ネコぶんこ


2010年07月19日 「言葉をもっておゆき、盗っ人」 編集

§ [DnD][4e][ChaosScar] Corwin Riddle『堕ちたる鉄槌(The Hammer Falls)』Dungeon #179(2レベル)

『堕ちたる鉄槌』は渾沌の跡(Chaos Scar)を舞台とした2レベル・キャラクター5人向けの短編シナリオである。キャラクターたちは力のために地獄へ魂を売り渡したドゥエルガルの一族が占拠する廃棄された鍛冶場へ向かう。その中で、ドゥエルガルは隕石の欠片によって穢された溶岩の川に隠された秘密を発見するため一心不乱に働いている。

君たちが鍛冶場に近づくと強烈な硫黄の悪臭が漂ってきた。工房が長い間使われていなかったのは痛み崩れていることからも明らかだ。壁の上のほうは崩れ落ち、さびた道具が入り口の周りに散らばっているが、蒸気と煙は壊れた煙突から出ており、金床の上で響くかすかな槌音が壊れた壁の向こうから聞こえてきた。

§ [DnD][4e][ChaosScar] Scott Fitzgerald Gray『砕かれた泉(The Splintered Spring)』Dungeon #179(3レベル)

『砕かれた泉』は3レベル・キャラクター向けのシナリオである。それは地底湖とその上層を舞台とする。不気味なクモの異常発生は王の長城(King's Wall)付近の土地で魔法のアイテムが盗まれる原因となっている。キャラクターたちが調査をすると、ドルゴーント率いるファウルスポーンの一党が隠れ家――渾沌の痕に惹かれた異形の教団の前哨地――に潜んでいることがわかる。

進路からの微風はかすかな水気を含んでいる。隆起した岩のとげが川床を囲み、立ちのぼるもやもやとした霧が君たちの視界を阻害する。地表から噴き出ている力強い地底の泉はその周りに冠のように立つ岩の破片に囲まれている。泉からは細い流れが勢いよく小さな湖へと注ぎ込んでいる。湖には表面が数フィートの岩が小島のように点在している。クモの足跡はこれらの小島のうち最も近いものにまっすぐ向かって消えている。


2012年07月19日 ヨーロッパで半年すごして帰ってきた友人たちの顔に見た、野放図な安堵や意気消沈したケタケタ笑いと同種なのだ――そういう顔は、大型車やふわふわの白いタオルやカリフォルニア物産にもう一度ひたりきれる安堵感を見せながら、また、ヨーロッパ巡礼にほぼつきものになっている「このあと自分の人生をどうしたらいいかわかんない」という、半ば客観的な鬱状態に必然的におちいりかけている顔でもある。 編集

§ [DnD][4e] 神話級シナリオ紹介

今回は4eの展開開始直後から発売された九部作シナリオのうち、神話級シナリオの簡単な紹介ですぅ。どれも数回のセッションでクリアすることを前提に設計されているから、ひとつあればかなり長く遊べると思えるですぅ。

敵のデータなどはやはり陳腐化していたり、どれが悪いと特に名指しはしないけど弱い方向に残念すぎるものもぽつぽつあるのでMonster Vaultなどで適宜差し替えるのがいいと感じたですぅ。

Death's Reach

レイヴン・クイーンの幻視に導かれた神話級の英雄たちがシャドウフェルへ向かうと、そこは既に戦場だったという導入で、PCはついに本格的な動きを見せてくる悪の軍勢や暁の戦から続く超越者たちの因縁に立ち向かっていくシナリオで、21~23レベル向けとなっているですぅ。

冒険する次元界の苛酷な環境が強調されていたり、かつて宇宙に破滅をもたらそうとした存在が次々襲い掛かってくる派手な展開は神話級ならではですぅ。

Kingdom of the Ghouls

レイヴン・クイーンから導かれてきた冒険も、ついにシギルを越えてアビスへ舞台を移し、英雄たちはタナトスに位置する“白の王国(The White Kingdom)”へ突入することになる、24~26レベル向けシナリオですぅ。

このシナリオの神話っぷりは異次元の国ひとつを相手取って世界対俺ができる点に尽きるけど、この神話級三部作に限らず九部作シナリオは、それぞれ楽しみ方を微妙にずらして、色々な要素を紹介しているように見えるですぅ。

Prince of Undeath

英雄たちを導いてきた声は喪われつつあり、“彼”はその大計を達成しようとしていたという切迫した状況で始まるこの九部作最後のシナリオは、27~30レベル向けですぅ。

もはや時代を導く側となったPCには世界に足跡を刻む新たな神話を打ち立て、変革をもたらすことが目的としてクエストとともに提示され、最後の冒険が始まりますぅ。そして、それはシャドウフェル城を覆う影以来の腐れ縁である“彼”との決着でもあるですぅ。

旧版からやっている人は、しばらく見なかったNPCが驚くべき形でゲスト出演しているのに涙するかもしれないですぅ。


2013年07月19日 キャラクターメーキングに関してもう一つ重要な要素は、キャラクターの特殊技能(これは基本的な能力値とは異なる)をどう表すかである。 編集

§ [Promiscuus] 一学期最後の日

明日から夏休みということは夏というやつがあと一ヶ月以上続くというわけで、暑さに対するつらさが募ってくるですぅ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

§ hermes outlet handbags [authentic louis vuitton factory outlet ネコぶんこ(2013-07-19) ..]


2014年07月19日 編集

§ [DnD][5e] 『Starter Set』到着

今日、海外のショップに発注していた『Starter Set』が届いたですぅ。私の箱は外装がちょっとずれてるのが特徴ですぅ。

中身はルールブック、シナリオ、印刷済みサンプルPC五つ、Encountersのチラシ兼未記入のキャラシート、ダイスで、上げ底用の厚紙の上に入ってるですぅ。

シナリオの『Lost Mine of Phandelver』は64ページで場所ベースの四部構成、遭遇の冒頭に行なう描写に続いてNPCの反応やPCが何かしたときのために起こりうる結果を書いているフォーマットですぅ。このルールでは戦闘遭遇も詳細なマップは使わないので、内容としてはいくつかのダンジョンと最寄の村が詰め込まれたものになってるですぅ。また、魔法のアイテムとモンスタもちょっと入ってるので、シナリオの自作もできないことはなさそうですぅ。

オフラインでのプレイはもう少し先になりそうなので箱のにおいをすうはあ嗅ぎながら時を待つですぅ。


2015年07月19日 編集

§ [NOVA] 2015年07月19日「イントゥ・ザ・ナイト」

クルス・和人(29・♀・バサラ、フェイト◎、クグツ●):以前は企業で工作員をやっていたフェイト。探偵の仕事もあくまでビズと割り切っている。戦闘となれば〈強化〉と〈実験体〉で加速し、〈通過〉でSMGの弾をばらまく自己強化に長けたバサラでもある。

“666”ネロ・カオス(24・女・バサラ●、クグツ◎、カゲ):テラウェア製メモリタイプの後期生産型クローンで、褐色の肌を持つ虚なる罪人イレイザー。その上元ナンバーズという真っ黒な経歴で千早に移籍した謎の女。撃った相手が消し飛ぶ銃を使う。

八坂百太やさかひゃくた(23・♂・カリスマ、マヤカシ●、トーキー◎):ハイスクールの職業訓練プログラムでチャンネル99の見習い記者をやっている少年。実家は霊能者の家系で、トーキーお得意の挑発や煽りに交えてそれ由来の技を使う。図太い。

ナイト・ムーヴズ』の第一話「イントゥ・ザ・ナイト」をやってきたですぅ。

内容ではない部分にスポットライトを当てると、クルスがストリートキッズ相手に事務的な〈交渉〉で失敗したところにネロが現われ、「こいつは口下手だから」とフランクに応対していたのはキーがクグツとペルソナがクグツのいい対比になっていたですぅ。

その一方でクルスは「お前は金持ちなフェイトになるぞ」と金と引き換えに事件から手を引くよう求められたときにそれを承諾し、「これで直接顔を合わせられるから皆殺しにしよう」と企業人らしくお茶目なところも見せていたですぅ。

また、事件の元凶にクルスが《真実》を使う前にネロが元力を発動させ「逃げられないし命乞いも無駄だから精々口を動かせ」と言うのはいい感じにダーティだったですぅ。