ネコぶんこ


2021年06月05日 [長年日記] 編集

§ [DnD][5e] アドベンチャー:モラスクの塔(5レベル)

今月の小冒険はソロ用のやつですぅ。

データ系はOGLを使ってるので、そちらの参考にもどうぞですぅ。

また、現在イエローサブマリンさんに第5版用のアドベンチャー集『駆け出し勇者の小冒険』、そして新作の『冒険者夜話』を1650円(税込)にて依託中ですぅ。さくっと遊べるシナリオをお探しの方は是非ですぅ。

冒険の概要

この冒険は5レベルのキャラクター1人向けの短時間で終わるアドベンチャーである。

君はかつて魔法使いモラスクが住んでいたと伝えられる塔へやってきた。モラクスというのは、この地方でかつて勇名悪名両方で知られた魔法使いで、ある日ふらりといなくなった。死んだとも、別の土地に移住したともいわれる。

この地方にはそんな彼が住んでいたと伝えられる塔がいくつかあり、財宝を求める者たちが挑んでいる。

君が挑むのもそういう言い伝えがある塔の1つだ。うまく財宝を手に入れても、何も見つからなくても、君がモラスクの塔の探検を終わらせれば冒険は終了となる。

冒険への導入

君はかつてこの地方で悪名と勇名の両方を轟かせた魔法使いモラスクが住んでいたとされる塔にやってきた。“される”というのは、この地方には軽く見積もっても10以上のモラスクの塔があるからだ。

もちろん、これらの塔に挑む冒険者たちの狙いはモラスクが置いていった財宝や古の知識だ。君もそうしたものを求める者の1人だ。

なお、君には心強い相棒、地獄の猟犬ヘル・ハウンドのビョルダがついている。ビョルダは君が意志する通りに動いてくれる(戦闘や探索では君がビョルダのアクションも行なってよい)。ビョルダは通常のヘル・ハウンドのステータスに加え、君が30フィート以内にいるならテレパシーで会話ができる。

ヘル・ハウンド

中型・フィーンド、秩序にして悪


AC:15(外皮)

hp:45(7d8+14)

移動速度:50フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
17(+3) 12(+1) 14(+2) 6(-2) 13(+1) 6(-2)

技能:〈知覚〉+5

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉15

言語:地獄語を理解できるが話せない

脅威度:3(700XP)


鋭敏聴覚・嗅覚:ヘル・ハウンドは聴覚と嗅覚による【判断力】〈知覚〉判定に有利を受ける。

群狼戦術:少なくとも1体のヘル・ハウンドの味方がクリーチャーから5フィート以内にいて、その味方が無力状態でない限り、このヘル・ハウンドはそのクリーチャーに対する攻撃ロールに有利を得る。

アクション

噛みつき:近接武器攻撃:攻撃+5、間合い5フィート、目標1体。ヒット:7(1d8+3)[刺突]ダメージに加え7(2d6)[火]ダメージ。

火のブレス(再チャージ5~6):ハウンドは15フィートの円錐状に火を噴射する。この範囲内すべてのクリーチャーは難易度12の【敏捷力】セーヴィング・スローを行ない、失敗したら21 (6d6) [火]ダメージを、成功すれば半減ダメージを受ける。

1.入口

君がやってきたモラスクの塔の扉は既に朽ち、その瓦礫や外からの風に飛ばされてきた砂や泥が床に積もっている。1階はぶち抜きの大部屋で、奥の方にはまだ無事そうな古い樽や木箱がいくつか見える。手前の方には上の階への階段がある。

塔は石造りで天井までの高さは10フィートほどである。

難易度12の【判断力】〈知覚〉判定に成功すれば、樽や木箱の近くにジャイアント・ラットが4体潜んでいるのを発見できる。ここにあるのはかつての住民が貯蔵していた保存食で、それが彼らを丸々と肥らせている。

ラットを倒したり追い払うなどすれば、干しナツメヤシ1樽分がまだ手つかずだとわかる。

ジャイアント・ラット

小型・野獣、無属性


AC:12

hp:7(2d6)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
7(-2) 15(+2) 11(+0) 2(-4) 10(+0) 4(-3)

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉10

言語:-

脅威度:1/8(25XP)


鋭敏嗅覚:ラットは嗅覚による【判断力】〈知覚〉判定に有利を得る。

群狼戦術:少なくとも1体のジャイアント・ラットの味方がクリーチャーから5フィート以内にいて、その味方が無力状態でない限り、このジャイアント・ラットはそのクリーチャーに対する攻撃ロールに有利を得る。

アクション

噛みつき:近接武器攻撃:攻撃+4、間合い5フィート、目標1体。ヒット:4(1d4+2)[刺突]ダメージ。

2.2階通路

2階は廊下が続き、3階への階段がある。廊下の途中には扉が2つある。それぞれ「2.手前の扉」、「3.奥の扉」を参照すること。

3階への階段直前には崩れそうな床板がある。難易度15の【判断力】〈知覚〉判定に成功すれば何かがおかしいと気づけ、迂回して通り抜けることができる。穴に踏み込んだ場合、1階まで落ちて1d6[殴打]ダメージを受け、安らぎを邪魔されたジャイアント・ラットどもと戦うことになる。

3.手前の扉

手前の扉には鍵がかかっている。盗賊道具を使った難易度15の判定で開けることができるほか、難易度20の【筋力】判定で無理矢理ひっぺがすこともできる。

部屋の中は書庫になっており、『ネクロノミコン』の断章や『象牙の書』といった、魔法使いなら高値で買い取る写本を見つけることができる。しかるべき場所へ持って行くなら、『ネクロノミコン』の断章は1000gp、『象牙の書』は500gpで売ることができる。

4.奥の扉

鍵や罠はなく、開けるとそこは質素だが綺麗に片付けられた寝室になっており、簡素な服を着た体のあちこちがつぎはぎになっている娘が控えている。

娘はフレッシュ・ゴーレムで、3ラウンドの間侵入者を観察し、彼らがモラスクであることの印を出すか、あるいは部屋から出ない場合、排除するために襲いかかってくる。

フレッシュ・ゴーレムはこの部屋から外には移動しない。

フレッシュ・ゴーレム

中型・人造、真なる中立


AC:9

hp:93(11d8+44)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
19(+4) 9(-1) 18(+4) 6(-2) 10(+0) 5(-3)

ダメージ完全耐性:[電撃]、[毒];非魔法的でアダマンティンの武器ではない[殴打]、[斬撃]、あるいは[刺突]

状態完全耐性:恐怖状態、消耗状態、石化状態、毒状態、麻痺状態、魅了状態

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉10

言語:制作者の言語を理解できるが話せない

脅威度:5(1800XP)


電撃吸収:ゴーレムが[電撃]ダメージを受けるたび、それはダメージを受けずに与えられた[電撃]ダメージに等しい分のヒット・ポイントを回復する。

火への嫌悪:ゴーレムが[火]ダメージを受けると、それは次のターン終了時まで攻撃ロールと能力値判定に不利を受ける。

不変の体:ゴーレムはその形態を変化させる呪文や効果への完全耐性を持つ。

暴走:ゴーレムが40ヒット・ポイント以下でターンを開始する毎に、1d6をロールする。出目が6なら、ゴーレムは暴走する。暴走しているターン、ゴーレムは視認できるもっとも近いクリーチャーを攻撃する。移動して攻撃できる近さにクリーチャーがいない場合、ゴーレムは自分より小さな物体を優先して物体を攻撃する。ゴーレムは暴走すると、破壊されるかヒット・ポイントを全回復するまで暴走し続ける。

ゴーレムの制作者が暴走したゴーレムから60フィート以内にいるなら、しっかりと説得力のある言葉によってゴーレムを落ち着かせることができる。ゴーレムは制作者の声を聞くことができねばならず、制作者は難易度15の【魅力】〈説得〉判定を行なうためにアクションを使わなければならない。判定に成功すると、ゴーレムは暴走を終了する。ヒット・ポイントが40以下の状態でダメージを受けると、ゴーレムはふたたび暴走する可能性がある。

魔法抵抗:ゴーレムは呪文およびその他の魔法効果へのセーヴィング・スローに有利を得る。

魔法の武器:ゴーレムの武器攻撃は魔法的である。

アクション

複数回攻撃:ゴーレムは2回の叩きつけを行なう。

叩きつけ:近接武器攻撃:攻撃+7、間合い5フィート、目標1体。ヒット:13(2d8+4)[殴打]ダメージ。

5.3階

3階は天体を観測し、その運行を計算するための天測儀が造り付けられているテーブルがある。その傍らでは、それを使って天体観測を続けているバーブド・デヴィルがいる。

彼はこの100年、報われぬ天測を続けてきたと悪態をつきながら、契約を履行するために戦いを挑んでくる。

バーブド・デヴィル

中型・フィーンド (デヴィル)、秩序にして悪


AC:15(外皮)

hp:110(13d8+52)

移動速度:30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
16(+3) 17(+3) 18(+4) 12(+1) 14(+2) 14(+2)

セーヴィング・スロー:【筋】+6、【耐】+7、【判】+5、【魅】+5

技能:〈看破〉+5、〈知覚〉+8、〈ペテン〉+5

ダメージ抵抗:[冷気];非魔法的な銀の武器ではない[殴打]、[斬撃]、および[刺突]

ダメージ完全耐性:[毒]、[火]

状態完全耐性:毒状態

感覚:暗視120フィート、受動〈知覚〉10

言語:地獄語、テレパシー120フィート

脅威度:5(1800XP)


悪魔の瞳:魔法の暗闇はデヴィルの暗視を阻害しない。

棘の皮:バーブド・デヴィルはターン開始時、それがつかんでいるクリーチャーに5 (1d10) [刺突]ダメージを与える。

魔法抵抗:デヴィルは呪文およびその他の魔法的効果へのセーヴィング・スローに有利を得る。

アクション

複数回攻撃:デヴィルは1回の尾および2回の爪で、3回の攻撃を行なう。あるいは、2回の火炎投げを行なう。

爪:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:6(1d6+3)[刺突]ダメージ。

尻尾:近接武器攻撃:攻撃+6、間合い5フィート、目標1体。ヒット:10(2d6+3)[刺突]ダメージ。

叩きつけ:遠隔呪文攻撃:攻撃+5、射程150フィート、目標1体。ヒット:10(3d6)[火]ダメージ。目標が可燃性の物体で身につけたり運搬されていない場合、それには火がつく。

結末

バーブド・デヴィルを倒すと、彼の懐だった場所から1冊の帳面が出てくる。それは100年に渡ってこの地方で観測された客星(ないはずの場所に出現した星)の観測記録である。これは持って行くべき場所に持って行けば、2000gpにはなるだろう。

この記事はOpen Game Licenseに基づいて作成されている。Open Game Licenseに該当するのは、クリーチャーやアイテムの名前やステータスなどである。この記事の他の箇所は個人的な使用を除き、いかなる形式でも許可なく複製することはできない。


2021年05月29日 [長年日記] 編集

§ [DnD][5e] アドベンチャー:星の世界、そしてアーカムへ(2~4レベル)

Cの字混じりの小冒険これで完結、か? ですぅ。

データ系はOGLを使ってるので、そちらの参考にもどうぞですぅ。ただし、一部のデータは私が自作したものなので、そちらの引用はないようにしてもらいたいですぅ。

また、現在イエローサブマリンさんに第5版用のアドベンチャー集『駆け出し勇者の小冒険』、そして新作の『冒険者夜話』を1650円(税込)にて依託中ですぅ。さくっと遊べるシナリオをお探しの方は是非ですぅ。

冒険の概要

この冒険は2~4レベル程度のキャラクター3~5人向けの短時間で終わるアドベンチャーである。

ついにユゴスへのポータルがある部屋を解放したキャラクターたち。ミ=ゴは深く感謝し、ふたたびユゴスへの門を開くためポータルを操作する。しかし、長らく作動していなかったポータルからは時空の隙間に住むハウンド・オヴ・ティンダロスが這い出てくる。

ハウンド・オヴ・ティンダロスを撃退し、ポータルに入ってユゴスに行くか、この世界にとどまるかを決断すれば冒険は終了となる。

冒険への導入

ショゴスの封印に成功すると、後からミ=ゴたちがやってくる。彼らはポータルの環状列石を点検し、再起動に必要な装置を取り付けていく。

1.ポータル作動

ポータルが起動されると、黒い石の間を電撃が走り、独特の臭いが立ちこめる。

少しすると電撃は収まるが、しゅうしゅうと煙が出てくる。ミ=ゴたちは様子がおかしいと慌て、空間が歪んだポータルの中からハウンド・オヴ・ティンダロスが3体現われる。

ユググゴトゥンはこの事態を、長らく閉鎖されていたポータルがハウンド・オヴ・ティンダロスの巣穴になっていたのだろうと分析し、キャラクターたちに対処を頼む。

ハウンド・オヴ・ティンダロス

中型・魔獣、中立にして悪


AC:15(外皮)

hp:38(7d8+7)

移動速度:30フィート、飛行30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
15(+2) 13(+1) 12(+1) 17(+3) 21(+5) 17(-3)

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉15

言語:-

脅威度:1(200XP)


角の移動:ハウンド・オヴ・ティンダロスは120度以下の角度があるところから、同じく120度以下の角度がある場所まで瞬間移動できる。

アクション

複数回攻撃:ハウンド・オヴ・ティンダロスは爪で2回攻撃する。

爪:近接武器攻撃:攻撃+4、間合い5フィート、目標1体。ヒット:6(1d8+2)[斬撃]ダメージ。このターン同じクリーチャーに爪の攻撃がヒットしていたなら、それは2d4[酸]ダメージを受ける。

舌:近接武器攻撃:攻撃+4、間合い5フィート、目標1体。ヒット:目標の【筋力】値は1d4減少する。これによって【筋力】が0になった目標は死亡する。そうでない場合、この減少は目標が小休憩あるいは大休憩を取るまで回復しない。

2.ユゴスへ

ハウンド・オヴ・ティンダロスを倒すと、ポータルは正常に動き始める。歪んだ空間の向こう側には、暗く冷たい空に黒曜石のような石でできた巨大建造物が建ち並ぶユゴスの地が見える。

ハワードやチェーシャが同行しているなら、彼らはここでユゴスへ向かうと言い、ミ=ゴたちとポータルの中に入っていく。キャラクターたちはどうするだろうか。

結末

キャラクターたちがユゴスへ向かうなら、久しぶりに観測地点3487(彼らはヌファーラッツの谷がある世界をこう呼んでいる)からの頼りが来たことを喜ぶミ=ゴたちに歓待を受ける。

ハワードが同行しているなら、彼はここからまた里帰りをすると言い、その護衛をキャラクターたちに依頼する。行く先は、彼の故郷、アーカムの街だ。

この記事はOpen Game Licenseに基づいて作成されている。Open Game Licenseに該当するのは、クリーチャーやアイテムの名前やステータスなどである。この記事の他の箇所は個人的な使用を除き、いかなる形式でも許可なく複製することはできない。


2021年05月22日 [長年日記] 編集

§ [DnD][5e] アドベンチャー:テケリ・リと鳴く声(2~4レベル)

Cの字混じりの小冒険四つ目ですぅ。

データ系はOGLを使ってるので、そちらの参考にもどうぞですぅ。ただし、一部のデータは私が自作したものなので、そちらの引用はないようにしてもらいたいですぅ。

また、現在イエローサブマリンさんに第5版用のアドベンチャー集『駆け出し勇者の小冒険』、そして新作の『冒険者夜話』を1650円(税込)にて依託中ですぅ。さくっと遊べるシナリオをお探しの方は是非ですぅ。

冒険の概要

この冒険は2~4レベル程度のキャラクター3~5人向けの短時間で終わるアドベンチャーである。

ヌファーラッツの谷に住むミ=ゴたちは故郷ユゴスへと通じるポータルへの道を異界のモンスター、ショゴスに封鎖され、困り果てている。

キャラクターたちがショゴスの封印を手伝うなら、ミ=ゴたちはふたたびユゴスからの物資でこの地に隠棲できるようになって外界への干渉は少なくなり、冒険は成功となる。

冒険への導入

クトゥグァの司祭を倒したキャラクターたちは、ミ=ゴの長と会見することになる。

長の家は谷の奥にある崖に作られた金属扉の先にあり、扉の前に立つとそれは自動的に開く。これはミ=ゴの技術によって作られた自動扉である。

1.長の家

自動扉の先は床から壁、天井まで金属で造られた空間である。ここにはミ=ゴの文化特有の金属製の家具や機器が他の家より多く揃っている。

ミ=ゴの長はユググゴトゥン(ミ=ゴのデータを使用)という名で、彼らの同胞が外界で他の種族に騒乱を起こしたことについて、数年前から彼らの故郷へ通じるポータルがショゴスというモンスターの襲来で使えなくなり、この地で自給自足する必要がでたからだと説明する。

ユググゴトゥンはキャラクターたちに、ポータルの再建を手伝ってほしいと言ってくる。報酬は1000gpである。さらに、ポータルを再建すればキャラクターたちもユゴスやさらに遠くまで旅をすることも可能になるとも言う。

ハワードやチェーシャが同行している場合、彼らはポータルの再建を手伝い、ユゴスへ行きたいと言う。

ミ=ゴ

中型・植物、中立にして悪


AC:16(外皮)

hp:27(5d8+5)

移動速度:15フィート、飛行30フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
10(+0) 15(+2) 12(+1) 17(+3) 15(+2) 8(-1)

技能:〈医術〉+5、〈ペテン〉+2

ダメージ完全耐性:[冷気]

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉12

言語:共通語、ミ=ゴ語

脅威度:2(450XP)


アクション

複数回攻撃:ミ=ゴは爪で2回攻撃する。

爪:近接武器攻撃:攻撃+5、間合い5フィート、目標1体。ヒット:5(1d6+2)[斬撃]ダメージ、および目標はつかまれた状態(脱出難易度10)になる。ミ=ゴは2つの爪を持ち、それぞれが1体の目標のみをつかむことができる。

電気銃:遠隔武器攻撃:攻撃+5、間合い20フィート、目標1体。ヒット:7(1d10+2)[電撃]ダメージ、および目標は難易度15の【耐久力】セーヴィング・スローを行ない、失敗したら麻痺状態になる。目標は自分のターンの終了時にふたたびセーヴィング・スローを行ない、成功すれば麻痺状態は終了する。

2.作戦会議

ユググゴトゥンはショゴスがある世界では生命誕生の神話に出てくる生命の泉や生命の樹と記録されるほどに強大なモンスターであることをキャラクターたちに説明する。そして、この地に出現したそれはポータルで作業をしていたミ=ゴを吸収したため、彼らを食べ物と学習し、ミ=ゴを見つけ次第食べるようになってしまったとも。

しかし、幸いキャラクターたちこの世界に現住の種族は食料だと学習されていない。この隙を利用し、ショゴスが弱点としている封印の印形をねぐらに刻みつけ、そこから出られないようにしてしまおうというのが、ユググゴトゥンの作戦である。

ユググゴトゥンは2挺までのエレクトリック・ガンをキャラクターたちに託す。この銃による電撃で印形を彫り込むのだ。

1ラウンドで素早く印形を彫り込むためには難易度15の【敏捷力】に成功する必要がある。これには、エレクトリック・ガンへの習熟ボーナスを足すことができる。

エレクトリック・ガン

Electric Gun/電気銃

武器(ハンド・クロスボウ)、レア

この奇妙なハンド・クロスボウ大の卵形をした金属の道具は、1ポンドの重さで、電撃を発射して敵を撃ち、けいれんさせて動きを封じる。

エレクトリック・ガンは6チャージを持ち、夜明け毎に消費済みのチャージを1d6チャージを回復する。

エレクトリック・ガンに必要な習熟はハンド・クロスボウで、チャージ分発射できる。射程は20フィートで、命中した目標に1d10[電撃]ダメージを与え、目標は難易度15の【耐久力】セーヴィング・スローを行ない、失敗したら麻痺状態になる。目標は自分のターンの終了時にふたたびセーヴィング・スローを行ない、成功すれば麻痺状態は終了する。

3.ポータルへの岩洞窟

ポータルへ向かう洞窟はやはり周囲の岩山に似た黒い岩でできている。途中、油でてかったような通路があるが、そこはショゴスから分離して誕生したグレイ・ウーズ3体が獲物を待ち構えている。

グレイ・ウーズ

中型・粘体、無属性


AC:8

hp:22(3d8+9)

移動速度:10フィート、登攀10フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
12(+1) 6(-2) 16(+3) 1(-5) 6(-2) 2(-4)

技能:〈隠密〉+2

ダメージ耐性:[酸]、[火]、[冷気]

状態完全耐性:恐怖状態、消耗状態、聴覚喪失状態、伏せ状態、魅了状態、盲目状態

感覚:暗視60フィート(この半径外は見えない)、受動〈知覚〉8

言語:-

脅威度:1/2(100XP)


外見偽装:ウーズは動かないでいる間、油ぎった水たまりや濡れた岩と見分けがつかない。

金属腐食:非魔法的な金属製の武器がウーズにヒットすると腐食する。ダメージを与えた後、武器はダメージ・ロールに永続かつ累積する-1ペナルティを受ける。ペナルティが-5になると、武器は破壊される。ウーズにヒットした非魔法的な矢弾はウーズにダメージを与えた後に破壊される。

不定形:ウーズは無理矢理入る必要なく、幅1インチ以上の狭い場所を通過できる。

アクション

足のようなもの:近接武器攻撃:攻撃+3、間合い5フィート、目標1体。ヒット:4(1d6+1)[殴打]および7(2d6)[酸]ダメージ、および目標が非魔法的な金属製の鎧を着ている場合、その鎧はACに永続かつ累積する-1ペナルティを受ける。ペナルティでACが10まで落ちた鎧は破壊される。

4.ショゴスの巣穴

ショゴスはポータルの近くにある小さな横穴をねぐらに定めている。近くを通る者がいれば体を揺らしてそちらへ向かう。キャラクターたちが通った場合、ショゴスは彼らを食べ物か否か嗅ぎ分けるため、1ラウンド様子を静観する。

エレクトリック・ガンを使って1ラウンドで素早く封印の印形を彫り込むためには難易度15の【敏捷力】に成功する必要がある。これには、エレクトリック・ガンへの習熟ボーナスを足すことができる。

ショゴス

超大型・粘体、混沌にして悪


AC:19(外皮)

hp:330(20d12+200)

移動速度:10フィート、水泳10フィート


【筋】 【敏】 【耐】 【知】 【判】 【魅】
25(+7) 3(-5) 30(+10) 7(-3) 8(-2) 10(+0)

状態完全耐性:消耗状態、伏せ状態、麻痺状態、魅了状態

感覚:暗視60フィート、受動〈知覚〉8

言語:-

脅威度:15(13000XP)


蜘蛛歩き:ショゴスは能力値判定の必要なく、天井での逆さ歩きを含む登攀が困難な表面を登攀することができる。

アクション

複数回攻撃:ショゴスは足のようなもので2回攻撃する。

足のようなもの:近接武器攻撃:攻撃+13、間合い10フィート、目標1体。ヒット:17(3d6+7)[殴打]ダメージ、および目標はつかまれた状態(脱出難易度17)になる。ショゴスは1体の超大型クリーチャー、あるいは4体までの大型以下のクリーチャーを1度につかまれた状態にできる。

結末

印形を彫り込むと、ショゴスはそこから弾かれたように押し込まれ、横穴の中で長い時を過ごすことになる。

ショゴスの巣穴からさらに奥へと進むと、黒曜石のように黒光りする円柱が8本、円を描くように建っている。これがユゴスへのポータルだ。

この記事はOpen Game Licenseに基づいて作成されている。Open Game Licenseに該当するのは、クリーチャーやアイテムの名前やステータスなどである。この記事の他の箇所は個人的な使用を除き、いかなる形式でも許可なく複製することはできない。