ネコぶんこ


2009年08月01日 八月一日はやおいの日 編集

§ [DX] “鉄砲玉”殺辻斬人(経験点0点)20090729版

ダブルクロス3rdに初プレイヤー参加するので作ったPCですぅ。リソース管理用の肉壁カバーリングで作りましたぁ。侵蝕率がそんなに上がらなかったおかげもあって、満足な動きができたですぅ。

土壇場でろくすっぽ考えずトライブリードにして《一閃》削って《砂の結界》を入れたせいで、《さらなる波》が攻撃にかみ合わずおギャーとなってしまいGMや他の参加者の方々に迷惑をかけてしまい反省ですぅ。次やる時はいただいた15経験点でありがたく《一閃》を取るか、《さらなる波》を《水晶の剣》に差し替えるかで対応したいと思いましたぁ。

鉄砲玉シルバーバレット人(あやつじ・きりひと)(ハヌマーン/ノイマン/モルフェウス・24・♂):本名、綾辻桐人。黒崎剛道と同門の剣術家。練習中の事故で瀕死の重傷を負うがオーヴァードとして覚醒し、一命を取り留めた。しかし、その際に感じた己を死地に置いたときに感得する恐怖でしか生の実感を得られなくなってしまう。そのせいか普段は感情の起伏に乏しい。覚醒時の暴走で人を殺めたところをUGNに確保され、さまざまな取引の結果エージェントとして働くことになる。表の顔はN市の郊外で流行らない道場の道場主を営む傍ら、近隣の学校で剣道部の指導をしている。ひょろ細目。

ワークス/カヴァー:UGNエージェントC/道場主

能力値:【肉体】1、【感覚】1、【精神】8、【社会】2、【HP】30、【行動値】10

技能:〈白兵〉4、〈RC〉1、〈意志〉1、〈知識:剣術〉2、〈調達〉2、〈情報:UGN〉1

エフェクト:《リザレクト》1、《ワーディング》1、《コンセイトレイト:ノイマン》2、《さらなる波》3、《コントロールソート:白兵》1、《抜き打ち》1、《砂の結界》1

アイテム:日本刀、コネ:UGN幹部、コネ:警察官、コネ:情報屋、コネ:要人への貸し、ウェポンケース

ライフパス:出自:権力者の血統、経験:汚れ仕事、邂逅:殺意、覚醒/衝動:死/恐怖(基本侵食値36)

ロイス:教育者:黒崎剛道(P:■同情/N:□隔意)、戦友:ヨハン・C・コードウェル(P:□庇護/N:■恐怖)、殺意:伊庭宗一(P:■感服/N:□敵愾心)

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

§ d3 gold [fantastic d3 gold http://www.mmogm.com/diablo-3/]

§ chanel store [chanel store asc a dextre tr¨¨s convenablement embal¨¦e,tr..]

§ penis extender [penis penis extender http://www.cheappenisextenders.com]


2012年08月01日 ぼくから見ると、面白くも当惑するようでもあり――不自然に思えるのだが――“全地球的十代”あるいは少なくともタイラーの友だちは、いつも一緒に人生を送っている――買物、旅行、口論、考えごと、そして呼吸まで。 編集

§ [DnD][4e][Dragon] Dragon414号(Dragon Issue #414)

目次

編集部より:次元界から、次元界から!(Editorial: De Planes, De Planes!)
著者:クリストファー・パーキンス

大いなる転輪の中に、フェイワイルドとシャドウフェルのための場所はあるだろうか? 舞台裏を覗き込み、D&Dの宇宙観がどう変遷したかを知ろう。

〈歴史〉判定:イグウィルヴとグラズトの物語(History Check: The Iggwilv-Graz'zt Affair)
著者:ジョン・“ロス”・ロッソマングノー

D&Dの伝説でも最大の恋物語は、つかずはなれず続いていくデーモン・プリンス、グラズトと魔女の女王イグウィルヴの物語だろう。

奇怪な市場:アルヴィウス・ラスキンの屋根裏部屋より(Bazaar of the Bizarre: From the Attic of Alluvius Ruskin)
著者:ジム・オウェアター

変人のアルヴィウス・ラスキンはありとあらゆる奇怪な次元界のアイテムを売りに出すが、これまで誰も、彼女の塔に秘密の屋根裏部屋があることを知らなかった。彼女はそこに何を置いているか、君は知りたくないかね?

キャラクター・テーマ:調律主義者、知覚主義者、野良犬派(Character Themes: Ciphers, Sensates, and Xaositects)
著者:デイヴ・チョーカー

Planescapeのセッティングでは、次元界の派閥と対立する彼らの哲学を導入した。今こそ多元宇宙の神秘、経験、そして混沌を君が楽しむ番だ!

モドロンの生態学(The Ecology of the Modron)
著者:ブライアン・R・ジェームズ

モドロンは完全なる統制を体現し、厳格な階層の中に存在しているが、多元宇宙がすべてそうであるように、何事にも例外は存在する。

D&D千夜一夜(D&D Alumni)
著者:ジェームズ・マリシェフスキー

D&Dというゲームの旧版を見ていき、象徴的な要素が数十年でどう変化したかを眺めてみよう。

エベロンの目:内陽の谷(Eye on Eberron: Vale of the Inner Sun)
著者:キース・ベイカー

ある者たちは内陽の谷を、死後にのみたどりつける地下の楽園だと語る。そこへたどりつくには、まず地下竜教団と戦わなければならない。

レルムの目:ウォーターディープの忘れられたドラゴン(Eye on the Realms: The Lost Dragon of Waterdeep)
著者:エド・グリーンウッド

イーグルシールド卿の屋敷には忘れられたドラゴンがいる。君はそれを見つける最初のひとりになれるだろうか?

ダーク・サンの目:長の奴隷(Eye on Dark Sun: Slaves of the Oba)
著者:ロドニー・トンプソン

邪悪な原始精霊がグルグの民を脅かすとき、民は彼らの強大な魔王に助けを求める。もし彼らが真実を知ったなら……。

いつも魔術師な私(Confessions of a Full-Time Wizard)
著者:シェリー・マザノーブル

R&Dの“仕切り屋”は彼女の秘めた趣味をさらけ出す。

Dragon #413は、なつかしい名前もちらほら出ている次元界が主要テーマの号ですぅ。

§ [DnD][4e][Dungeon] Dungeon205号(Dungeon Issue #205)

目次

地獄の怒り(Infernal Wrath)
著者:ローガン・ボナー

殺されたティーフリングの犯罪者はゴーストになってラスケの町に出没し、彼の殺害犯への復讐をほのめかしている。君はそれがあるべき九層地獄にこの残虐な魂を追放できるだろうか? 4~6レベルのキャラクター向けD&Dアドベンチャー。

笑顔のボブへ捧ぐ(Prey for Smiley Bob)
著者:スターリング・ハーシー

ハーフリングたちは笑顔のボブのせいで不幸になっている。その年老いた熊の王を見つけ出せ。1レベルのキャラクター向けD&Dアドベンチャー。

友ならざる空(Unfriendly Skies)
著者:ダグ・ハイアット

ウィザードは大いなる力の鍵を持っているが、スピンクスだけがその鍵を外す方法を知っている。21~23レベルのキャラクターに向けた空を舞台とするD&Dアドベンチャー。

星界の宮廷:安ぴか卿(Court of Stars: The Trinket Lord)
著者:カール・レッシュ

君の+6ホーリィ・アヴェンジャーが盗まれたって? なんてこった! 君は小さなノームと偶然ぶつかったり、こそこそするキツネを見なかったかい?

イグウィルヴのデモノミコン:略奪者シメシカ(Demonomicon of Iggwilv: Shemeshka the Marauder)
著者:ブライアン・R・ジェームズおよびトッド・スチュワート

シギルと諸次元界において、彼女は両替の王として知られている。着飾ったアルカナロスが檻の街の中にいる誰が生き、誰が死に、誰が苦しみ、そして誰が喜ぶかをどう決定するのか見てほしい。

Dungeonは単発神話級シナリオが楽しみですぅ。


2013年08月01日 一つ一つの要素を見るのではなく、それらがどのようにして象をかたち作っているのかを見るというわけである。 編集

§ [DnD][4e][Dragon] Dragon426号(Dragon Issue #426)

目次

編集部より:それはミステリ(Editorial: It's a Mystery)
著者:スティーヴ・ウィンター

D&Dとミステリは交わらない――なぜ?

幻想ミステリを語ろう!(Tales of Fantastic Mystery!)
著者:アダム・ドレイ

魔法とモンスターはミステリ作家の仕事に特別な困難を与えるが、それらは勝てない相手ではない。

犯行現場(Crime Scenes)
著者:デヴィッド・ヌーナン

これは上質な殺人ミステリに味わいを加え、調査に命を与えるために使える現場を集めたものだ。

探偵(The Inquisitive)
著者:ティム・エラゴン

犯罪が起これば、探偵の力を借りるときだ。彼らは技能、洞察力、魔法、そして時代遅れの執念深さで罪人どもを見つけ出す。

都市の陰謀家たち(Urban Intrigue Themes)
著者:アレクサンダー・ガーシュ

都市で生まれ育った冒険者は危険で生き延びる独特の技術を持っている。コーティア(宮廷雀)、スパイ(諜報員)、そしてヴィジランテ(悪党狩り)を君のキャラクター・テーマ一覧に加えよう。

即興家用虎の巻(The Improviser’s Cheat Sheet)
著者:デヴィッド・ヌーナン

プレイヤーは驚くような質問をしてDMが考え抜いた計画をぶち壊しにするときがある。この即興家用虎の巻はそれらの苦しい状況から脱出する助けになる。

バルダーズ・ゲートの豪胆な人々(The Bold Folk of Baldur's Gate)
著者:エド・グリーンウッド

バルダーズ・ゲートの名士たちは都市の新参者からも注目されるが、ゲートの経済を回しているのは下町の商店主、職人、そして港湾労働者たちである。

今月のDragonはEncountersの『殺戮のバルダーズ・ゲート(Murder in Baldur's Gate)』に合わせたのかミステリ特集とバルダーズ・ゲートの風景紹介ですぅ。


2014年08月01日 編集

§ [Promiscuus] ドメイン名更新の季節

毎年恒例ドメイン更名新の時期がやってきたけど、来年は何かの節目になる年なので新しいドメイン名も取ろうか取るまいか音頭を踊ってるですぅ。


2018年08月01日 編集

§ [DnD][5e] Plane Shift: Dominaria

M:tGの多元宇宙の設定をイラストも豊富に第5版で使えるデータを織り交ぜて紹介していくPlane Shiftシリーズの最新作、Plane Shift: Dominariaがリリースされたですぅ。

なんで今回エントリを書いているかというと、日本の初期M:tG者には有名な「“あの”ドミナリアが遊べる」という大事件だからですぅ。つまり、あの頃誰しも一度は考えたであろう、ベナリアの勇士になったり、セラ教会でセラ天を崇めたり、トレイリアのウィザードになったり、ヴォーデイリアのマーフォークになったり、ケルドの戦士になってRPGをプレイすることが、可能に、なったということですぅ。

文書の中身はドミナリアの主に知られた領域であるドメインズの大雑把な解説と、ベナリアの七氏族、セラ教会、トレイリアのアカデミー、ヴォーデイリア帝国のマーフォーク、ベルゼンロックの陰謀団、ケルドの戦団、ラノワールのエルフについて、それぞれ冒険者(や悪漢)を作成するときの望ましい属性、種族、背景、クラスの示唆、そして冒険のネタが書かれ、背景の代替データなどもついている内容ですぅ。

新種族は鳥人間のエイヴン、戦闘民族ケルド人がPC用種族として追加され、敵用のデータはホマリッド、カヴーがちょっと載ってるですぅ。

詳しい設定や地誌、重要NPCなどはThe Art of Magic: The Gathering - Dominariaで確かみてくれということだろうけど、青春をドミナリアで過ごした人、今もプレインズウォークを謳歌している人、どちらにも勧められる内容になっているので、プレイヤーズ・ハンドブック片手に、是非ドミナリアの地を踏んでいただきたいですぅ。