ネコぶんこ


2010年07月18日 「訓練を忘れるな、ケイス。それだけが頼りだ」 編集

§ [DnD][4e][ChaosScar] Aeryn "Blackdirge" Rudel『這いずるものの神殿(The Crawling Fane)』Dungeon #178(3レベル)

『這いずるものの神殿(The Crawling Fane)』は3レベル・キャラクター向けのシナリオである。それは渾沌の痕にある荒廃したドワーフの神モラディンの寺院が舞台である。シナリオでキャラクターたちは異質な神に仕える狂った危険なドウェルガルのクレリックの陰謀と巨大な蟲と這いずるモンスターと戦う。英雄たちは古のドワーフの英雄が使った武器を奪還し、モラディンの寺院を復興し、そして新たに渾沌の痕へ出現しようとする大いなる悪を阻止するのだ。

君たちの前には渾沌の痕の荒涼とした風景からは浮いた、長い間うち捨てられた廃墟がある。その屋根は抜け、かつては頑丈だったであろう壁も今は雑草が茂るがれきに過ぎない。正門の両脇に、どちらも風化と浸食で本来の姿を知るのが困難となった2体の石像がそびえている。この嘆かわしくも忘れ去られた建物が、かつてはモラディンの聖なる信仰の場だったことを想像するのは困難だ。

§ [Promiscuus] 渚にて

所用で出かけたので船を待つ間に写真を撮ってたら、船が来た(私が乗る船ではない)ですぅ。

そしていい感じのジェラートの店でピーチ、チョコ、マンゴー、ミルク、クッキーと食べて(おしゃれ定食と命名)夕食を済ませ、家路につきましたぁ。


2012年07月18日 『おいおい、こいつは家なんかじゃない――こいつは姿を変えたモールだ』 編集

§ [DnD][4e][Liber] ジェレミィ・クローフォードスティーヴン・シューバートマット・サーネットモルデンカイネンの魔法大百貨

モルデンカイネンの魔法大百貨はさまざまな魔法のアイテムに加え、新しい種類の防具や武器なども収録したアイテムについてのサプリメントですぅ。アイテムのサプリメントは既に冒険者の宝物庫冒険者の宝物庫IIがあるけど、モルデンカイネンの魔法大百貨もほぼすべてが新規データで、しかもルールズ・コンペンディウムでレアリティなどのルールが追加されてアップデートされた魔法のアイテムのルールにも対応してますぅ。

もちろん、アップデートされたルールを導入していない既存環境にもそのまま導入できるですぅ。

新しい装備と魔法のアイテム

新しい種類の武器はブロードソード、スパイクド・チェインなどヒーローズ・オヴ・ザ・フォールン・ランズヒーローズ・オヴ・ザ・フォーゴトン・キングダムズに収録しきれなかったものが収録されていて、防具だとスタデッド・レザーやスプリント・メイルなどなつかしの装備が帰ってきているですぅ。

術者が使う装具もプレイヤーズ・ハンドブックIIIで導入された、特技を修得することでちょっとした力を引き出すことができる上級装具が紹介されているですぅ。

これら新装備の項では、それらを活用するための特技も同時に紹介されていて、読みながらそれをどうPCに組み込むかの想像を広げやすくなっているのがこの本のいいところですぅ。

収録されている魔法のアイテムは264種と冒険者の宝物庫の894種、冒険者の宝物庫IIの632種から見ると見劣りしているかもしれないけど、アイテムがひとつひとつその来歴を説明されていたり、レアリティの導入によって“壊れた”性能のアイテムがちりばめられているので、読んだりデータをチェックする楽しみは格段に大きくなっているですぅ。

収録アイテムの中にはフレイム・タンフロスト・ブランドブーツ・オヴ・エルヴンカインドリング・オヴ・Xレイ・ヴィジョンなどもあり、昔からプレイしていたり復帰した人ならニヤリとできることうけあいですぅ。

魔法のアイテムについてもうひとつ補足しておくと、矢弾や消費型アイテム(ポーション、エリクサーなど)も豊富に掲載されてるので、買い物に頭を悩ます楽しみを低レベルのうちから愉しめる助けになるのがこの本の偉いところですぅ。

DM向け要素

この本にはプレイヤのためだけではなく、DMにとって有用なアーティファクトとアイテムの呪い、物語アイテムも紹介されてますぅ。

ダンジョン・マスターズ・ガイドで紹介されている、彼らに好ましく思われる行動を取ったら信頼度が上がって能力が上がる自我を持った恋愛シミュレーションゲームっぽいアイテムがアーティファクトで、そのものがキャンペーンの核となりうるキャラクタ性を持っているですぅ。

アイテムの呪いは旧版にあった呪われたアイテムについてのルールで、条件が成立すると装備者が不利になる特性がアイテムに追加されるですぅ。呪いが発動したらその遭遇では経験点を追加することが推奨されているのは、困難に直面してもきちんと報いがある今時のデザインになっていて好感が持てたですぅ。

この呪いのルールはPCに課される戒律やゲッシュにも応用できそうですぅ。

物語アイテムはデーモンを封印する小箱、存在を支配する真名など、どちらかというと今までストーリィ上のギミックとして使われてきたものをアイテムの一種として再定義して、色々な種類のそれらを紹介しているですぅ。

そして……

武器や防具だけを紹介しているのではなく、防寒具や変装道具、そしてお馴染み10フィートの棒など細々とした冒険道具もきちんと使った時のデータや、DMへの運用を助言するコラムつきで紹介されているのは実にしっかりとしているですぅ。

この本ではまだまだ、Classicの『Companion Set』や3eのStronghold Builder's Guide一部に大人気だった砦や塔など建造物の購入ルール、冒険者の宝物庫にも収録されていたPCが特技を修得して作成できるようになる錬金術アイテム、松明持ちや書記官から同行キャラクタのデータを持つ傭兵までさまざまな部下を抱えられるようになる雇い人ルールなど、これまでDnDに存在したアイテム関係の主だったルールを細かく拾って4eというシステムの上で花開かせているですぅ。

この本はアイテム関係での最初の一冊どころか、プレイヤーズ・ハンドブックヒーローズ・オヴ・ザ・フォールン・ランズヒーローズ・オヴ・ザ・フォーゴトン・キングダムズの次に何を買えばいいのかと訊ねられればこれだと即答できるくらいよくできたサプリメントなので、買って損は無いですぅ。


2013年07月18日 “移動”には、ある地点から他へ動くということ以上の意味がある。 編集

§ [Promiscuus] ひもの

今日も今日とて部屋の隅にある冷暗所でひからびてたですぅ。


2014年07月18日 編集

§ [NOVA] 地図アプリ活用

近頃N◎VAをやるときに便利だと感じているのが、スマートフォン用の地図アプリですぅ。傾けて表示できるものが多いから、ニューロエイジの地図っぽく傾けてN◎VA中央区がアクアラインより内側の東京湾、フェスラー公国が三浦海岸沿い、房総南国際空港が房総半島の先端沖合い……というように見ていくと、位置関係がよりわかりやすくて助かるですぅ。