ネコぶんこ


2012年07月05日 ぼくらはここで、鶏の胸肉を食べ、アイス・ティーを飲み、犬たちが持ってくる棒きれだの蛇皮だのを、おおげさな喜びで迎えることになる。 編集

§ [TRR] 2012年06月24日『夜明け』

朱春峰(男・300歳余・青龍5/秘剣使い1/異邦人8):万の勝利を得るまで祖国へ戻らぬと誓い、日本へやってきた仙人。その正体はかつて鄭成功と轡を並べ清と戦った明帝室の一員。東方不敗と呼ばれたこともあるらしいが、本人は否定している。鄭成功の宝貝で秘剣を感得したらしい。プレイヤは森聖氏。

“葛葉”土御門晴明(男・15歳?・朱雀2/陰陽師11/退魔僧1):表の顔は葛葉の号で浮世絵を描く少年絵師。しかし、その実体は肉体を乗り換え無窮の時を生きる高名な陰陽師。今回は土御門家当主たっての頼みで、客星の謎を追う。プレイヤは荒原の賢者氏。

伊藤伊吹(女・17歳・白虎3/玄武4/神職7):江戸市中のさる寺に勤める巫女。親の代からそういう仕事で、何事にも動じることなく淡々と“仕事”を行なうが、自称一般人。今回はあまり一般人らしくなかったのが悩みらしい。プレイヤは隠者氏。

綾(女・12歳?・白虎6/妖怪7/巨神1):江戸開府の折、新たに掘られた川に発生した龍神。天海に見出され、たまに彼の頼みを聞いたりもする。少女から白蛇、龍へと二回変身できる。割れ顎が特徴的な新右衛門という守役がいる。プレイヤはアシタカ氏。

その日、春峰、晴明、伊吹の三名は大坂沖に浮かぶ船で、鄭成功と敵地へ乗り込む直前の打ち合わせ、兼宴会を行なっていた。

発端は数日前に遡る。

明帝室の血を引く瑶小鳳の情報を手土産に、成功が春峰の家を訪ねてきたのだ。しかし問題は居場所である。彼女は天満屋の手引きで抜け荷の船に紛れて大坂へ入ったが、そこから先の足跡がふっつりと消えているのだ。しかも、この調査を行なった成功と共に仙境で功を積んできた鉄人たちが何人か不帰の客となっている。

天満屋は既に備えを固めている。しかも大坂となれば、そこは彼と配下の外道仕事人たちにとっては庭も同然。土地勘の無い者にはいかにも不利だ。
「度々迷惑をかけるが、お前の力を借りたい。足は俺が手配する」

成功の策は偽装した船で大坂へ入り、瑶小鳳を確保後すみやかに脱出する。すなわち突貫と抽出。そのための人員も既に見繕ってあるという。
「どうせいつものあいつらだろ」

はたしてその通り。伊吹は仕事としてこれを請け、晴明はちょうど泣きついてきた土御門家と都で相談する用事もできたため、大坂へやって来ていた。
「すまないが、今回は偽装と宿の手配に手一杯でお前たちが動いている間の資金は出せん。天満屋のこともあるので気をつけてくれ」

「そしてメタなこと言うと、天満屋がこういう特技使ってるDEATHゥ」

《回状回し※》
タイミング:常時
判定値:自動成功 難易度:なし
対象:効果参照 射程:効果参照
効果:支配下の組織を総動員して市中の噂に眼を光らせ、邪魔者を狩り立てる特技。
このエネミーが参加しているシナリオで情報収集に失敗したキャラクターは、8d6の〈闇〉ダメージを受ける。

「情報収集失敗できない」
「もちろん情報収集に使った総シーン数のカウントもしてるDEATHゥ」

それより少し前、天海のもとへ呼ばれた綾は、上方の裏世界で取引された国産みの神器、天逆鉾の真偽を確かめ、もし本物であったならしかるべき処置を取るよう密命を授かり、大坂へ向かっていた。

龍神である彼女なら、天逆鉾が天御柱へと変じたときにそれを守護する倶利伽羅龍王と感応するものがあるだろう。そうした判断あってのことだったが、当の綾は初めて江戸から出られることではしゃぎきっている。天海と綾の守役の新右衛門はそれが気がかりでならなかった。

役者が大坂に揃ってしばらく後、晴明はいかなる法を使ってか京の土御門家で現当主の泰宏と会見していた。

泰宏の悩みとは、客星であった。少し前から天には北辰を喰らうような輝きを見せる客星が現われ宸憂あらせられるものの、陰陽寮総出で調査してもまったく読めない。時節柄下手な上奏を行なえば、幕府にしろ討幕派にしろ、鬼の首を取ったように騒ぎ立てるだろう。

星で天地は動かずとも、人は動く。そのことは当の陰陽師たちこそ熟知している。ほとほと困り果てた泰宏は、“安倍晴明”に頼ることにしたのである。
「ふん、正しいよ。そんなものを読んではいけない」

それだけ言うと、彼は立ち上がる。狼狽する泰宏に不世出の陰陽師は何とかするとだけ告げ、その場を去った。

実のところ、晴明にはこの時おおかたのあたりはついていた。かつて鎌倉の幕府が滅亡する時も本能寺に織田信長が斃れた時も、天には凶事を告げるかの如く客星が現われている。だが、それは通常の天体とは少し性質を異にする。

現世と幽世の境が揺らぐと、星の運行に乱れが生じたり客星が現われるように見える。つまり、その裏には妖異の影がある。だからこそそんなものを読んだり、ましてや何らかの判断に使ってはいけないのだ。

都でのことを終えた晴明はふたたび、大坂へ戻った。

大坂に着いた綾はすべてが初めて見聞きするものばかりではしゃぎ回り、当然の結果というべきか新右衛門が宿の手配から情報収集まで一切の雑用を行なっていた。綾といえば江戸での顔なじみである春峰と出くわし、菓子を食べているから気楽なものである。

だが往来にはどことなく殺伐とした雰囲気が漂い、ちょっとしたことで人々の間に争いが生まれていた。大塩平八郎の乱以来うち続く変事で人心は乱れ、そこに此度の客星である。街の雰囲気が悪くのも無理はない。

宿が決まっていなかった綾は春峰が逗留している宿に部屋を取るということで、新右衛門を含めた三人は宿へと戻ると、そこには残りのふたりが待っていた。彼らもそれぞれ既に怪しげなところへ探りを入れていたので情報を合わせると、事件の概観が見えてきた。

瑶小鳳の行方は春峰が身内として数名の襲撃者と戦いつつ探りを入れたが、それによると彼女は天満屋の寮にかくまわれており、その周辺は馮克善をはじめとした一騎当千の武侠たちによって固められているらしい。

この馮克善という男は反清復明を掲げた八卦教の幹部で、少数の手勢で紫禁城を襲撃して捕縛されたものの、死刑の執行前に牢を蹴破って脱獄した八卦掌の達人である。その後の彼は蓬莱神教に合流して小鳳の護衛となるが、強大な力を得なければ反清は出来ぬという強い考えを持っていたようだ。
「我慢できなくなったか」

伊吹は上方の裏社会に探りを入れ、織田信長と協力関係にある三人が活発に活動しているという事実を掴んでいた。外道仕事人の元締め天満屋はその財力で天逆鉾を購って信長に献上し、化政の世に復活した四鬼を操る呪術の達人、藤原千方は枚方宿の交野天神社に下手な術者では知覚することすらできない結界を構築している。そして天満屋が招聘した閻羅王“山の老人”はそれに探りを入れるものたちを狩っている。

綾のほうも新右衛門が手を廻し、今回市場に出た天逆鉾が日向国の霧島山で祀られていたが、文禄元年の霧島山噴火で破損し、その後回収されて人手を渡り続けていた品物だということ、大坂の廻船問屋天満屋が大枚をはたいて手に入れたことを探り当てていたので、思わずそれに反応してしまう。
「綾姫様。お役御免になったら天海様にお仕えしていた時期の事をどう説明すればいいんですか!」
「前歴を話せない浪人とか厳しいだろうなあ」
「いいよ。俺も深くは言いたくない身内の話だし、お互い内密に」

小鳳の隠れ家である天満屋の寮に春峰と晴明、綾が踏み込むと、“山の老人”の液火が三人を襲った。それに乗じて屋内から仕事人たちが飛び掛かってくるが、こちらは障害にすらならず春峰が一喝し、綾が正体を垣間見せるだけで戦意を喪失した。

彼らをしめあげると、この寮に逗留していた清国からの客人は淀川を登って枚方宿へ入ったという。別に動いて枚方宿を調べていた伊吹によると、そこにある交野天神社はかつて桓武帝が郊祀壇を築き、中華皇帝も行なったという天地を祀る儀式を行なった場所だ。晴明が口を開く。
「皇帝の子孫はいる、信長は祀られる方か。天地を繋ぐ神器もあるしな」

情報収集を行なうまでもなく結論を導いた英傑たちは、淀川を上って交野天神社へ。果たしてそこには、藤原千方が己が四鬼の中から風鬼、水鬼、金鬼の三体を動員して築いた隠形の結界が張られていた。

「貴族としての私、術師としての私、忍者としての私」
「この結界はお互いを補完してて、3ラウンド以内に全部破壊しないと修復するDEATHゥ。風鬼は突風に飛ばされない判定、水鬼は鉄砲水に流されない判定を3回成功、金鬼は100ダメージ与えればいいDEATHゥ。シーンは結界毎に分割され、シーン間の干渉は奥義のみで行なえるDEATHゥ」
「綾は《水に潜むもの》持ってるからスルーしてOK?」
「認めるDEATHゥ」

「岩が相手なら《五行呪:木行》で貫通できるだろ。37点」
「《忍法:肉鎧》で29点軽減したDEATHゥ」
「なんじゃそりゃ」
「奥義切るしか無いか?」

風と戦いながら春峰が晴明に《一刀両断》を飛ばして金鬼の結界も破壊し、彼も吹きつける突風と戦いながら風鬼の結界を破壊すると、社が変貌した真の姿を現わした。

もっとも結界を張ることに長けた怨京鬼の能力ですら隠しきれず、三体の鬼で封印されていたもの。それはかつて天逆鉾がその姿を変じさせた天御柱が如く、天と地の間に屹立する輝きの柱だった。

「まるでバベルの塔だな」
「なぜわかるDEATHゥ。ともかく入るには誰かが【魔導値】判定でクリティカルするか、全員が〈神〉4D6ダメージDEATHゥ」
「ほいクリティカル」

晴明が難なく結界を開いて英傑たちは結界の中に入ると、ひとつの塔以外何もない沙漠の中だった。 日本では天御柱とされ、中華世界では天壇とされた天を祀る祭壇のもうひとつの姿。バビロンに存在した天と地の礎の家エ・テメン・アン・キ。またの名を、バベルの塔という。
「ちゃんぽんすぎるぞ」
「ここが鳥取かー」
「違う。鳥取はもっと広大なはずだ」

それはともかく、晴明は信長の目的が中華皇帝に祭祀されることで天帝となることだと睨んだ。中華の皇帝は天より天命を享け、律と令によって四海のありようを定義する。ならばその逆を、というわけだ。

塔の中では、馮克善とその同志たちが待ち構えていた。彼は謂う。織田弾正忠がいかな者でもその力は本物。理想だけで清朝は打倒できぬと。
「今は正気でもいつか呑まれるぞ。まあ言葉は不要か」

春峰の剣は克善の鋼となった肉体に阻まれ、克善の蹴りは春峰の剣に阻まれる戦いが続いたが、先に限界を迎えたのは克善だった。倒れた彼とその同志を介抱すると、英傑たちはさらに上へ向かう。

上へ上へと昇ると、周囲に異変が生じ始めた。壁にある神話を切り取った壁画があたかも命を持ったかのように動き出し、その闘争を再現するのだ。実体はないが迫真の神々や怪物たちが英傑たちに襲い掛かり、その心を砕こうとする。

「【精神】難易度10の判定に失敗したら、結界を操っている藤原千方を倒さない限り解除できない重圧を受けるDEATHゥ」
「特技のほとんどが死んでしまう」
「伊吹は重圧を受けない」

そんなこんなで結界を操る藤原千方の居場所を特定し、襲撃をかける。千方はこれ見よがしに結界の核となっている天逆鉾を自慢するが、同時に驚嘆の声をあげた。
「この時代の術者はどいつも大したことはないと思っていたが、お前たちのような者がおったとは。あの男に雇われて正解だったか」
「妖異ではないというか」
「当然のこと、このわしは爪一本たりとも妖異に侵されてはおらぬ。術を窮め、使うことこそが悦びであるがゆえにあの男についた!」
「こいつも大概性質が悪い!」

千方は幻術使いの力で結界内のあらゆる事象を操作して英傑を圧倒するが、逆に速攻でかたをつけねばまずいと判断した春峰が《秘剣:雪月花》を放ち、一刀のもとに倒される結果となった。だが彼が倒れたその時、闇の中から伸びてきた白い革の手袋をはめた手により天逆鉾が奪われる。
「千方が倒されるとは面白い。俺の前に立つことを許そう」

英傑たちは気がつくと満天の星に見下ろされる塔の屋上に立っていた。反対側には一心不乱に祈りを捧げている瑶小鳳と、それを翡翠の玉座に座って眺める織田信長がいる。
「お前たちのように力ある者を殺すのは忍びない。どうだ、俺の同志にならぬか? 俺の望みは足元にあるようなちっぽけな島々にあらず。中原だろうが南蛮だろうが、その娘のように俺に従ったものに呉れてやる」

信長は英傑たちを見やり、天を抱くかのように両手を広げて続ける。
「そしてお前たちのように力を持て余した者たちには、見せてやろう。この星々の海、その彼方にも広がり続ける十万億土を。そこには無量の邦があり、無尽の戦がある。俺たちは平らげられるだけの土地を平らげ、果つることなき彼方を目指そうぞ」
「人は地に足つけてないと生きてられんよ」
「そうそう、川がないと」
「仕事だしそっち行く気もない」
「ポケットに入るだけのものでいいさ。それに、天を支配する必要なんかない」

晴明の言葉に、信長は眉を上げた。
「ほう?」
「天など、好きな時に操ればいいのさ」
「言ってくれる! ますます気に入った!」

「信長は天帝の力を身につけているので、フェイズワークを成功させるまで以下のような特技を持っているDEATHゥ」
「うわー、ほしー」
「ただし力を手に入れて英傑を舐めているので奥義は使わないDEATHゥ」

《天の鎧※》
タイミング:常時
判定値:自動成功 難易度:なし
対象:自身 射程:なし
効果:不動の北辰を体現する特技。
このエネミーが受ける〈神〉属性以外の実ダメージを半分にする。
《天の玉座※》
タイミング:クリンナッププロセス
判定値:自動成功 難易度:なし
対象:自身 射程:なし
効果:天の運行を支配する天帝の力を得る特技。
このエネミーが取得している「1シナリオに●回」、「1シーンに●回」とある使用回数をすべて回復させる。

「さあて、お喋りはそこまでかな」

英傑たちと信長が互いに身構える直前、玉座の後ろにある夜が動いた。
「江戸では跳ねっ返りが不覚を取ったが、あれを“山の老人”のすべてと思われては困る」

周囲の暗闇から次々と短刀を構えた戦士が現われ、英傑たちに向かって跳んだ。

「“山の老人”たちの特技はこんな感じDEATHゥ」

《血の同胞※》
タイミング:イニシアチブプロセス
判定値:自動成功 難易度:なし
対象:効果参照 射程:効果参照
効果:己の血肉を分けた分身を創造する特技。
このエネミーのエンゲージに、HP、MP、奥義以外はこのエネミーと同じデータをもつ分身が2体、未行動で現われる。
分身の【HP】は1で、特技の使用回数制限はこのエネミーと共有している。また、このエネミーの奥義を分身が使用することも可能である。
この特技はシーン中に分身が1体もいない時、1ラウンドに1回使用できる。
《二重影※》
タイミング:メジャーアクション
判定値:【命中値】 難易度:対決
対象:単体 射程:武器
効果:一瞬だけ分身を創造し、同時に別の場所を攻撃する特技。
対象に物理攻撃を行なう。この物理攻撃へのリアクションでは判定を2回行ない、その両方に勝利しなければ対決に敗北する。

信長が《万軍撃破》と《四象順天》で眼前を薙ぎ払うのを伊吹と綾が防ぎつつ、しばらくは春峰と晴明が二柱の閻羅王の相手をして伊吹と綾がフェイズワークで儀式を破壊しようとするが、伊吹が《一蓮托生》で信長の斬撃を弾き返し、彼の余裕に満ちていた顔に青筋が走ったのを見て春峰が叫んだ。
「埒があかんな。ようは殺せばいいんだ」
「ああ、そうだった」

晴明も笑って応え、春峰が信長に秘剣を仕掛けた後から呪を叩き込む。攻撃が効かないわけではないのなら、いつかは倒れる。ましてや相手は油断して最大の切り札である奥義を使わないのだから。

信長が頑なに奥義を使わないため、“山の老人”が必死に奥義で妨害をするが数が足りなかった。晴明の呪が閻羅王たちに炸裂し、そのかりそめの肉体を破壊する。
「これはますます俺の配下に置きたくなった! 覚えておこう」
「二度と来るな」

綾が今度こそ天逆鉾を奪還する横で春峰は小鳳を捕まえると問答無用で説教を始め、お株を奪われた伊吹が手持ち無沙汰で立っていた。そうこうしているうちに、結界も崩れて中にいた者たちは、社の森に吐き出されるのだった。

江戸に戻る直前。ふたたび晴明は都に舞い戻り、帝と土御門泰宏にどうしたわけか客星が消えたことを告げた。深々と頭を下げる泰宏に晴明は江戸の借りは返したことを告げ、散逸した家伝の復刻を頼もうとしていた現当主をかわすのだった。

江戸に帰還した綾は天逆鉾を天海に渡してはじめての遠出を終わらせていた頃、鄭成功も伊吹のもとを訪ねて礼金を渡していた。

そしてしばらく後、鄭成功の船で帰国の途につく瑶小鳳と馮克善を見送る春峰の姿があった。清朝の命数は尽きかけ動乱の兆しが見えてはいるが、彼が故郷へ帰るのはまだ後のことになりそうだ。

夫妖ハ徳に勝ずといへり百鬼の
闇夜に横行するハ佞人の闇主ニ
媚びて時めくが如し大陽
のぼりて万物を照せバ
君子の時を得
明君の代に
あへるが
ごとし

――『今昔画図続百鬼・明

今回は『古戦場火』、『逢魔時』と続いてきた三部作の最後になるシナリオだったですぅ。いろいろと要素を詰めすぎて消化しきれなかった感はあるけど、長くしすぎるのもみんな忘れるので一気にやってしまいましたぁ。

数年来の友人と遊んでいるせいか、信長の目的まわりが情報収集判定よりも先に先読みされるのもまた心地よい出し抜かれ感覚があったセッションでしたぁ。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

§ bhvnae [ranhpcic]

§ nnhmlp [umyxypj]

§ viagra [pfevdee [url=http://pisrrg.com/]cnjftcai[/url]]

§ viagra [toilryf [url=http://pmnvfe.com/]dbxscmc[/url]]

§ super news [tl8Q0N Really informative article post.Really thank you! W..]


2013年07月05日 ハエを叩くのに野球のバットはいらないのである。 編集

§ [Promiscuus] うめく(本当はうめかない)

今日もまた調子が悪くごろごろごろごろしてたですぅ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

§ louis vuitton outlet [louis vuitton sneakers outlet ネコぶんこ(2013-07-05) louis vui..]


2014年07月05日 編集

§ [DnD][5e] Basic Rulesの読み方

Basic Rules』が公開されたことだし、ダンジョンズ&ドラゴンズ第5版Wiki(仮)で、Basic Rulesの読み方を始めたですぅ。

チェックしておくといいところ、読み方などに重点を置いていきたいですぅ。


2018年07月05日 編集

§ [DnD][5e] 『調査:巨人の魂ソーサラー(SURVEY: GIANT SOUL SORCERER)』

2018年06月18日

最新のUnearthed Arcanaの調査をお願いする。

前回のUnearthed Arcanaでは、巨人の魂サブクラスのプレイテスト・オプションを公開した。君がこれらのオプションを読んで考える時間を与えられている現在、私たちは以下の調査でそれらに対する君の反響を得る準備ができている。この調査は約3週間公開される。

これはプレイテスト用

Unearthed Arcanaの内容は、プレイテストと君の想像力をひらめかせるために発表される。これらのゲーム・メカニクスは草案の形式で、君のキャンペーンで使えはするがゲーム・デザインと編集の最終段階を通ったものではない。これらはゲームの公式な一部ではない。これらの理由から、このコラムの内容はD&Dアドヴェンチャラーズ・リーグのイベントでは非合法となる。