ネコぶんこ


2012年08月15日 この写真では、ぼくらは古臭く見えるのかもしれないが、カンペキに見えるのも確かなのだ。 編集

§ [DnD][4e][Liber] アリ・マーメルスコット・フィッツジェラルド・グレイ恐怖の墓所

恐怖の墓所』は、これまでもさまざまなサプリメントやシナリオにその影がちらついていた悪役、デミリッチのアサーラックにまつわるダンジョン・シナリオ集ですぅ。

収録されているのはひとつの連続したキャンペーンではなく、推奨レベルが10、14、17、22レベルのシナリオで、お互い強く関係しているわけではないのでそれぞれ単体のシナリオとしてもプレイできますぅ。

四本のシナリオはいずれも数回のセッションでひとつのダンジョンを踏破するものになっていて、プレイヤの楽しみと悲鳴が絶えないようそれぞれにさまざまな趣向が凝らされ、雰囲気を伝えるための図版類も豊富に準備されているですぅ。

シナリオ集全体の雰囲気はPCがアサーラック作のダンジョンに挑む内容に徹底していて、それ以外の場所や組織の情報がほとんど存在しないのがかえって特徴になっているですぅ。

これと奥底に世界を憎む少年だった頃の心を秘めたまま強大な力を手に入れ、コラムでなぜ踏破の可能性があるダンジョンに重要なものを隠すのか問われれば「僕は君たちに可能性を与えたんだ。君たちの頭は僕をぎゃふんと言わせるほど上等じゃないだろうけどね!」と嘯くアサーラックの人物像を併せると、このシナリオ集が何者も介さない彼とPCの戦いに他ならないことが浮かび上がってくるですぅ。

シナリオのギミックは何を書いてもネタバレになりそうだから怖いけど、モンスタや罠以外でも次元界の特徴などであの手この手のリスクを仕込み、それでいてそれがPCの能力を極端に削ぐものでないのは流石で、DMなら参考になる部分は多いですぅ。

また、ところどころには謎かけの詩やパズルなどもあるので、これは和訳されて凄く助かる部分ですぅ。

収録されているモンスタのダメージは『モンスター・マニュアル3』での再定義前だから、ダイスひとつ分くらい上乗せしてもいいかもしれないですぅ。

今回の『恐怖の墓所』を続篇シナリオとして見た場合、ガイギャックスが『Tomb of Horrors』で“最高の困難を克服したことをプレイヤが自慢できる”ように書いたシナリオの系譜としては、推奨より2レベル下げた難易度エクストリームの存在や、4eのフレンドリィさを維持しつつ底意地の悪い罠や仕掛けで、みんなが遊べるけど“自慢するための”プレイもできるあたりに着地していると感じたですぅ。

設定面でも『Return to the Tomb of Horrors』からさまざまな設定を拾ってそれらの今を描いているのは、なかなか心憎い演出ですぅ。

単純に遭遇の分量を見れば数回のセッションで一区切りつく程度のシナリオ四本なので、そんなに長い時間をキャンペーンに費やせない人や、オンラインでのプレイにも向いていると思うですぅ。


2013年08月15日 この鬚切をば鬼の手切りて後、「鬼丸」と改名す。 編集

§ [Promiscuus] あずきトースト

今日はあずきの水煮をトーストに乗せていただいたけど、やはりバタとあずきの組み合わせはたまらないですぅ。


2014年08月15日 編集

§ [TRR][Oni] リプレイ『鬼の話~オープニングフェイズ:シーン1』

オープニングフェイズ:シーン1・分かれ道(銀次郎)

ときは今より数年前。ところは甲州街道、下諏訪の宿。

一里塚に寄り添うよう植えられた欅の前で、ふたりの男が互いの道へ進もうとしていた。

いずれも堅気とは言い難い出で立ち。片方の立ち居振る舞いにどこか武家の面影がある一本差しが三度笠に歩み寄り、頭を下げた。

「すまんな、またお前を巻き込んでしまった」

「水くせぇ、よしておくんなさいよ。お互い様ってヤツでさぁ」

銀次郎はそれを制して頭を上げさせる。

「お互い様、か。そう言ってもらえるとありがたい」

爽やかな笑みを浮かべて顔を上げる一本差し。名を、渡辺充という。

「妖異に苦しめられている者は多いが、すべてに手を差し伸べられるほど俺たち鬼神衆の手は多くない」

GM/充:「だから、お前みたいな奴には世話になりっぱなしだ」彼はそう言うと旅装を担ぎ直す。

銀次郎:「おや、もうお行きなさるんで?」

GM/充:「ちょっと、江戸でな。大きな山が動いたらしい」

銀次郎:「ほう。そいつぁ剣呑な」

GM/充:「仲間たちも集結している、うまくやるさ。お前も落ち着いたら江戸に来い。俺もしばらくは向こうにいるからな」

銀次郎:「できればお手伝いしたいところですが、生憎こちらも別件がありやしてね。ご武運をお祈りしやすぜ」

GM/充:「ああ、また会おう!」

銀次郎:「おたっしゃで!」

しかし、銀次郎にとってはそれが彼、鬼神衆の渡辺充と最後に交わした言葉となった。

数ヵ月後に彼が旅の空で耳にしたのは、江戸を荒らしていた凶賊、毘沙門組の首領、渡辺充が死罪になり、その首は浅草の刑場で獄門にかけられた。という噂だった。


2019年08月15日 編集

§ [Ludus] コミケよりの帰還

というわけで、コミケお疲れ様でしたぁ。Gears & Gigantesのほうはほぼ完売(関係者への献本分でなくなりそう)したので、再販するか電子化するかなど、今後について現在検討中ですぅ。