ネコぶんこ


2012年03月21日 神経が高ぶったままボックス席に座り込んでコーヒーをがぶ飲みし、カフェインでふたたび闘志を盛り上げるのだ。 編集

§ [DnD][4e] 2010年12月19、23日『レンド暁に死す!?』

エスペランザ(エラドリンのメイジ3):力術をよくする秘術使いのエラドリン。蝕の日に生まれた忌み仔らしいが、かような考えは迷妄であると一蹴する青年。

グスタフ・トラップ(ヒューマンのシーフ3):幼いころから黒竜から盗賊としての訓練を受け、そろそろ独り立ちするように言いつけられて旅立った青年。

セヴン(ドワーフのウォーロード3):斧を愛するドワーフ。この頃はまだまともだった。

レンド(ドワーフのウォーデン3):街道警備隊で働いているドワーフの戦士。戦力が足りない三人に同行するcompanion。

旗揚げしてしばらく経ったパーティに、いくつかの組織が後援者として契約を持ちかけてきた。彼らは受ける仕事に縛りのある騎士団や秘術教会の誘いを断り、カーレリア滞在中に食と住のみ提供する宿、獅子亭と契約した。

そして前回の冒険から十六日後。三人はドワーフのルコス爺さんから、最近カーレリアの近くでコボルドたちから崇拝されていたアダマンティン・ドラゴンが何者かに殺されたので、遺骸を回収して魔法の武具に鍛えなおさないかという提案を受ける。

自分たちの装備がよくなるのはいいことだとグスタフが街の噂を調べると、ドラゴンが死んでからしばらく経った現在、彼女を崇めていたコボルドたちは武装して周辺を通行する商人や旅人を襲うようになっているという話を聞きつけた。しかも、これが街からほんの一日ほどの距離だから質が悪い。面倒なことだとレンドを誘い、竜の塒だった洞窟へ向かった。

四人が洞窟の近くの街道までやって来ると、冒険者たちを旅人と思ったのかコボルドたちが槍を投げてきた。相手は十名近い数だったが、仕掛けられていた落とし穴を見抜いていたため、それを迂回して難なく制圧し、パーティは洞窟へ踏み込む。

洞窟の中でもかなりの数のコボルドが湧水で分断された地形を利用して攻撃してきたが、これも撃破して奥へ進む。そしてたどり着いた最深部には、コボルドたちに侵入者を迎撃するよう指示を飛ばすまじない師と、祭壇の上で彼らにかしずかれているアダマンティン・ドラゴンの雛がいた。

パーティが襲い来る敵と戦いながら雛の様子を探ると、まじない師におだてられて攻撃に参加しているようなので、説得の目はありそうだった。しかし、敵の攻撃が激しかったため、彼らは倒れた仲間を引きずりながら一時撤退する。

大休憩を挟んで作戦会議を行ない、竜を唆しているまじない師の首を取ることを第一目標にとしてパーティは再び戦闘を開始した。レンドが雛を引きつけている間にグスタフとセヴンが突出し、まじない師を黙らせてから竜を説得した。

タロクラクスと名乗ったアダマンティン・ドラゴンのワームリングは、母竜を人型種族の冒険者に殺されて途方に暮れていた時にまじない師のヴァルザに保護され、彼の仲間たちをこの洞窟に住まわせて護衛にしていたと四人に話した。

パーティは能動的に悪の行為を行なう気は無いように見えるので、因果を含めて雛竜はそのままにして、母竜の死骸を検死しに行く。すると、竜の牙や骨の一部が遺骸から抜き取られていることや、この地では“風の王”という名で信仰されているパズズの印形が現場に残されていることがわかった。

せっかくだから竜の遺骸も街に持ち帰ってルコス爺さんに預けた後、三人は酒場などで聞き込みを行なった。すると、タロクラクスの母を殺した冒険者たちは財宝の換金などもそこそこに、そそくさと街を去ったのだという。

同じ頃、風が吹き荒ぶ山中の洞窟では、くだんの冒険者たちが豪奢な長衣を纏った大柄な男と会見していた。彼らは無言で男に握りこぶしほどの大きさをした石を差し出す。
「ほほう」

渡された物をためつすがめつ眺め、それが求めていたものだと確認すると、男は懐から箱を取り出すと、それに恭しく納める。
「素晴らしい、実に素晴らしい。おまけに竜の遺骸も持ってきていただけるとは」

箱を懐にしまうと、換わって男は袖からずっしりとした重さの小袋を取り出し、冒険者たちに渡す。
「来るべき時の助けとなるでしょう。これはささやかなお礼です」

受け取った者がそれをそっと開くと、そこからは黄金の輝きが溢れんばかりに漏れ出していた。

この回は、ドラゴンとの第一回遭遇で会場時間切れになり、後日続きをプレイしたですぅ。

この頃から舞台裏で何者かが暗躍しだしたりしているですぅ。

あいかわらず表題はエスペランザの手記からの引用(一部)ですぅ。


2013年03月21日 どういった種族をえらぼうとも、それには固有の利点と弱点がある。 編集

§ [Ludus] フランス革命パンクを考える

ここ数年折に触れてはテルミドールの反動が起こらずにロベスピエールたち山岳派が政権を維持し、史実以上に理性主義の強い共和国が成立した架空歴史を考えるのが暇つぶしのひとつになっているですぅ。

このなかでまずひとつのルートは山岳派がカルノーなどの浮動層を取り込み国民公会で多数派を形成することで公安委員会の恐怖政治を極力短期間で終結させ、共和暦1年憲法を施行して安定した体制作りへと移行するものですぅ。そして体制を整えてから救貧策などと並行して史実より緩い形で風月法などを施行していくプランですぅ。

そして数十年が経って共和国も安定すると、ロベスピエールは彼の死後も清廉な革命家として偶像化が進められるような感じですぅ。

ただこれだとあまりに革命が軟着陸しすぎている感もあるので、もうひとつフランス革命戦争が泥沼化してなし崩し的に公安委員会体制が継続しつつも共和国の勢力圏はイル=ド=フランス周辺部まで押し込まれ、その周辺では対仏大同盟の諸国が推す半ば軍閥化した“フランス王”がお互いを牽制している状況も考えましたぁ。

共和国側はこの劣勢に対抗して諜報員を各国の共和主義者に接触させて革命の輸出を行ない、欧州全体を巻き込んだ大革命の時代へと流れ込んでいくという、共和国側のリソースをあまり考えていないけど泥沼っぽさが強いものですぅ。

こっちのほうが外圧の強さを理由に恐怖政治みたいな要素は際立たせやすそうだけど、乱世ものになるから反体制という意味のパンクでは対象があまりはっきりしなさそうなのが瑕ですぅ。

そしてこれらとはまったく別に非-理性的なアンシャン・レジーム(敵組織名)の怪人と遭遇したら
「わたしが働く行為は確かに非-理性的だ。だが人間社会を理性的に前進させるため必須である非-理性の排除には、理性のみでは追いつかないこともある。これは理性によって到達できる結論だ。ゆえにわたしはこう名乗ろう。理性に寄り添う者、“理性の味方”と」
の決め台詞で変身して敵を必殺のギロチンで処刑したら見送る子どもたちに
「非-理性的行為を行なうのはわたしだけでたくさんだ。君たちは理性的に生きなさい」
と言ってまた旅に出る理性の味方ロベスピエールなども以前考えたですぅ。

本日のツッコミ(全42件) [ツッコミを入れる]

Before...

§ Oakley Sunglasses [To book, call 020 7613 7498. Oakley Sunglasses http://www...]

§ penis extender [penis traction, penis traction devices, penis traction dev..]

§ acheter new balance [On the other hand, The shoes are feather weight and very c..]

§ where can i find nike free run 2 [With Nokia Adaptable Search bounded services, restaurants,..]

§ Oakley Outlet [Because here is a prize-winning example of a Hollywood her..]


2014年03月21日 編集

§ [Liber] 『虐殺器官』、『ハーモニー』映像化の報を受け

虐殺器官』と『ハーモニー』がアニメ化されるというニュースであらためて思考にのぼった結果、これらの作品に通じる硬質なこわれものといった風情は私の中で『1999年の夏休み』、もっといえば『トーマの心臓』あたりから続く系譜に分類されているのだと再認識したですぅ。

どうでもいいけど『虐殺器官』の挿入歌に『二人の時』が流れたら一部は狂喜しそうですぅ。


2015年03月21日 編集

§ [Promiscuus] おつかい×2

今日はお彼岸ということで菩提寺へおつかいへ行ったら法要が開かれていて、真っ青なシャツワンピで酷く浮いていた気がするですぅ。

そしてその後は友人に頼まれた『劇場版プリパラ』を観て特典プリチケをもらうミッションを博多駅で達成しようとしたら既に完売で涙を呑み、きーとなったのでパンケーキ食べたけど、店員さんが訓練されていてその流れるような動きと連携に脳内シャアが解説するくらいにプレッシャーを感じてしまったですぅ。

そして本屋さんうろついてたら、ハンナ・アーレントと芥川龍之介が酷似してることに気づいたですぅ。


2017年03月21日 編集

§ [DnD][5e] 『ウィザード再訪(WIZARD REVISITED)』

Unearthed Arcana

マイク・ミアルスとジェレミー・クロフォード――2017年03月20日

先週28ページのミスティックを公開し、今週のUnearthed Arcanaでは短い、ウィザード用に秘術の学派を2つ公開する。The Theurgyの学派は以前のUnearthed Arcanaでも姿を見せたが、今度はプレイテストのフィードバックを集めたい。War Magicは君たちがLore Masteryに寄せてくれたフィードバックを読み、ウォー・メイジのオプションに関する関心を見た上で、私たちが模索するオプションだ。

この内容は、プレイテストと君の想像力をひらめかせるために発表される。これらのゲーム・メカニクスは草案の形式で、君のキャンペーンで使えはするが、洗練されたデザインではないし、すべてのゲーム開発過程を通ったものではない。これらはゲームの公式な一部ではない。これらの理由から、このコラムの内容はD&Dアドヴェンチャラーズ・リーグのイベントでは非合法となる。

ミスティックの調査

君が先週のミスティックを読んで考える時間を与えられている現在、私たちは以下の調査でそれらに対する君の反響を得る準備ができている。

現在のUAシリーズについて

君にプレイテスト、議論、そして考えてもらうためのD&Dコンテンツを私たちはたくさん準備した。事実、私たちは何ヶ月かにわたって月に何度もUnearthed Arcanaを発表するための充分な原稿を持っている。月曜日に原稿を読もう。私たちは君が愛しているものを取り上げては純化し、私たちは君が好きではなかったものを取り上げ、それらを捨てるか再設計する。どちらの方法にしても、君からの反響は重要だ。

私たちの双方――マイク・ミアルスとジェレミー・クロフォード――は近い未来のためのUnearthed Arcanaに取り組み、Sage Adviceのコラムはしばらく休ませてもらう。一方、ジェレミーは公式なルールへの回答をツイッター(@JeremyECrawford)のほか、Dragon Talkポッドキャストの時間を使って新たなSage Adviceを提供し続ける

今週のUAはウィザードの学派ふたつですぅ。