ネコぶんこ


2009年07月31日 朝晩ピザ 編集

§ [DnD][4e] Elder Evils for 4e

Elder Evils4e用コンヴァージョンが出てたですぅ。

本日のツッコミ(全37件) [ツッコミを入れる]

Before...

§ Chanel Bags Outlet [custom logo utilizing one a further by using turnlock clos..]

§ http://www.webtoolol.com/2010/10/26/free-software-programmed-in-php-drupal-mediawiki-phpbb-wordpress-jumper-2-0-cakephp-phpwebsite-tcpdf-exponent-cms-spip-b2evolution/ [Qiang said: such a big thing. Ambulance to soon, but I thi..]

§ firefall [I splurged some this Xmas and decided to get us all fire..]

§ firefall gold [These firefall gold http://www.firefallstore.com are amaz..]

§ ルイヴィトン バッグ 新作 [あるかもしれません目立っするバンドルについて知るこれ。また、| オプション機能 いい | 必ず一定 ポイント要因では..]


2012年07月31日 ぼくらは誰も口をきくことができないけれど、エルヴィッサが何を地球の想い出にするかは明白だ。 編集

§ [DnD][4e] 『Menzoberranzanプレビュー:ドラウの派閥(Menzoberranzan Excerpts: Drow Factions)』

バート・キャロル

悪意に満ちたドラウの力ある名家は、堕ちた女神の目にかなうようそれぞれたゆみない努力を捧げており、メンゾベランザンこそそうした驕慢の頂である。だがしかし、その積み重なった利己、放蕩、そして悪徳の奥を覗けば、豊かな歴史、文化、そして芸術を持つ壮大な文明を見つけることができる。このたまらない美と罪の二律背反こそ、ドラウの社会への強力な関心を呼び起こすものだ。この本で紹介される高名なアンダーダークの都市メンゾベランザンは、かの有名なドラウのレンジャー、ドリッズト・ドゥアーデンの出身地でもある。しかしこれは彼の物語ではない――これは君たちが紡ぐべき無数の物語だ。

Menzoberranzan: City of Intrigueは最大級の汎用性を持つようデザインされた。たとえ君がダンジョンズ&ドラゴンズのどの版を使っていたとしても、君はこの本に書かれているほぼすべてのことがらがゲームで使えることを知るだろう。君はこの本でドリッズトが生まれるよりも前の年代でも、蜘蛛の女王の戦争のまっただ中でも、あるいは現代のフォーゴトン・レルムだろうが、キャンペーンを設定して運営できる。メンゾベランザンは君が望むどんな方法ででも使える、君と君のプレイヤーたちが探検できるすべてを備えて待っている環境だ。

今日のMenzoberranzan: City of Intrigueのプレビューで、私たちは『第3章:ドラウの派閥』の内容を見ていく。

ダウンロード(1091キロバイトのPDF)

メンゾベランザンのキャンペーン

悪のドラウのキャラクターで陰謀と裏切りに満ちた冒険を行なうことは、ほとんどの『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のキャンペーンとは大きく異なった経験になりえる。これら6つの特徴はMenzoberranzan: City of Intrigueのキャンペーンが提示する精神を簡潔に示している。

1.君はドラウだ

このキャンペーン・セッティングでは、君は休暇で蜘蛛の都を訪ねた地上の住人という二足のわらじを履くことはできない。違う、君は住人なのだ。ドラウにせよ奴隷にせよ、貴族の子弟にせよ庶民にせよ、メンゾベランザンこそが君の故郷だ。これは君にとって地上エルフの悪意に満ちた宣伝を無視してD&Dのもっとも象徴的で影に潜んだ種族のひとつをロールする機会になる。

2.悪による支配

メンゾベランザンは悪の巣窟だ。ドラウの文化は裏切りと殺人が当たり前であり、それは快楽を求める行為でもある。このセッティングのドラウは日ごろからデーモンと乱痴気騒ぎをし、流血を伴なう見下げ果てた行為に手を染める。ドラウ社会の信条は巧妙に提示されるが、プレイヤーが幻惑されてはいけない。メンゾベランザンの住民は邪悪で移り気な嗜虐主義者で、彼らは自分たちの地位を他者へ苦痛と惨劇を味わわせることで向上させようとしている。

3.ロルスこそが至高

ドラウ社会ではロルス教団ほど、他のいかなる勢力より根を張っているところはない。千年を越えるドラウの宗教儀礼には他の神性も存在しているが、すべてはロルスから派生したもので、蜘蛛の女王の影でかろうじて見ることができる程度だ。ヴァイラウンやゴーナドウアのようなものはいくつかの時代で信者を持っていたが、ロルスへの信仰――そして恐怖――のせいで、少数しか存在しなかった。彼女がすべてで、彼女は孤独、そして彼女こそがドラウの宗教の中心に立っている。

4.すべてに身分が

混沌より生まれる存在にもかかわらず、ドラウの社会は非常に根強い身分によって支配されている。すべてのドラウは他者――他のドラウも含む――を3種類に分けている。

  • 強者、これらはなだめて懐柔せねばならない(少なくとも彼らに取って代わるまでは)。
  • 自分を高めるために利用できる者、できる限りあらゆる方法で奪い続けるための存在だ。
  • 弱者、単純作業か捨て駒程度にしかならない役立たずだ。

ドラウの目で見れば、毎日は君の身分を向上させるか、邪魔者を排除する新たな機会に満ちている。

5.秘密は財産

ドラウは無鉄砲に未知へと突っ込む無思慮な野蛮人ではない。事実、メンゾベランザン人と呼ばれるメンゾベランザンの住民は、彼らの努力が及ぶ限りで非常に注意深く計算高い。富と力は確かに重んじられるが、真にドラウが取り引きするのは秘密である。情報は力であり、それを使うことで彼や彼女は身分を超えた力を行使できるのだ。ドラウの陰謀は伝説的で、それらのうちでも長期に及ぶ策謀はメンゾベランザンのキャンペーンでもその一部に不可欠なものである。

6.ここはアンダーダーク

冒険は都市の中だけに限定されない。ドラウの数多き陰謀はプレイヤー・キャラクターをアンダーダークの暗い深みへと向かわせることができる。ドラウはその冷酷さと悪徳において名高いが、彼らの息の根すら止めるクリーチャーが世界の深淵には存在する。その危険性にもかかわらず、一部のメンゾベランザン人は深淵に溢れる富を利用する機会には躊躇しない。影の道近くの暗がりの領域、そしてその向こうでも、アンダーダークの冒険は待ち受けている。

バート・キャロル

バート・キャロルは1980年からのD&Dプレイヤー(そしてイラストに塗り絵をした第1版のMonster Manualが好きだった)で、2004年からウィザーズ・オヴ・ザ・コーストで働いている。彼は現在D&Dのウェブサイトのプロデューサで、ブログもhttp://ourheroesjourney.wordpress.comで書いている。君は彼をツイッターで見つけることもできる(@wotc_bart)。


2013年07月31日 成功とは、楽しめたという事実のごく一部にしかすぎない。 編集

§ [DnD][4e][Dungeon] Dungeon216号(Dungeon Issue #216)

目次

編集部より:掘り出された財宝(Editorial: Treasure Trove)
著者:クリストファー・パーキンス

出版されたアドベンチャーはすばらしい……特に一度も使ったことがないものは。

お熱いのがお好き(Some Like It Hot)
著者:ジョン・“ロス”・ロッソマングノー

アンデッドのウィザードは星松谷の住民たちを炎で包もうとしている。このD&Dアドベンチャーは17~20レベルのキャラクター用だ。

霧河の鏖殺(Massacre at Misty River)
著者:ステイシー・ヤンセン

死したるゴブリンの王は新たな生を不幸なレンジャーの中に見つけた。このD&Dアドベンチャーは7~9レベルのキャラクター用だ。

陽はまた昇らぬ(The Sun Never Rises)
著者:ショーン・マーウィン

ドラウは太陽神の神殿で捕虜を取ったが、それは外交的な勝利よりも大きなものだった。このD&DアドベンチャーはD&Dエンカウンターズ“アンダーダークの隆盛(Rise of the Underdark)”シリーズの導入としてWinter Fantasy 2012で使われた。この冒険には6体の作成済み1レベル・キャラクターが附属している。

発表の遅れていた今月のDungeonでは、完全新作二本に加えて“アンダーダークの隆盛”の導入として使われたものが公開されましたぁ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

§ authentic hermes outlet [louis vuitton outlet mall ネコぶんこ(2013-07-31) authentic herm..]


2014年07月31日 編集

§ [Promiscuus] 夏休みの朝アニメ

夏休みの朝アニメとか久しくなくなった習慣と思ってたら、WOWOWがイデオン一挙放送やってたですぅ。