ネコぶんこ


2012年02月19日 だが、他の地域と同じく、オースティンでもビデオゲームの氾濫が始まっていた。 編集

§ [DnD][DnDNext] 『回復の時間(Time to Heal)』

2012年02月01日、水曜日、午前08時26分

投稿者:WotC_Bruce

君が適当に選んだD&Dプレイヤーにクレリックの仕事を訊ねたら、6人中5人は「クレリックは回復役だよ」と言うだろう。

単純にして充分な言葉だが、クレリックの能力がキュア・ライト・ウーンズといくつかのゲームを盛り上げる呪文を発動するだけで、何か他のこと(たとえば彼女が手にしたメイスでモンスターを攻撃したり、シアリング・ライトの呪文を発動するなど)を犠牲にして友人を回復させているならほとんどの場合煮詰まってしまう。

初期の版で、クレリックは呪文を記憶するための貴重なスロットを回復呪文で埋めなければならなかった。なぜならクレリックは友人を回復させるための回復呪文が少なくなったり無くなっていることに煩わされなくなかったからだ――議論終わり。ところが回復呪文を記憶したクレリックは彼女が何をしているか心得ていた(そして茶目っ気もたっぷりあり、私はゲームのテーブルでそれらの呪文でいい気になっている声をよく聞いたものだ)。

第3版で、私たちはこの不安感が任意発動で和らぎ、クレリックは記憶している呪文と引き換えに同レベルの回復呪文を得られるようになった。これはクレリックが彼女のターンに他の行動をする代わりに行なうという若干の不安をはらみつつも有意義な進歩だった。

第4版のルールでは回復呪文や他のヒーリング・ワード系パワーを発動する時の機会損失が注目され、クレリックは1回の戦闘で2回は素早くそれらを行って彼らのターンとして使用することができた。このクレリックの回復ルールからは友人の回復をするためのほとんどの不安を取り除いた(特に回復力の考えに関連し、キャラクターが底力を使ったり、他の回復クラスが出たことから)。

そう、私が行ないたい質問、それはその手軽さについてだ。

クレリックは味方を回復させるためにどれだけのリソースを費やさねばならない?

  • クレリックは回復呪文の準備を行なって通常のアクションとして呪文を使用しなければならない。
  • クレリックは呪文スロットやアクションに拘束されない回復能力を持つべきだ。
  • クレリックは自由な回復能力と"呪文スロット”の回復能力を持つのがいい。
  • 上記のどれでもない。

2013年02月19日 たまに、演じた役が現実のものとなることもある。 編集

§ [DnD] 『オークの部族:際立った特徴(Orc Clans: Distinguishing Features)』

補遺d12

著者:ジェイソン・ショルティス

ダンジョン・コマンド ブラッド・オブ・グルームシュ』も発売されることだし、ふたたびオークへ目を向けよう!

DMが彼らの冒険に詳しい描写を加えるために、(The Dungeon Dozenの)ジェイソン・ショルティスは以下の表――第1版DMGの補遺、表、およびランダム遭遇の魂を継ぐ――を準備してくれた!

オークの部族:際立った特徴

オークは蝿のごとく地に満ち、温暖な森林から極地の氷原まで、世界のいたるところを荒らす偏在する文明の敵である。この事実は、ある種の孤立した亜種が彼らだけにしかない独自の特徴を持つ可能性があるということだ。

d12
  1. 犬歯:とても大きな口を持ち、ときにその6インチはあり濃い病毒を含む鋭い牙で武器を手に持つことなく、残忍に切り裂き噛みつく。
  2. 邪悪な黒い枝角:枝の数と複雑な形が地位を意味するため、階級社会で地位のために争う者の間での暴力によらない争いを単純にする。
  3. 単眼:もっとも暗い洞窟に住むこれら単眼のオークは奥行きの感覚が完全に欠如しているので飛び道具を使わず、ひそかに敵を尾行して機会が来れば数で圧倒するのを好む。
  4. 悪魔の相:これらはまるでデヴィルのような角と、外なる至高の悪の存在から恩寵として与えられたコウモリの翼の名残を持っている。
  5. 猿の相:華奢なつくりだがより豊富な筋肉を持ち明らかに腕と指が長いオークは、樹木に適応して暗い森の樹上に出没する。
  6. 混沌の腐敗:おそらく暗黒の妖術に長く触れ続けたせいか、これら不運で哀れな者たちの皮膚と筋肉や血管はひび割れと膿みでとても醜いうえに臭気を発するほどに崩れている。そのため全身を包帯で覆った外見であることが多い。
  7. すさまじい肥満:地位は体重で決まる。地球でいうトガリネズミのように、彼らは毎日の食事でその体重を支え続けなければ、痩せて(最終的には)飢える危険を持っている。
  8. 毛深い:長く不潔でとてもべたべたした黒と灰色の体毛がオークの体中から生えている。この分厚いおおいは環境に対してだけではなく、戦闘でも強い防御力を発揮する。
  9. 長身で細い:このオークは身長8フィートほどで、近接戦闘を避けて彼らの剛弓から放たれる巨大な矢で敵をハリネズミのようにすることを好む。
  10. 水陸両棲:沼オークは色とりどりのひだがついたえら、魚のように飛び出た眼と水かきがある指を持つ。彼らは陸地と水中の両方で活動できる。
  11. 蟲の眼:彼らの先祖は求められた奉仕ができなかったため蟲の神によって呪われ、360度を見渡せるふくらんだ複眼を与えられたために兜を使っていない。
  12. 豚の鼻:デイビッド・サザーランドとトランパイアに捧ぐ。

著者について

ジェイソン・ショルティスは昼間は社会福祉事業で働くが、夕方には自由となって文章や絵を描いたり、ロック・バンドで演奏している。D&Dは彼の心で特別な地位にある。彼のほぼ毎日更新されるブログ、『The Dungeon Dozen』にはもっぱら12面体ダイス用のランダム表が書かれている。


2014年02月19日 編集

§ [Ludus] ヤマンのネーミング

どうでもいいけど『エメラルドドラゴン』のヤマンは矢・マンであり矢ガモなどの同類説が心に突き刺さったまま何年も経っているですぅ。


2015年02月19日 編集

§ [Promiscuus] 『

ここのところTwitterで『艦これ』についての妄言を吐きまくっていたら、久しぶりに何か書いてくれようという気分になり、天龍の人と龍田の人を題材に短篇の 『』を一本書き上げたですぅ。

また、新たな試みとしてpixivでも公開してみましたぁ。

願わくば私が兄妹百合というジャンルの先駆者になるのではなく、後に続く人が屍を踏み越えて無限の沃野を見せてくれることを望むものですぅ。