ネコぶんこ


2012年12月21日 テレ比喩化 編集

§ [Promiscuus] プディングの仕込み終わり

プディングを蒸したのであとは寝かせるだけですぅ。

今年は圧力鍋で二時間半くらいだったですぅ。


2013年12月21日 編集

§ [Ludus] 流しのデュエリスト

もうノートPCやWindowsタブレットでMagic Onlineがプレイできる時代だし、世界のどこにいてもゲーム内データを換金して食費と宿代を稼ぐ無宿デュエリストなんかも存在するんじゃろうかと夢を広げる今日この頃ですぅ。


2014年12月21日 編集

§ [Ludus] 『Gのレコンギスタ』「月から来た者」

前回とはうって変わって、宇宙からの脅威に対してサラマンドラとガランデンが共闘するための交渉を結構長くとっていて、現在何が起こってるかを丁寧にやってる印象を持ったですぅ。

マスクと天才の交渉シーンでは、所在なげに首を振るG-セルフや、大仰な拍手をするマックナイフといった人物とメカがシンクロした芝居がコミカルさを引き立たせてたですぅ。

白旗作戦が見破られていてからの戦闘は、ヘカテーのプラズマ・サイズが残した光の軌跡が弾幕を蒸発させるような描写が私好みだったですぅ。

トワサンガを確かめに行くと決意してメガファウナのクルーを引っ張る姫様は直感でやるべきことを見切って猛進する力を持っていて、物語をよく牽引していると感じるラストシーンでしたぁ。

それはそうとモランのデザインは「かつて活躍したガンダムは人型でツノがついて目がふたつあり、剣とライフルと盾を持っていて、白と青と赤に塗り分けられているそうじゃ」レベルの言い伝えを元に作ったガンダムっぽさを感じたですぅ。

§ [Ludus] 「ネルフ、誕生」を観ながら

今日はGレコを観た後も眠れず(いつも)にエヴァの「ネルフ、誕生」を観てしまったけど、冬月先生の声が若いことにしみじみしながら、セカンドインパクト調査隊の船でゲンドウから結婚しました葉書を渡された直後に入る船首で砕ける波を“コウゾウ殺意のメタファー”と表現した二次創作『ときめきエヴァリアル』の存在に思いを馳せたりとすっかりだめだめになっていたですぅ。

それにしてもショックなのは、この「ネルフ、誕生」で描写された時間はすべて今や過去になっているということですぅ。未来なんか来るはずがないとばかり思っていたら、もうすっかり追い越されているですぅ。

そして芋づる式に「最後のシ者」を観たのは山口県防府市某所で、そこへの道中宇部の駅で買ったカロリーメイトを食べたら余計お腹がすいて疲れたみたいな記憶がすらすら出てきて、この楽しい過去が人を苛むのだと脳内シャアがいってきたりしたですぅ。

だけど、どの頃と明言は避けるけどあの頃、もしネットや当時身を寄せていた場所で友人たちと出逢わなければどうなっていたかというifが考えられないくらいその頃は重要な時期で、エヴァもその楔のひとつであることだなあと詠嘆してしまうですぅ。


2015年12月21日 編集

§ [DnD][5e] 「『Monster Mamual』と『Dungeon Master's Guide』のエラッタ(ERRATA FOR THE MONSTER MANUAL AND THE DUNGEON MASTER’S GUIDE)」

Sage Advice

2015年12月21日

Sage AdviceはD&Dのルールの公式な解説を行なう月刊コラムだ。時にそれは君のD&Dゲームが円滑に進むのを助けるために参考文書を提供する。その公式性にもかかわらず、Sage Adviceはダンジョン・マスターの裁定には優越しない。ここで提供される回答と情報は、DMがゲームについて判断することを援助するものだ。

Sage Adviceに将来答えてほしい質問があるなら、sageadvice@wizards.comに質問を送るか、このコラムの連載の合間にツイッター(@JeremyECrawford)で私に答えてほしいことを伝えてほしい。

エラッタ

今年の初め、私たちは正確さと若干の明確性のためにPlayer's Handbookのエラッタを公開した。今、私たちは同様の文書をMonster ManualDungeon Master's Guideのために公開する。

いくつかのエラッタは間に合ったので、私たちはそれらを最新刷の本で修正した。本の大人気ぶりは私たちがそれらを再販し、修正することを可能にした。出版の際に誤字、脱字、そして誤表記を修正することは普通のことだ。新刷でのMMDMGの訂正はそうした類のものだ。私たちはそこにあってはならない言葉を削除し、そこになければならなかったものを多少つけ加え、いくつかのルールを明確化した。

君が既にMMDMGを持っていて何が変化したか確認したいなら、私たちはそれぞれの本について変更点を列挙した2つの小さなPDFを準備している(細かい誤字の訂正は含まない)。

Monster Manual Errata

Dungeon Master's Guide Errata

クレジットのページの下の方に以下の文章が入っているなら、これらの訂正を含んだものを君は持っている。「This printing includes corrections to the first printing.」

Monster Manualの大部分の変化はプレイにおいて目立つ影響がめったにない小さな数値の訂正だ。私たちは徹底させるためにそのような変化を文章に含めたが――何が変わるかについて示すために――、私たちはDMはそんな微調整を心配しなければいけないとは考えてない。わずかなDMGの修正しか、プレイでしばしば気づかれそうにはない。より大きな訂正――たとえばMMの伝説的クリーチャーについてのものや、DMGの効果の重複についてのもの――は、ゲームに適用するためにはDMの権限内にある。君たちがこの年にこれらの本を楽しんでいたなら、私たちは君たちの楽しみを強化する変更だけに注目することをお勧めする。

Sage Advice大辞典

私たちが何を訂正すべきかについて、どうやって選んでいるか君が疑問に思っているなら、その疑問について説明しているSage Advice Compendium (version 1.05)を見てほしい。Compendiumは新しいエラッタの存在を拡充するために更新された。

ベーシック・ルール

DM用ベーシック・ルールのPDFはエラッタに従って更新された。

Basic Rules for Dungeons & Dragons

その他の資源

私たちがこのウェブサイトで公開したその他D&Dについての参考文献がここにある。

D&D Spell List (version 1.01)

Monsters by Challenge Rating (version 1.0)

D&D Monsters by Type (version 1.0)

Magic Items by Rarity (version 1.0)

Conversions to 5th Edition D&D (version 1.0)

作成済みキャラクターだけでなく、空白のキャラクター・シートのためにはCharacter Sheetのウェブページを訪れればいい。

著者について

ジェレミー・クロフォードはダンジョンズ&ドラゴンズ第5版の共同リード・デザイナである。彼は第5版Player's Handbookのリード・デザイナでありDungeon Master's Guideにも関わっている。彼は2007年にウィザーズ・オブ・ザ・コーストに入社して以来、多くのD&D関連書籍に携わってきた。君は彼にツイッターで連絡することができる(@JeremyECrawford)。