ネコぶんこ


2012年05月06日 その世界は、彼自身がずいぶん前に実家で開いていたホームパーティのデジタル版だとも言える。 編集

§ [DnD][DnDNext] 『ウィザードと殺人許可証(Wizard with a License to Kill)』

2012年05月04日、水曜日、午前08時41分

投稿者:WotC_Bruce

ロブは最近いくつかのブログで、テーマと背景を使ったD&Dのキャラクター作成が取りうる方法について話した(『背景とテーマ:より掘り下げて』や『クラスと種族を越えて』)。

背景とテーマはキャラクター作成において“背骨”を通らせたいプレイヤーを助けることができる。これら2つの道具で、ファイターをプレイしたい人ならそれらの素材がこれからプレイするDMのテーブルにあれば、ドワーフのファイターを作成するために兵士の背景とスレイヤーのテーマがパズルのピースをぴたりと埋めることに気づくだろう。

テーマと背景はまた、伝統的に別のクラスを得ることで表現されてきたあるクラスの“雰囲気”を与える。たとえば、私が諜報員のキャラクターをやりたいなら、多くの版で私はローグやシーフをプレイするか、私のローグではないキャラクターにローグやシーフをマルチクラスためてそれらの利益を得ていた。今のところ私たちが現在デザインしている世代では、諜報員の背景を選ぶことでエルフのウィザードでもマルチクラスなしで表現できるようになっている。このキャラクターは彼が外国や彼の行く先々に不和と不安を植えつけるサーイの秘密工作員として生きてきたことを表現できる。(そしてキャラクターが赤い服を好んでいるなら、私は彼を変装させるだろう。)

もちろん、私はどの版のウィザードでもとても素晴らしい力で諜報員のように動くことができたことは知っている。しかし私が変装をし続け他人を偽り続けることを助ける仕組みが欲しい時、諜報員の背景はそれらの利益を与えてくれる。

背景とテーマの概念についての概念を確認させてくれる(そして私たちはこの質問を大量のフォーラムの投稿から見つけた)質問はこれだ。テーマと背景というオプションと発達したマルチクラスはどこが違う?

実は、この答えは単純だ。私たちがデザインするすべてのクラスには中心となる個性とクラスの根本を示すのに必要なそのクラスだけの仕組み、そしてそれらを合理的に提供する特徴で構成されていなければならない。そして、確かに、私は諜報員の背景でウィザードをプレイできたのだ。しかし私が諜報員として背中に突き立てる短剣と信じられない隠密性を求めるなら、私はローグとマルチクラスすることを決意するだろう。

テーマと背景は背骨を提供し、それらは君のキャラクターを雰囲気とプレイにおいて大きく盛り上げるだろう。同時に、マルチクラスは君のキャラクターのプレイを根本的な部分から変化させる方法であり続けることができる。それはそれぞれにウィザードの諜報員を表現できる。誰かはウィザード/ファイターの諜報員かもしれない、あるいはもっと正道を外れるなら、ウィザード/アサシンの諜報員かもしれない……。


2013年05月06日 そして、他の“ふつう”のプレイヤーは疎外感を味わい、興味を失ってしまう。 編集

§ [Promiscuus] 今日もかしわもちとちまきもっちもっち

特売のかしわもちを買い足せたので今日もまだもっちもっちしてたですぅ。

そして夜も更けた頃不義理を働いていたことに気づくの巻きですぅ。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

§ maillot psg [Thank you for the good writeup. It in reality was once a a..]

§ penis extender [penis penis extender http://www.cheappenisextenders.com]

§ maillot psg 2013 [index.php?/topic/ maillot psg 2013 http://maillotpsg2013.1..]

§ firefall crystite [My most wonderful firefall crystite http://www.4firefall...]


2014年05月06日 編集

§ [Promiscuus] ワンカップワイン

昨日セッション後の食事でワンカップワインの貧乏くささはわざわざワイングラスっぽいものを作るために支持棒ついてるところとか話したけど、ミニボトルにしたらまだましな気がしたですぅ。


2015年05月06日 編集

§ [DnD][5e] 『Unearthed Arcana:波間を行く冒険者(Unearthed Arcana: Waterborne Adventures)』

海洋冒険キャンペーン用キャラクター・オプション

マイク・ミアルス――2015年05月04日

D&DのR&DがRPGデザインのさまざまな新しく興味深い要素を君がゲームをするテーブルで使うために披露する毎月の実験場、Unearthed Arcanaへようこそ。

君たちはこのシリーズで発表される素材を第5版プレイテストの第一波と同じように考えることができる。これらのゲームの仕組みは草案の形式なので、君たちのキャンペーンで使用可能であるがプレイテストとデザインの繰り返しで完全に調節されたものではない。これらはとても気まぐれで、不安定なものかもしれない。もし君たちがこれらを使うなら、どんな問題が起こっても裁定を下せる準備をしてくれ。これらはインクではなく、鉛筆で書かれている。

Unearthed Arcanaで発表される素材は私たちがいつか出版されるサプリメントに収録したいものから、私たちの自宅でやっているキャンペーンのハウス・ルールのうち共有してみたいものまで多岐にわたり、コア・システムのオプションから特定のキャンペーン・セッティングのためにデザインされた素材まである。一度それを公開すれば、君たちはそれがどのようにうまくいき、それを改善するために私たちができることがあるかを知るために君たちは私たちに接触することができる。

波間を行く冒険者:今月のUnearthed Arcanaが提示する新しいキャラクター・オプションは、単純な方法でデザインされた海洋冒険の陳列棚だ。これらのルールには新たなオプションとして戦闘スタイル、ローグの道、そしてソーサラーの起源のクラス特徴、さらに『ドラゴンランス』の世界からのプレイ可能な種族ミノタウロスが含まれている。航海をするD&Dキャンペーンで特に役立つように作成されたこれらのルールだが、どんなキャンペーンでも役立つ充分な汎用性を持っている。

Dungeon Master's Guideには海で船を運用するルールに加え、遭遇表、天候のルールなど、他にも使える道具が収録されている。それらのルールをこれらの新しいオプションと組み合わせることで、君のキャンペーンはいつでも出帆できるようになる。

UNEARTHED ARCANA: WATERBORNE ADVENTURES

今回のUAは海洋冒険特集でドラゴンランスの世界、クリンからは海洋民族ミノタウロス、パラディン、ファイター、レンジャー用の戦闘スタイルで不安定な足場で軽快に戦う水兵(Mariner)、ソーサラー用のSorcerous Originとして風や雷を操って飛行能力などを得る嵐(Storm)が紹介されてるですぅ。