンはその解説にこう書かれていた。“何世紀もの間、彼はグレイホーク城の下にあるダンジョンで顔の浅浮き彫りの中(Monster Manual IIでは石の牢獄と表現されている)に封印されてきた。多くの油断した冒険者はその顔に話しかけて滅ぼされてきたが、ついに彼は力強いクレリックと強力なマジックユーザーにいくつかの英雄的行為を行なうようだますことに成功し、彼は刻まれた牢獄から脱出した。そして虚偽のプリンスはアビスにある彼が支配する次元界にうかつな道具たちを奴隷として招き入れた。”

解説はこう続く“たった2人の来客はそこ(フラズ・アーブルの次元界)を旅して帰還したふたりの報告によれば、彼らが手にしていた魔法のアイテムはその魔力を失ったという。彼らはもっとも力強い剣を失っていたのだ。したがって、アーティファクトやレリックではない魔法のアイテムがそこへ行けば、それはほぼ確実(90%で)にそれは崩壊するだろう。”

ここから先の物語はこのフラズ・アーブルの解説にあるこの謎めいた部分の続きだ。オリジナルのグレイホーク・キャンペーンで、エラクのいとことして知られるファイター/マジックユーザー(アーニー・ガイギャックスがプレイしていた)は2振りのヴォーパル・ソードを手に入れていた。ゲイリーとロブは特に彼が二刀流を使えることを理由に、彼のキャラクターは強くなりすぎたと判断した。エラクのいとこが二刀流を学んだのは、『火星の戦士』シリーズを元ネタにした冒険でテレポートして訪れた火星でのことだった。その火星は(ガイギャックスの初期設定では)オアース太陽系の中にあり、エラクのいとこは冒険を終えた後にテレポートで家に帰った。この冒険は火星シリーズを愛するアーニーのために作られたものだった。そこでゲイリーと副DMをしていたロブはしめしあわせ、エラクのいとこと9レベルのファイター、アエリラック(マーク・ラトナーがプレイしていた)をグレイホーク城の地下ダンジョンへ向かわせた。

副DMはキャラクターたちをデーモンの顔を刻んだ浅浮き彫りが埋まった階層へキャラクターを“導いた”。この“顔”はDemonWorld™への入り口として使われ、冒険の場所はロブ・クーンツがオアース侵略計画のためにデーモンが作成した“転送所”として設計していた。顔の周囲でいろいろなことを試し、彼らはなんとかデーモン・プリンス、フラズ・アーブルを開放することができた。やけくそになったエラクのいとこは、ゲートのスクロールを使ってギリシア神話の神、ゼウスをゲートから呼び出した。エラクのいとこにとって残念だったのは、ダイス・ロールの結果、ゼウスが5%の確率で発生する状況を理解できていない状態に陥っていたことだ(Dungeon Master's Guide、第1版、TSR、1979年、47ページ参照)。エラクのいとことアエリラックはデーモン・プリンスが支配する次元界へと吹き飛ばされ、ヴォーパル・ブレードはデーモンが支配する次元界の不可解な魔法の効果によって破壊された。こうしてエラクのいとこによる二刀流の猛威は去った。

註:エラクのいとこについて詳しい情報は、The Rogues Gallery、第1版、TSR、1980年を参照のこと。アエリラックについてこれまでの出版物では説明されていないが、彼は9レベルのファイターだった。この冒険はA・メリットの小説The Face in the Abyssの影響を受けている。

この文章の出典は、グレイホークを扱った同人誌The Oerth Journalの5号にロビラー卿のプレイヤであるロブ・クーンツが寄稿した、ガイギャックスDMの“オリジナル”キャンペーンの思い出を語るコラム「Tales from the Green Dragon Inn」の第一回「Robilar Remembers: Erac's Cousin」ですぅ。

今回はほいほいとあげたアイテムが猛威をふるって対策に悩んだり、プレイヤが好きな何かを元ネタにしたシナリオを作ったりと、もう四十年近く経っているのに今でも通じるあるあるっぷりが楽しいRPG黎明期の思い出話ですぅ。

それにしても“(名前)の(続柄)”で本名を書かないネーミングはかなりそそられるものがあるので、そのうち使いたいですぅ。


2013年08月29日 抜きてこれを見れば、柄の中二分許り新しく切りて、目貫を突き抜きてさがりたりと見えたり。 編集

§ [NOVA] シナリオプロット『DtoX』公開

先日プレイした『トーキョーN◎VA the Detonation』最終アクト用シナリオプロット、『DtoX』をとりいそぎ公開しましたぁ。

次の版でどうかなる(らしい)人々をアレする要素もちょっと入れたけど、基本はとっちらかった状況と電脳戦演出を愉しむシナリオですぅ。


2014年08月29日 編集

§ [TRR][Oni] リプレイ『鬼の話~ミドルフェイズ:シーン3』

ミドルフェイズ:シーン3・蕎麦屋にて(三日月)

三日月と十五郎は、ごろつきを返すと人ごみから離れて互いの事情を話すため、近くの蕎麦屋を訪れた。

十五郎:新太郎から頼まれた内容と、自分の紹介はしておきます。

三日月:「…そんなわけで、『狒々のような大男がお倫さんを付け狙ってるから、それとなく監視してくれ』ってね。丈サンに頼まれたってわけ」蕎麦をすすりながら軽く説明する。「監視するどころか、見つかっちゃったけど」とうつむく。

十五郎:「それとなくってことがあるかい。ボウズにまで気付かれてらあ」と蕎麦をすする口元や箸を持つ指を見て鼻の下を伸ばしてます。「しかもあんな連中じゃ、守りにもなりゃしねえだろう」

GM:実際妖異が出たら守るどころか憑かれるでしょうね。

三日月:「……違いないわ。あんたが相手じゃね……だが、そっちの話を聞く限り、本当の敵はあんたじゃ無さそうだ……」

十五郎:「……あ、そうか。お前たちとは別に、お倫さんをつけ回してる連中はいるってことか」

三日月:「(並外れた大男だけど、妖異ってわけじゃ無さそうだしねぇ)そういうこと。あんたはある意味、わたしたちの護衛を邪魔してるってわけよ。本当はココで蕎麦をたぐってる余裕もないわけ。昼だからまぁ、心配してないけど」

十五郎:「なら、あの二人に払ってた金にも少し色つけて、俺を代わりに用心棒にするってのはどうだ」

三日月:「悪くない提案ね。人間相手ならあんたのほうが頼もしい(妖異相手でも、ある程度勝負になりそうだし……)」

十五郎:その言葉を聞くと、鼻の穴が開いて興奮した様子に。急に精気が漲ってきます。「退屈が、紛れそうだぜ(しかも、べっぴんつきだ!)」

三日月:(……テレパスじゃないけど、心の声が漏れて聞こえそうなレベル……単純な奴)